みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

      2015/07/27

子供のお小遣い
だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。
いくらあげればいいんだろう…ほとんどどのご家庭でも話題になったことがあるはずです。最近では、「報酬制」で子供にお小遣いをあげる家庭も増えているんだとか。
あなたは子供のお小遣い、どう思いますか?
今回はお小遣いについて役立つ知識を紹介します。

やっぱり子供のお小遣いといえば「固定制」が主流

私の小さい頃でもそうでしたが、今現在でもほとんどのご家庭では毎週だったり毎月ごとの「固定制」が主流のようです。もちろん金額はそのご家庭によってさまざまですが、年齢に応じた金額を与えているようですね。

ある調べの結果では小学校一年生でひと月300円〜500円というのが一番多いようです。必ず貰える「固定制」ですが、これでは金銭感覚があまり身に付かないのでは?という意見も最近あるようで、お手伝いを積極的にさせて、その頑張りに応じてもらう事ができる「報酬制」が増えているんだとか。

特に欧米などでは、この「報酬制」が最近の主流なんだそうです。

欧米では主流の「報酬制」のお小遣い。メリットは?

日本ではやっぱり、「お手伝いをするのは当たり前!それでお金が貰えるなんてとんでもない!」という昔からの考えが根強いため「固定制」が多いと思うのですが、欧米では「働くことは報酬と結びつく。これは社会で生活を営む上で欠かせないルール」という概念から、子供へのお小遣いは「報酬制」にしているそうなのです。

確かに、この方法では、子供はお家の仕事をしないとお小遣いが貰えませんから、一生懸命お手伝いをしますよね。働いて頑張った分だけお金として報酬が貰えることで、仕事をする喜びやお金の大切さが、そこで身に付くというのです。なるほど…それも一理ありますよね。何もしないで必ず貰えるお小遣いでは、確かにお金への関心は薄いでしょう。
「報酬制」なら、「働く=お金」の概念は体で覚えることができます。

「お金儲け主義」の子供になるのでは?という意見も

今まで書いたように、働くことの意義、社会性を育てて覚えさせるという意味においては、「報酬制」はとてもいいことだと思います。ただ、ひとつ心配なのは、それが習慣化してしまうと「お金儲けをするために手伝う」という気持ちばかりが育ってしまって、何をお願いするにも「はい、お金!」という子供になってしまいかねないということです。

お金儲けをすることは生きていく上でとても大切ですし、必要不可欠なことではありますが、まだ子供の頃からこうした考えばかりが育ってしまうというのも、少し考えものですよね。

「お小遣い」について親子で決めたり、話してみよう

「固定制」も「報酬制」も、それぞれに良い部分と悪い部分はあるように思うのが正直なところです。
全てのご家庭にはルールがあって、その全てが違うルールで生活しているのと同じように、「お小遣い」についても、親が一方的に決めるのではなくて、子供からも意見を聞いて話し合って決めることが大切なのではないでしょうか?

子供への「お小遣い」。考えてみるきっかけになればと思います。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

子供のおやつオススメ
子供にオススメのおやつ会社は?森永製菓、明治製菓、江崎グリコ三社を比較してみた

 『おやつ』と聞くと思わず、にっこり。大人も大好き、子供はもっと好きですよね。 …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …