みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

      2015/08/02

読書
「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べると学力が高いのをご存知ですか?
これは「言語理解力」が備わっているためだと考えられています。「うちの子、絵本は大好きだけど…」しかし、文字だけの「児童書」になると読まなくなってしまう子も多いようです。

では、「読書好きな子」にするためにはどうしたらいいのでしょうか?

小さな子供が大好きな「絵本」は、「視覚」の刺激があるから楽しく読めるのです

「絵本」って、カラフルで斬新なものや、時にはおどろおどろしいものなど、多彩な「絵」が描かれています。ですから、子供も夢中になって読んでいますよね。大人が見ても素敵だなと思える絵本もたくさんあり、どれも楽しいものばかりです。

「絵本を読む」ことは、情報を得るのにもっとも大切な「視覚」が刺激されていることになります。子供の五感の中でも「視覚」はたくさんの情報量を脳へ伝達していますから、「これは何だ?」「うわ〜綺麗な色」など、刺激を受けて多くの新鮮な気持ちを生み出しています。だから子供にとって「絵本」は、とても楽しく感じるのでしょうね。

「絵」がほとんどなくなってしまう「児童書」になると、急に「本への関心」が薄れてしまうことも…

あんなに好きだった「絵本」も、小学校へ行くようになると文字がたくさん書かれた「児童書」と出会い、「読書」へと変わっていきます。こうなると、文字を読む事に慣れていない子供は「読む」事を面倒に感じてしまい、次第に本を読むことから遠ざかってしまう子もたくさんいるのではないでしょうか。

ひとりで絵本を読んでいる半分以上の子供は、ストーリーよりも「絵」を見る事で満足してしまうことが多いようです。

耳から聞くお話「素話(すばなし)」を、親から子供へしてあげましょう

あまり聞き慣れない言葉かも知れませんが「素話」というのをご存知ですか?本も何も使わずに、子供に話を読み聞かせすることです。「絵本も何もないと話なんて出来ない…」そんな事はありません。パパママ自身が今まで聞いた物語の中で覚えているものでもいいですし、お子さんが好きな短い内容の絵本でもいいのです。一字一句間違えないで言おうなどと考える必要はなくて、物語を子供に直接語りかけてあげればいいのです。

素話で読み聞かせしてもらったお話は「生きた言葉」として認識できるようになるのです

この場合「絵」がない分、「耳」しか情報源がありません。そうすると、子供は話の内容をじっくり聞こうとするために「集中力」を使います。今まで聞いたことがある言葉も、さらに頭の中でイメージを膨らますことになるのです。

すると「言語理解力」が自然と高まり、物語に出てくる人物の気持ちなども想像したりするので、「コミュ二ケーション力」も、同時に養われることになるのですね。

もちろん絵本の楽しさも十分に味わいながら、ときどきは「素話」をしてあげて、「生きた言葉」を感じさせてあげましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …