みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

   

vva
子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはとても大切です。
病歴や投与歴のみならず、治療には子供の性格を知ってもらうことも必要不可欠だからです。ママにとっては産院に小児科が併設されている病院が便利で良いのですが、産まれた子供が病気になった時、治療を受けるのは子供自身です。

成長してからのことも考え、子供が安心して通うことができる病院・先生を選ぶことが大切です。

常に決まった先生が常勤している病院である

大きな病院であればある程、先生が変わる可能性は高くなります。また、個人病院であってもいくつかの病院を経営されている先生であれば、ほとんどの曜日・時間を“出張医”に任せている病院もあります。行く時々で違う先生なのは、子供にとって不安を与える原因となります。子供が安心して、心を開いて治療を受けるためには、いつ行っても同じ先生がいる病院であることが望ましいと思います。

病院の雰囲気が子供向けである

多くの小児科は子供向けのポップや小物が飾られているなど、子供が安心して入れるように工夫がされています。建物自体はどうでしょうか。“病院”と言うだけで「怖い」「痛い」というイメージを持つ子供は多くいます。外観も中も、明るく開放感があり、子供が委縮しない雰囲気のある病院であることは大切です。また、医師だけでなく、看護師や受付事務員の対応も子供に優しく表情が明るいかという点もよく考慮した方が良いでしょう。

待ち時間が少ない

病気の子供にとって待ち時間が長いのは辛いことです。大きな病気ではないのに、ちょっとした鼻水や咳で行ってみたら1時間も2時間も待たされた・・・これでは逆に病気が悪くなってしまいそうです。待ち時間は、患者の数が多い・少ない、病院の大きさには関係ありません。診察が要領良く回っているかという点で決まります。

かかりつけ医は大きな病院でなくても良い!

大きな総合病院や大学病院の方が、処置が早く総合的な診察を受けることができるという点では安心できるでしょう。しかし、近くにそれらの病院がない場合は、わざわざ時間をかけて行かなくてはなりません。
病気の子供はできるだけすぐに診察を受け、早く終わらせて安静にしてあげたいものです。すぐに行ける身近にある病院を選ぶことは大切です。そこをかかりつけ医とし、何かあった時には大きな病院に搬送や紹介してもらうという方法もあります。

周囲の情報を参考にしよう

実際にかかったことのあるママ友の話はとても参考になります。また、保育園や幼稚園の先生も、実際に子育てをされていたり、園児の急な対応にも病院については把握しているはずですから、そこから多くの情報を得ましょう。
そのうえで候補を絞り、実際に行ってみて選ぶことをおすすめします。小さな子供は怪我や急な体調の変化が命取りになる可能性も否めません。そのような時に即座に対処できるよう、できるだけ早いうちに信頼できるかかりつけの小児科を探しておきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという …

子供のマナー
挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ち …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …