みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

      2015/08/02

jiji
日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。
これらを大切に思う反面、これからの国際社会では、こうした「控えめな」人材では正直生き残っていくことは難しいでしょう。現代の子供たちには、「自分の意見をハッキリ主張できる子」になって欲しいと願いますが、幼児期から親が出来る事や気をつけることはあるのでしょうか?

「今日何が食べたい?」ではなく「魚とお肉、どっちがいい?」と具体的に子供に選ばせてみましょう

ママの毎日のご飯の献立、何にしようか頭を悩ませますよね。お子さんに「今日、何食べたい?」と聞く事もあるかと思いますが、この時子供は「う〜ん、どうしようかな〜?」とさらに悩んでしまってなかなか決められない…よくありますよね。

何で決められないのかというと、「漠然すぎる質問」だからなのです。

ここで「ハッキリ意見を言える子供」に育てようと思うなら「魚とお肉、どっちがいい?」などと「選択問題」にしてみましょう。これなら子供も考える時間も少なくて済みますから「今日はお魚が食べたい!」と、即答で答えられるでしょう。

「自分で決めた!」この体験が多ければ多いほど「決断力」を養うことにつながります

こうした「選択問題」は、ご飯だけに限ったことではありませんよね。お洋服のお買い物の時にも「赤のスカートと青のスカート、どっちが好き?」と聞いたり、「ねんどと折り紙、どっちをやろうか?」など、子供に質問できることは、たくさんあります。

「じゃあ、赤いスカートがいい!」「折り紙でコップ作る!」きっと元気に答えてくれるはずです。なぜなら子供は「どっちがいい?」という質問が大好きなのです。

しかも「自分で決めた」という体験も伴うので、物事を瞬時に決める「決断力」を養うことにもなります。と同時に、その質問に対して自分の意見も「発言」していますよね?
ですから、こうした「選択問題」を多く投げかけて答えを導き出すことは、「自分の意見を相手に伝える」訓練をしていることになるのです。

質問に対して答えが出すのが遅くても「早く決めて!」と急かすような事は止めましょう

「今日はハンバーグと焼き肉、どっちが食べたい?」「え〜〜どうしよう、迷うなあ…」子供だって、時にはじっくり考えたい質問もあるかもしれません。そんなとき「早く決めてよね!」と、一生懸命考えている子供を急かしてしまわないように注意しましょう。もし、そんなふうにママに言われてしまうと、「どうしよう、早く決めなきゃ…」と気持ちが萎縮してしまって、自分の意見を伝えることが嫌なことになってしまうからです。

なかなか決められないような時は、ママも気持ちをゆったり持って「どう?決められたかな?」と優しくもう一度問いかけてあげて下さいね。

いかがでしたか?「選択問題」を問いかけてあげるだけなんて、簡単だと思いませんか?さまざまな国の人たちと対等に意見交換できる子供になるように、今から「決断力」を養っていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

子どもの散髪
小さな子供の髪を自宅でカットする時に心得たいポイント4つ

子供が小さいうちは、子供自身が美容院に行きたがらない、費用を節約したい等の理由か …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …