みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に時間の大切さを教える方法。少しずつタイムマネジメントを教えましょう!

      2015/08/02

時計
遊びに夢中になっている子供は、何時間でも遊び続けていたりしませんか?
「ご飯の時間よ〜!」と声をかけても、まだ遊んでいて片付けようともしない…。子供の「時間感覚」って一体どうなっているのでしょうか?「タイムマネジメント」が出来る子供にするための方法も、見ていきましょう。

「言葉」を覚えるスピードは早いのに「時間」はゆっくり覚えていきます

2歳くらいになると言葉を少しずつ覚えることが喜びになり、パパママと会話をするのを楽しんだり、自分の気持ちを言葉で表現できるようになってきます。語彙がどんどん増えていくスピードには目を見張るものがありますが、「時間」は、子供にとっては難しい事のようです。

「先のこと」を考える力が不十分な幼児期では、「今」目の前にあるものが全てなのです

そもそも「時間って何?」という次元にいる幼児期の子供にとっては、昨日も先週も先月も、過去の事は全てまとめて「昨日」、明日も来週も来月も、未来のことは全てまとめて「明日」という大まかな感覚しか持ち合わせていません。

ですから、「昨日動物園行ったね!」と数週間前のことを「昨日」と言ってしまったりすることは、この時期の子供にとっては良くあることです。

「そろそろお風呂に入る時間だよ」と言われても、「そろそろ」の時間感覚がないので、結局目の前の「遊び」に集中してしまい、いつまでも遊び続けてしまうのでしょう。

「3から6の間にお片づけしようね!」具体的な数字を示して行動できるようにしましょう

まず、アナログの時計を用意しましょう。そろそろ片付けの時間だなと思ったときは、「時計の針が3から6の間にお片づけしようね!」と子供に伝えておきます。

すると、時計を見て「あ!3になった!」と急いで片付けを始めます。「終わった〜!」その時も「6」を過ぎていないかどうか、子供は時計を見るでしょう。

「5」で片付けが終わったとすると「早く片付けられた!」となりますし、「7」になってしまったら「たくさん時間がかかちゃった」と、子供は時計の針の動きを見て感じ取ります。こうして「時間感覚」が少しずつ養われて、「タイムマネジメント」が出来るようになっていくのです。

「お風呂の時間」をタイムマネジメントしてみましょう

いつもお風呂で遊んでしまってなかなか出て来ない…これも困ったものですよね。これも、先ほどの「3から6の間」をうまく利用してみましょう。お風呂ですから「3から7」くらいがいいでしょうか。入る前に子供と約束を交わします。

「ほら!『7』で出て来たから、寝るまで少し遊べるね!」など、時間通りに行動出来たら「利点」があることも伝えてあげましょう。「時間」と「行動」には密接な関係があって、「時間って有効に使えるんだ」という意識付けをすることも大切なのです。

幼児期から「時間感覚」を身につけて、時間を上手にコントロールできるような子供に育てていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

携帯ゲームに夢中になる子供に対して親はどんなしつけをするべき?ゲームと子育てと親の関係

小学生のみならず、幼稚園児やそれ以下の子供達が、外でゲームをする姿が日常的に見ら …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …