みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

   

vva
子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはとても大切です。
病歴や投与歴のみならず、治療には子供の性格を知ってもらうことも必要不可欠だからです。ママにとっては産院に小児科が併設されている病院が便利で良いのですが、産まれた子供が病気になった時、治療を受けるのは子供自身です。

成長してからのことも考え、子供が安心して通うことができる病院・先生を選ぶことが大切です。

常に決まった先生が常勤している病院である

大きな病院であればある程、先生が変わる可能性は高くなります。また、個人病院であってもいくつかの病院を経営されている先生であれば、ほとんどの曜日・時間を“出張医”に任せている病院もあります。行く時々で違う先生なのは、子供にとって不安を与える原因となります。子供が安心して、心を開いて治療を受けるためには、いつ行っても同じ先生がいる病院であることが望ましいと思います。

病院の雰囲気が子供向けである

多くの小児科は子供向けのポップや小物が飾られているなど、子供が安心して入れるように工夫がされています。建物自体はどうでしょうか。“病院”と言うだけで「怖い」「痛い」というイメージを持つ子供は多くいます。外観も中も、明るく開放感があり、子供が委縮しない雰囲気のある病院であることは大切です。また、医師だけでなく、看護師や受付事務員の対応も子供に優しく表情が明るいかという点もよく考慮した方が良いでしょう。

待ち時間が少ない

病気の子供にとって待ち時間が長いのは辛いことです。大きな病気ではないのに、ちょっとした鼻水や咳で行ってみたら1時間も2時間も待たされた・・・これでは逆に病気が悪くなってしまいそうです。待ち時間は、患者の数が多い・少ない、病院の大きさには関係ありません。診察が要領良く回っているかという点で決まります。

かかりつけ医は大きな病院でなくても良い!

大きな総合病院や大学病院の方が、処置が早く総合的な診察を受けることができるという点では安心できるでしょう。しかし、近くにそれらの病院がない場合は、わざわざ時間をかけて行かなくてはなりません。
病気の子供はできるだけすぐに診察を受け、早く終わらせて安静にしてあげたいものです。すぐに行ける身近にある病院を選ぶことは大切です。そこをかかりつけ医とし、何かあった時には大きな病院に搬送や紹介してもらうという方法もあります。

周囲の情報を参考にしよう

実際にかかったことのあるママ友の話はとても参考になります。また、保育園や幼稚園の先生も、実際に子育てをされていたり、園児の急な対応にも病院については把握しているはずですから、そこから多くの情報を得ましょう。
そのうえで候補を絞り、実際に行ってみて選ぶことをおすすめします。小さな子供は怪我や急な体調の変化が命取りになる可能性も否めません。そのような時に即座に対処できるよう、できるだけ早いうちに信頼できるかかりつけの小児科を探しておきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …

雨で外遊びが出来ない…!家で子どもに満足してもらえる遊び方3つを大公開!

雨の日だと、公園で思いっきり外遊びが出来ないので、パワーを持て余している子どもは …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子供を寝かしつける
子供を寝かしつける方法。眠るのを嫌がる子供には入眠儀式でスムーズな睡眠を促そう!

赤ちゃんでも幼児でも、「寝る時間」のリズムを作っていくことは、これからの生活を過 …

これって突発性発疹?!3歳までの子どもの急な発熱には注意!

その名前の通り、突発的に症状がでることで知られる突発性発疹。 特に赤ちゃんが産ま …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …