みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

      2015/08/02

male
社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけです。
親は子供を犯罪者になるように育てていないのにも関わらず、どうして悪いことをする人が減らないのでしょうか?もしかすると、親の「小さなルール無視」が、子供に悪い影響を与えているかもしれないのです。

学校の帰りに道に見つけた綺麗な花。大好きなママにプレゼントしよう!

子供はママのことが大好きです。いつでも笑顔でいて欲しいと思うし、「何か自分の出来る事で喜んでくれたらいいな」と、いつも思っているのです。

ある日の学校の帰り道で、綺麗な花を見つけた子供は「ママにプレゼントしよう!」と思い立ちます。何本か摘んで花束にし「これあげる!」と差し出しました。「まあ!すてき!ありがとう!」ママも意外なプレゼントに大喜びです。ママが喜ぶ姿を見て子供も大満足!

でも、もしもこの花が「よその家」のものだとしたらどうでしょうか?

ママが「この花どうしたの?」と聞いてくれれば分かりますが、もし聞かないでそのままだとしたら…子供はまたママを喜ばせようと「泥棒」をしてしまうかもしれません。

道ばたに落ちていた100円を拾った子供に「ラッキーだね!」と言っていませんか?

お散歩中に「あ!ママ100円だよ!」と子供がお金を見つけました。子供は悪気もなにもないので嬉しくって拾い上げます。そんなときママは「ほんと!?やったね!ラッキーじゃん!」などと口走ってはいませんか?「お金を拾った」ことに対して「ラッキー」と言ったママの言葉は、子供にもストレートに伝わります。

「お金を拾ったら自分のものにしていいんだ!ラッキー!」と、子供は思うでしょう。ママがいない所でお金を拾ったときにも、きっと何の迷いもなく、自分の物にしてしまうでしょう。

「小さなルール無視」を続けていると、いずれは法律も「無視」していいものだと思ってしまう!?

「100円なら貰っちゃっても良い?」これは金額が多い少ないに関係することではもちろんありませんよね。拾ったお金は誰かのもので、きちんと届けなくてはいけない「ルール」があるのです。

こうした「小さなルール無視」って、意外に気づかないうちにしていることが多いものです。買い物のレジに並ぶとき、子供に割り込みをさせる親や、電車の席を取る為に順番を守らず子供に先に行かせる親…どちらも子供が「親の命令」で動いていることに他なりません。もっと言えば親が「ルールは無視していいんだよ」と教えてしまっている状態だと思いませんか?

こうしたことが積み重なって「ルールは守らない」大人へと成長してしまうと、社会に出てもルールを大切だとは思わないで犯罪に手を染めてしまったり、法律違反も何とも思わないような人間に育ってしまうのではないでしょうか?

子供を「犯罪者」に育てないためにも、幼い頃から「ルールを守る事の大切さ」を、親が態度で示してあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …