みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

      2015/07/26

1ままとも
子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方。子育てについての考え方や、価値観が違う他人同士が子供を介して友達になるのですから、疲れてしまう・・・と感じるママもいるのは事実です。

気を使い合ってまで付き合う必要はあるのだろうか、そう考えるママたちも少なくはありません。今回は、ママ友と付き合うことのメリットについて考えてみます。

メリットその1 子育てにおける悩みの相談相手

家の近所の公園に行って自然と会話をするようになることがママ友作りのキッカケとなるママが多いようです。子供がまだ小さいうちは、様々なトラブルに遭遇して悩むことも多い子育て。いつ、どうやって卒乳したの?子供が昼寝をしたがらなくて・・・など、日常的な悩みを相談して子育てに役立てることができるというのが最大のメリットです。
近所の公園で知り合うママ友とは必然的に家が近いことが多くなります。親しい間柄にまで発展すると、緊急時に子供を預かってもらったり、宅配便を受け取ってもらったり、お互いに手助けしあえるのも良い点です。

メリットその2 情報交換が出来る

初産の場合、知らないことばかりでたくさんの情報を得たい!と日々願うママは多いですよね。そんな時に、いろいろな情報を交換できるのがママ友です。どこの幼稚園が良いだろう?こんな遊びのイベントがあるよ!ここの公園もいいよ~など、自分1人で調べるより、考え方幅が広がることはとても大きなメリットです。

また、私がとても良かったと感じている事は、「オムツ」についての情報。どのメーカーが良いんだろう・・・と悩んでいるときに、数人のママ友同士で数種類のオムツを購入し、分け合って使ってみました。1人だと無駄に買ってしまい経済的にも負担になるのですが、それぞれが好むオムツを見つけることができたのはママ友付き合いのおかげだったと思います。

メリットその3 ママたちの息抜きの場所

気の合うママ友が出来たら、お互いの家を行き来してお茶をしたり、子供が幼稚園に行っている時間にランチやカフェに行って楽しむことが出来るのも嬉しい点です。ママにとって日頃の子供や夫に対する愚痴を言える場は、なかなかありません。幼稚園でも家庭でも、実家でも、愚痴を言えば反論される事が多いもの。その点、ママ友同士だと共感し合えるので、おしゃべりはママにとって息抜きとなるでしょう。美味しいランチを食べに行くなど、たまには贅沢をしてストレス発散をするのも良い事です!

ママ友との付き合いが必要ない!と考えるのは決して間違いではありません。それは個人的主観であり、必要ないと思えば断固たる意志で付き合わなくても問題はないでしょう。しかし、子育ては1人で出来る事ではありません。周囲の協力を必要とする事は多く、色々な人たちから情報を得て、協力を得て、成り立つ物だと言うことを忘れてはいけません。

ママ友との付き合いにも、きちんとした礼儀は必要ですし、お互いに干渉しすぎない事も大切。それを弁えて上手に付き合うことで、お互いにメリットとなる事も多いのです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

インフルエンザも流行し始めている!子供の平熱、ちゃんと分かっていますか?

毎年冬が近づいてくるとインフルエンザの流行がニュースで取りざたされ、小さなお子さ …

子供が朝起きない
子供が朝起きない時の対処法。毎日起こすのが大変だと嘆く前に原因を探ってみましょう

朝、学校に行く時間が迫っているのに、起こしても起こしても子供が起きない!とお悩み …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …