みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

      2015/08/02

jiji
日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。
これらを大切に思う反面、これからの国際社会では、こうした「控えめな」人材では正直生き残っていくことは難しいでしょう。現代の子供たちには、「自分の意見をハッキリ主張できる子」になって欲しいと願いますが、幼児期から親が出来る事や気をつけることはあるのでしょうか?

「今日何が食べたい?」ではなく「魚とお肉、どっちがいい?」と具体的に子供に選ばせてみましょう

ママの毎日のご飯の献立、何にしようか頭を悩ませますよね。お子さんに「今日、何食べたい?」と聞く事もあるかと思いますが、この時子供は「う〜ん、どうしようかな〜?」とさらに悩んでしまってなかなか決められない…よくありますよね。

何で決められないのかというと、「漠然すぎる質問」だからなのです。

ここで「ハッキリ意見を言える子供」に育てようと思うなら「魚とお肉、どっちがいい?」などと「選択問題」にしてみましょう。これなら子供も考える時間も少なくて済みますから「今日はお魚が食べたい!」と、即答で答えられるでしょう。

「自分で決めた!」この体験が多ければ多いほど「決断力」を養うことにつながります

こうした「選択問題」は、ご飯だけに限ったことではありませんよね。お洋服のお買い物の時にも「赤のスカートと青のスカート、どっちが好き?」と聞いたり、「ねんどと折り紙、どっちをやろうか?」など、子供に質問できることは、たくさんあります。

「じゃあ、赤いスカートがいい!」「折り紙でコップ作る!」きっと元気に答えてくれるはずです。なぜなら子供は「どっちがいい?」という質問が大好きなのです。

しかも「自分で決めた」という体験も伴うので、物事を瞬時に決める「決断力」を養うことにもなります。と同時に、その質問に対して自分の意見も「発言」していますよね?
ですから、こうした「選択問題」を多く投げかけて答えを導き出すことは、「自分の意見を相手に伝える」訓練をしていることになるのです。

質問に対して答えが出すのが遅くても「早く決めて!」と急かすような事は止めましょう

「今日はハンバーグと焼き肉、どっちが食べたい?」「え〜〜どうしよう、迷うなあ…」子供だって、時にはじっくり考えたい質問もあるかもしれません。そんなとき「早く決めてよね!」と、一生懸命考えている子供を急かしてしまわないように注意しましょう。もし、そんなふうにママに言われてしまうと、「どうしよう、早く決めなきゃ…」と気持ちが萎縮してしまって、自分の意見を伝えることが嫌なことになってしまうからです。

なかなか決められないような時は、ママも気持ちをゆったり持って「どう?決められたかな?」と優しくもう一度問いかけてあげて下さいね。

いかがでしたか?「選択問題」を問いかけてあげるだけなんて、簡単だと思いませんか?さまざまな国の人たちと対等に意見交換できる子供になるように、今から「決断力」を養っていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を寝かしつける
子供を寝かしつける方法。眠るのを嫌がる子供には入眠儀式でスムーズな睡眠を促そう!

赤ちゃんでも幼児でも、「寝る時間」のリズムを作っていくことは、これからの生活を過 …

マイナンバー制度がいよいよ開始!実は子育て世代にとっても便利なマイナンバー制度、その理由とは?

最近、マイナンバー制度の通知が送られ始めているという話題がテレビなどでもニュース …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

PTAに参加しなくてもいい方法は?フルタイム勤務の保護者が学校で村八分にあわない方法

PTA活動は専業主婦の方を中心に動いている場合が多く、フルタイム勤務の保護者にと …

イライラ解消
子供の成長を「実況中継する」とイライラを減らすことができる!親の怒り癖をおさえる方法

幼稚園や小学校へ通うようになると、朝の身支度や持ち物確認、さっさとやって欲しいの …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …