みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

      2016/10/23

chc16pp
子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、遅ければ小学校2年生くらいという子もいます。
補助輪を外して練習をしよう!と親が意気込むのは、だいたい小学校入学に向けて・・・と考える方が多いのではないでしょうか。

しかし、タイミングを間違えると子供は転んで転んで・・・の繰り返しで、自転車に乗ること自体を嫌になってしまうことがあります。では、そのタイミングはどのように見極めれば良いのでしょうか。

補助輪付き自転車の乗り方で見極める

多くの子供は3歳くらいで三輪車を卒業し、補助輪付き自転車に乗るでしょう。最初はゆっくりと、傾くままに身を任せて乗っているはずです。補助輪付きですからもちろん転びません。

そのうちに自信がついて上達してくると、補助輪付きでもかなりのスピードを出して乗るようになります。そうなった時に、子供が乗っている時のバランスを見てください。左右の両方に上手にバランスをかけて、どちらか一方だけに傾き続けるという乗り方をしなくなります。そうなれば、補助輪の高さを少し上げてみましょう。地面に付くか付かないかという状態にして上手に乗ることができれば、外してもバランスが取れる可能性が高いのです。

子供のやる気で見極める

親が一生懸命やる気を出して頑張っても、実際に乗るのは子供であり、転ぶのも子供です。後ろで支えながら練習を重ねても、やる気のない時はできません。「頑張れ!頑張れ!」と強く応援しても、自信とやる気がなければ上達しないどころか弱気になってしまいます。補助輪を外す前に、子供に「外してみる?」と必ず確認しましょう。

子供が「外したい!」と言えば、その時はチャンスです。一度外したら、もう付けないよ!と約束してから外すのもやる気に繋げる方法です。自信がある状態で二輪自転車に乗せると、意外とすんなり乗れる場合が多いものです。そして、一度乗れた子供は、もうスイスイ乗ることができるようになります。

長い目を見て練習させる

外してしまったけれど上手に乗れない子供もいます。また、最初は乗れたのに一度失敗して転んでしまうと、怖がって乗れなくなる子供もいます。「大丈夫!絶対に乗れる!」と、親の根拠のない自信を子供に押し付けず、少しずつ乗れるようになると長い目で見てあげてください。跨ったままこがずに両足で進める日が続いても良いのです。ある時、ふと漕いだ時に少しでも進むことができたら、子供はあっという間に上達します。

乗れるようになったら気を付けたいこと

二輪自転車に乗れるようになったからと言って安心はできません。補助輪付きに比べると、スピードが付いて危険が多くなります。

道路の中央を走らない、車が来たらストップ!交差点では必ず停まる、下り坂は降りて押すか、ブレーキをかけ続けるなど、危険を回避する乗り方をしっかり教えてあげましょう。
乗れることを自慢したり、自信過剰になることは大変危険です。自転車に乗ることは、常に危険と隣り合わせだということは必ず教えてください。

また、自転車を一番安く買う方法について下記の記事で特集されているので、参考にして下さい。

関連記事:1万円の自転車(チャリ)を送料無料のネット通販で買うのがコスパ最強すぎる!話題の格安自転車通販とは?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

子供の防犯
子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識 …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

朝の忙しさで子供にイライラしないコツ。子供と過ごす有意義な朝時間の作り方

子供が朝、なかなか起きてこない!起きても不機嫌・・・せっかく作った朝ごはんもきち …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。 文字 …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …