みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

      2015/07/26

1ままとも
子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方。子育てについての考え方や、価値観が違う他人同士が子供を介して友達になるのですから、疲れてしまう・・・と感じるママもいるのは事実です。

気を使い合ってまで付き合う必要はあるのだろうか、そう考えるママたちも少なくはありません。今回は、ママ友と付き合うことのメリットについて考えてみます。

メリットその1 子育てにおける悩みの相談相手

家の近所の公園に行って自然と会話をするようになることがママ友作りのキッカケとなるママが多いようです。子供がまだ小さいうちは、様々なトラブルに遭遇して悩むことも多い子育て。いつ、どうやって卒乳したの?子供が昼寝をしたがらなくて・・・など、日常的な悩みを相談して子育てに役立てることができるというのが最大のメリットです。
近所の公園で知り合うママ友とは必然的に家が近いことが多くなります。親しい間柄にまで発展すると、緊急時に子供を預かってもらったり、宅配便を受け取ってもらったり、お互いに手助けしあえるのも良い点です。

メリットその2 情報交換が出来る

初産の場合、知らないことばかりでたくさんの情報を得たい!と日々願うママは多いですよね。そんな時に、いろいろな情報を交換できるのがママ友です。どこの幼稚園が良いだろう?こんな遊びのイベントがあるよ!ここの公園もいいよ~など、自分1人で調べるより、考え方幅が広がることはとても大きなメリットです。

また、私がとても良かったと感じている事は、「オムツ」についての情報。どのメーカーが良いんだろう・・・と悩んでいるときに、数人のママ友同士で数種類のオムツを購入し、分け合って使ってみました。1人だと無駄に買ってしまい経済的にも負担になるのですが、それぞれが好むオムツを見つけることができたのはママ友付き合いのおかげだったと思います。

メリットその3 ママたちの息抜きの場所

気の合うママ友が出来たら、お互いの家を行き来してお茶をしたり、子供が幼稚園に行っている時間にランチやカフェに行って楽しむことが出来るのも嬉しい点です。ママにとって日頃の子供や夫に対する愚痴を言える場は、なかなかありません。幼稚園でも家庭でも、実家でも、愚痴を言えば反論される事が多いもの。その点、ママ友同士だと共感し合えるので、おしゃべりはママにとって息抜きとなるでしょう。美味しいランチを食べに行くなど、たまには贅沢をしてストレス発散をするのも良い事です!

ママ友との付き合いが必要ない!と考えるのは決して間違いではありません。それは個人的主観であり、必要ないと思えば断固たる意志で付き合わなくても問題はないでしょう。しかし、子育ては1人で出来る事ではありません。周囲の協力を必要とする事は多く、色々な人たちから情報を得て、協力を得て、成り立つ物だと言うことを忘れてはいけません。

ママ友との付き合いにも、きちんとした礼儀は必要ですし、お互いに干渉しすぎない事も大切。それを弁えて上手に付き合うことで、お互いにメリットとなる事も多いのです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …