みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

      2015/08/02

jiji
日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。
これらを大切に思う反面、これからの国際社会では、こうした「控えめな」人材では正直生き残っていくことは難しいでしょう。現代の子供たちには、「自分の意見をハッキリ主張できる子」になって欲しいと願いますが、幼児期から親が出来る事や気をつけることはあるのでしょうか?

「今日何が食べたい?」ではなく「魚とお肉、どっちがいい?」と具体的に子供に選ばせてみましょう

ママの毎日のご飯の献立、何にしようか頭を悩ませますよね。お子さんに「今日、何食べたい?」と聞く事もあるかと思いますが、この時子供は「う〜ん、どうしようかな〜?」とさらに悩んでしまってなかなか決められない…よくありますよね。

何で決められないのかというと、「漠然すぎる質問」だからなのです。

ここで「ハッキリ意見を言える子供」に育てようと思うなら「魚とお肉、どっちがいい?」などと「選択問題」にしてみましょう。これなら子供も考える時間も少なくて済みますから「今日はお魚が食べたい!」と、即答で答えられるでしょう。

「自分で決めた!」この体験が多ければ多いほど「決断力」を養うことにつながります

こうした「選択問題」は、ご飯だけに限ったことではありませんよね。お洋服のお買い物の時にも「赤のスカートと青のスカート、どっちが好き?」と聞いたり、「ねんどと折り紙、どっちをやろうか?」など、子供に質問できることは、たくさんあります。

「じゃあ、赤いスカートがいい!」「折り紙でコップ作る!」きっと元気に答えてくれるはずです。なぜなら子供は「どっちがいい?」という質問が大好きなのです。

しかも「自分で決めた」という体験も伴うので、物事を瞬時に決める「決断力」を養うことにもなります。と同時に、その質問に対して自分の意見も「発言」していますよね?
ですから、こうした「選択問題」を多く投げかけて答えを導き出すことは、「自分の意見を相手に伝える」訓練をしていることになるのです。

質問に対して答えが出すのが遅くても「早く決めて!」と急かすような事は止めましょう

「今日はハンバーグと焼き肉、どっちが食べたい?」「え〜〜どうしよう、迷うなあ…」子供だって、時にはじっくり考えたい質問もあるかもしれません。そんなとき「早く決めてよね!」と、一生懸命考えている子供を急かしてしまわないように注意しましょう。もし、そんなふうにママに言われてしまうと、「どうしよう、早く決めなきゃ…」と気持ちが萎縮してしまって、自分の意見を伝えることが嫌なことになってしまうからです。

なかなか決められないような時は、ママも気持ちをゆったり持って「どう?決められたかな?」と優しくもう一度問いかけてあげて下さいね。

いかがでしたか?「選択問題」を問いかけてあげるだけなんて、簡単だと思いませんか?さまざまな国の人たちと対等に意見交換できる子供になるように、今から「決断力」を養っていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …