みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ペットを飼うことは子供の教育に効果的な理由。情操教育で子供に道徳心を教えよう

      2015/08/02

猫
最近は「ペット」を飼っているご家庭も随分増えましたね。
特に小さい子供は生き物が大好きですから、家でワンちゃんを飼うことになったら、きっと大喜びすることでしょう。さまざまな分野で「アニマルセラピー」も注目されていますが、動物と触れ合うことによって、癒される効果だけでなく子供の「生きる力」を強くしてくれるのです。

「情操教育」ってどういうこと?

まず、「情操教育とは何か?」を考えてみたいと思います。

感情や情緒など、「豊かな心を育む」ことや、人としての「道徳心を養う」ために行なわれる教育を「情操教育」と呼びます。つまり、「心を健やかに育てる教育」ということでしょうか。

子供自身が豊かな人生を送るためにも、育ててあげたいことのひとつですよね。

ペットを飼うことで、子供に「いたわりの心」が芽生えていきます

犬や猫、ハムスターなど、ペットの種類は多種多様ですが、どの生き物を飼うことになってもペットを愛おしいと思い、大切に育ててあげようという「いたわりの心」が子供に芽生えるでしょう。

この動物は自分よりも小さくて、弱くて、守ってあげなくてはいけないという気持ちになるのは、「ペット」がまぎれもなく「家族の一員」である、という認識が子供にもあるからです。

身の回りの世話をすることでペットに対して「責任感」を持つようになります

どんな生き物でも、食べ物を与えたり、排泄物を処理したり、身の回りの「お世話」をしてあげないと共に生活をすることが出来ませんよね。ペットの世話は毎日の事なので、子供にも何か役割を持たせてあげましょう。すると一生懸命、ペットが快適になるように頑張りますよね。「僕が散歩に連れていってあげなくちゃ!」と思うその気持ちが、「責任感」に他ならないのです。

避けて通れないのがペットとの「死別」。ここで「命」とは何かを学ぶのです

私たち人間にも動物にも、限りがあるのが「命」です。産まれてきた時から飼っていたペットが死んでしまった時の悲しみは、計り知れないものがあるでしょう。そして、ペットとの「死別」は、私たちに「命の尊さ」を教えてくれているのです。

生きていることの素晴らしさ、生きている意味、生きているから出来ること…最愛のペットの「死」を目の当たりにした子供は、「命」について深く考え、より一層「大切なもの」として、心に刻まれていくことでしょう。

こうした経験をペットを通じてしていくことで、「生きる力」になっていきます

「生き物を飼うということは、その『命』を預かったということ」ですよね。その中で生まれるいたわりの心、責任感、命の尊さ、これらを言葉で説明して子供に教えようとしても、なかなか理解してもらえないかもしれません。けれど、身近なペットの存在がそこにあるだけで、「生きる力」を学ぶことが出来るのです。

子供の「生命力」が強くなり、「豊かな心」を育ててくれる「ペット」。より長い時間一緒にいられるように、願いたいものですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …