みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

   

vva
子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはとても大切です。
病歴や投与歴のみならず、治療には子供の性格を知ってもらうことも必要不可欠だからです。ママにとっては産院に小児科が併設されている病院が便利で良いのですが、産まれた子供が病気になった時、治療を受けるのは子供自身です。

成長してからのことも考え、子供が安心して通うことができる病院・先生を選ぶことが大切です。

常に決まった先生が常勤している病院である

大きな病院であればある程、先生が変わる可能性は高くなります。また、個人病院であってもいくつかの病院を経営されている先生であれば、ほとんどの曜日・時間を“出張医”に任せている病院もあります。行く時々で違う先生なのは、子供にとって不安を与える原因となります。子供が安心して、心を開いて治療を受けるためには、いつ行っても同じ先生がいる病院であることが望ましいと思います。

病院の雰囲気が子供向けである

多くの小児科は子供向けのポップや小物が飾られているなど、子供が安心して入れるように工夫がされています。建物自体はどうでしょうか。“病院”と言うだけで「怖い」「痛い」というイメージを持つ子供は多くいます。外観も中も、明るく開放感があり、子供が委縮しない雰囲気のある病院であることは大切です。また、医師だけでなく、看護師や受付事務員の対応も子供に優しく表情が明るいかという点もよく考慮した方が良いでしょう。

待ち時間が少ない

病気の子供にとって待ち時間が長いのは辛いことです。大きな病気ではないのに、ちょっとした鼻水や咳で行ってみたら1時間も2時間も待たされた・・・これでは逆に病気が悪くなってしまいそうです。待ち時間は、患者の数が多い・少ない、病院の大きさには関係ありません。診察が要領良く回っているかという点で決まります。

かかりつけ医は大きな病院でなくても良い!

大きな総合病院や大学病院の方が、処置が早く総合的な診察を受けることができるという点では安心できるでしょう。しかし、近くにそれらの病院がない場合は、わざわざ時間をかけて行かなくてはなりません。
病気の子供はできるだけすぐに診察を受け、早く終わらせて安静にしてあげたいものです。すぐに行ける身近にある病院を選ぶことは大切です。そこをかかりつけ医とし、何かあった時には大きな病院に搬送や紹介してもらうという方法もあります。

周囲の情報を参考にしよう

実際にかかったことのあるママ友の話はとても参考になります。また、保育園や幼稚園の先生も、実際に子育てをされていたり、園児の急な対応にも病院については把握しているはずですから、そこから多くの情報を得ましょう。
そのうえで候補を絞り、実際に行ってみて選ぶことをおすすめします。小さな子供は怪我や急な体調の変化が命取りになる可能性も否めません。そのような時に即座に対処できるよう、できるだけ早いうちに信頼できるかかりつけの小児科を探しておきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

猫
ペットを飼うことは子供の教育に効果的な理由。情操教育で子供に道徳心を教えよう

最近は「ペット」を飼っているご家庭も随分増えましたね。 特に小さい子供は生き物が …

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

栄養たっぷりで子供が美味しく食べれる朝ごはんレシピ!忙しいママでも作れる朝食メニュー

子育て中の朝はとにかく忙しい! 子供が小学生になると家を出発する時間は幼稚園時代 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …