みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

      2015/08/02

嘘
「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲しい気持ちになると同時に、情けない気持ちにもなってしまいます。
正直で素直な子供に育って欲しい!親ならきっとそう思うはずです。しかし「嘘」をつく子供の原因、実は「ママの心の問題」が関係している可能性があるのです。

子供のつく「嘘」、「自己防衛反応」からくるのだとしたら心配です

幼稚園で友達とケンカをして相手を叩いてしまった時、子供は「悪い事をしたな」と思えば「ごめんね」の言葉も自分から言えますし、仲直りも出来るでしょう。しかし、もし叩いてしまったことを反省していなかった場合、ママにも黙ったままでしょうし、「嘘」でごまかそうとするかもしれません。

これは子供の「自己防衛反応」が働いてしまっている可能性があります。

日頃から、ママはイライラすることが多くありませんか?感情的になってしまって、些細な事でも子供を怒ったりしてしまう…そんなママの姿を子供に見せてはいないでしょうか?

もしも心当たりがあるのなら、子供はきっと気持ちが常に不安定なはずです。イライラの矛先が自分に向けられてしまわないようにと、いつもビクビクしているのです。そんな環境の中では、幼稚園で友達を叩いてしまったことをママに言えば、どんな勢いで怒られるのか、考えただけでも恐怖に感じてしまうに違いありません。だから「嘘」をついてでも、自分を守ろうという「自己防衛反応」が起こってしまうのです。

もしも「ストレス」や「悩み」があるのなら、抱え込まないで誰かに話してみましょう

子供のこと、夫婦のこと、近所のこと…ママを取り巻く環境は、とても複雑ですから、さまざまな悩みが、知らないうちに「ストレス」になってしまっていることは意外に多いのです。

特に子育てでは、「一生懸命頑張ろう!」と真面目なママほどストレスを抱え込む傾向があることも分かっています。頑張ろうとするあまりに心が不安定になり、知らないうちに子供の心を傷つけていたのでは、本末転倒だとは思いませんか?

話をする相手は誰でもいいのです。友人でも自分の母親でも、子育て相談に電話をするのだってかまいません。とにかく「ひとりで抱え込む」ことだけは避けましょう。

「さっきはごめんね…」子供にイライラをぶつけてしまったときは、素直に謝ることが大切です

ママだって人間ですから、時には感情のコントロールが出来ずに、子供に辛く当たってしまうことは、誰しも起こりうることです。その時はカッとしていても、後で冷静になって考えてみたとき、子供に「悪い事をしちゃったな…」と反省しているのではないでしょうか。

その素直な気持ちを「イライラして怒鳴っちゃってごめんね、びっくりしたよね」と子供にきちんと伝えましょう。

ママの心が落ち着き笑顔が増えてくると、子供も「自己防衛」する必要がなくなりますから、自然と「嘘」もなくなるでしょう。ゆったりした気持ちで過ごせるように、心掛けていきたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

スイミングの習い事
子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うち …

「あの子と違ってうちの子は…」比べてガッカリは止めましょう!実はスゴい才能かも!?

子育てをしていく中で、我が子の発達や勉強の出来具合といったこと、どうしても気にな …

小1プロブレム
小学校に行きたくない!「小1プロブレム」を家庭で解決する方法

幼稚園や保育園の卒園を迎えると、いよいよ小学校へ入学です。ワクワクどきどきしてい …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …