みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

      2015/08/02

jiji
日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。
これらを大切に思う反面、これからの国際社会では、こうした「控えめな」人材では正直生き残っていくことは難しいでしょう。現代の子供たちには、「自分の意見をハッキリ主張できる子」になって欲しいと願いますが、幼児期から親が出来る事や気をつけることはあるのでしょうか?

「今日何が食べたい?」ではなく「魚とお肉、どっちがいい?」と具体的に子供に選ばせてみましょう

ママの毎日のご飯の献立、何にしようか頭を悩ませますよね。お子さんに「今日、何食べたい?」と聞く事もあるかと思いますが、この時子供は「う〜ん、どうしようかな〜?」とさらに悩んでしまってなかなか決められない…よくありますよね。

何で決められないのかというと、「漠然すぎる質問」だからなのです。

ここで「ハッキリ意見を言える子供」に育てようと思うなら「魚とお肉、どっちがいい?」などと「選択問題」にしてみましょう。これなら子供も考える時間も少なくて済みますから「今日はお魚が食べたい!」と、即答で答えられるでしょう。

「自分で決めた!」この体験が多ければ多いほど「決断力」を養うことにつながります

こうした「選択問題」は、ご飯だけに限ったことではありませんよね。お洋服のお買い物の時にも「赤のスカートと青のスカート、どっちが好き?」と聞いたり、「ねんどと折り紙、どっちをやろうか?」など、子供に質問できることは、たくさんあります。

「じゃあ、赤いスカートがいい!」「折り紙でコップ作る!」きっと元気に答えてくれるはずです。なぜなら子供は「どっちがいい?」という質問が大好きなのです。

しかも「自分で決めた」という体験も伴うので、物事を瞬時に決める「決断力」を養うことにもなります。と同時に、その質問に対して自分の意見も「発言」していますよね?
ですから、こうした「選択問題」を多く投げかけて答えを導き出すことは、「自分の意見を相手に伝える」訓練をしていることになるのです。

質問に対して答えが出すのが遅くても「早く決めて!」と急かすような事は止めましょう

「今日はハンバーグと焼き肉、どっちが食べたい?」「え〜〜どうしよう、迷うなあ…」子供だって、時にはじっくり考えたい質問もあるかもしれません。そんなとき「早く決めてよね!」と、一生懸命考えている子供を急かしてしまわないように注意しましょう。もし、そんなふうにママに言われてしまうと、「どうしよう、早く決めなきゃ…」と気持ちが萎縮してしまって、自分の意見を伝えることが嫌なことになってしまうからです。

なかなか決められないような時は、ママも気持ちをゆったり持って「どう?決められたかな?」と優しくもう一度問いかけてあげて下さいね。

いかがでしたか?「選択問題」を問いかけてあげるだけなんて、簡単だと思いませんか?さまざまな国の人たちと対等に意見交換できる子供になるように、今から「決断力」を養っていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の爪噛み
子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいもの …

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

子供の隠し事
「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。 園へ行ってい …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …