みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

   

meng01
女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。
親に向かって暴言を吐く、妹に苛立ちをぶつける、何事にも反抗心を剥き出しにする・・・こんな時、思春期だからと放っておいて良いのか、踏み込んで注意すべきか、親として迷うことも多いでしょう。

私の経験から、思春期特有の子供の苛立ちに対処する方法をお話ししたいと思います。

思春期の反抗は正常な成長の証である

女の子は体の成長が男の子に比べて少し早く、子供自身が戸惑いを感じているはずです。
体は成長しているのに親にはまだまだ子供扱いされるし、大人のように何でも自分でできるわけではない。そういった体と心の成長のギャップに、気持ちが追い付いていかずイライラするのは誰にでも起こり得ることなのです。躾け方が悪い、育て方を間違えた、親の責任・・・そう考えてしまう方もいるかもしれませんが、決してそうではないことを知ってください。

イライラを家族にぶつける子供、愛情に包まれています

イライラした気持ちを素直に家族にぶつける子供は、とても愛されて育っているのだと自信を持ってください。親を信頼していない子供は、親に素直な自分を見せません。イライラとした感情でも、親にぶつければ受け止めてもらえると信頼しているからこそできる行動なのです。

放置して良いの?

子供のイライラを受け止めることは大切です。しかし、それは放置することとは違います。イライラした感情、気持ち、その時々で考えている不満を聞いてあげてください。
子供は聞いてもらうことで納得できることもあります。それが誤った考えである時も、避難する前にまず聞いてあげましょう。高学年ですから、何が正しく何が間違っているか、そして自分自信が苛立って家族に“八つ当たり”をしていることをわかっているはずです。

ですから、無理に正論を並べて片付けようとしなくて良いのです。どうしても子供が間違えていると感じた時には、苛立っていないタイミングを見て落ち着いて話をしましょう。

子供と2人になる時間を作ろう

兄弟姉妹がいると、どうしても両方の話を聞いてあげなければなりません。でも、子供たちはそれぞれ「自分だけを見ていて欲しい」と願っています。我慢をすることもあるでしょうし、イライラすることもあるでしょう。
無理に仲良くしなさいと諭しても、お互いに不満を飲み込むと喧嘩を大きくすることになりかねません。高学年になっても一緒にお風呂に入ったり、一緒の布団で寝るのも良い方法です。

たまには学校をずる休みしてママと2人でどこかに出かけるのも良いと思います。思春期には、そのように意図的に子供と向き合う時間を作るのは貴重なことなのです。

絶対に、落ち着く時が来ます

不満を心に閉じ込めて思春期を過ごした子供は、いつどこで爆発させるかわかりません。
大人になってから自分の子供に八つ当たりするようになるかもしれません。大きな傷害事件や残酷な事件を起こした少年・少女たちの親や担任は、揃って「真面目で大人しくて良い子でした」と言います。子供が苛立った時にその感情を吐き出すことは、成長する過程で必要なことなのです。そして、吐き出して受け止めてもらった子供は、すっきりとした気持ちで大人への階段を上ります。その道のりは、親にとっては長く感じるかもしれませんが、絶対に落ち着く時が来ると信じて子供としっかり向き合ってください。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …