みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

      2015/07/30

v9
今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。
30年ほど前にはお母さんたちは当たり前のように赤ちゃんをおんぶして育ててきました。「抱っこしてあげてるんだから、変わらないんじゃないの?」そう思う方もいるかもしれませんが、実はこの「おんぶ」には、子供に良い刺激的な要素がたくさん詰まっていたのです!

畑仕事をするお母さんは常に赤ちゃんをおんぶ!だって両手が使えますものね

なんと言っても「抱っこ」と「おんぶ」の違いは、「お母さんが両手を自由に使える」ということです。
これなら、畑仕事はもちろん、洗濯、掃除に至るまで、子供と一緒にいながら全てをすることが出来ます。そして何より、赤ちゃんにとっては、お母さんの温もりを常に感じていられるのです。たとえ近くで見守っていたとしても、ベッドで寝かされていたのとは全然違うと思いませんか?

スキンシップをしながらお仕事が出来てしまうのは、「おんぶの最高の利点」と言えるかもしれません。

おんぶされている子供の視線って、お母さんの視線と同じ高さ。とっても眺めがいいのです!

これも抱っことは大きく違うことのひとつですよね。抱っこだと、赤ちゃんの視線はママの体でほとんど遮られてしまいますが、おんぶだと視界が開けている上に、お母さんと同じ高さから見ることが出来るのです。

お母さんが誰かと話をしている時は、その人の顔をよくみることが出来ますし、お母さんがしゃがんで花を摘めば、後ろの赤ちゃんも自然と下を向いて花を見る事になります。

おんぶをしていると、お母さんと赤ちゃんが「同じ景色を見ている」ことになるのです。とっても素敵だとは思いませんか?

お母さんの「疑似体験」をしていることになり、脳の発達をさらに促しています

おんぶされている赤ちゃんは、お母さんの行動を一番身近で見ています。お買い物でお金を払っているとき、近所の人と挨拶をしているとき、畑仕事をしているとき…どれも同じ動きをしながら見ていますから、「疑似体験」をしているのと一緒ですよね。

そこで見た事は脳へ伝達されますから、巡り会った人たちの表情や、かけてもらう言葉や、お店に並んでいる品物…たくさんのことを見ればみるほど赤ちゃんの脳は活性化していくので、脳の発達をアップさせていくことにつながっていくのです。

今こそ「おんぶ」を見直して、お洒落な「おんぶライフ」してみませんか!

こうして見てだけでも「おんぶ」には秘められた力があったことに驚きますよね。昔のお母さんたちは、忙しいながらも子供を背中に背負うことで、子育てと仕事を両立させてきました。身なりなど構わずに、ただがむしゃらに子供を必死で育ててきてくれた形が「おんぶ」だったのです。

「昔ながらのおんぶ紐って抵抗あるから嫌」そういうママさんも多いと思いますが、最近では「ベビーキャリア」と呼ばれるお洒落なアイテムもたくさん!今だからこそのかっこ可愛い「おんぶライフ」、おすすめします!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

子供が喜ぶ昼食に冷たい麺類のレシピご紹介!トマトパスタなど美味しい麺類メニュー

夏休みが近付くと、ママの頭を悩ませるのが毎日のお昼ご飯ではありませんか?自分だけ …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

出しっ放しのおもちゃはもう卒業!「片付け上手」な子どもに育てる方法とは?

「おもちゃ片付けなさい!」と口を酸っぱくして言い続けても、毎日毎日散らかり放題の …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

1歳の子どもがご飯を食べない!その理由と対策を紹介

離乳食も食べ始めてから半年ほど経ち、ずいぶん慣れてきて軌道に乗ってきた1歳。 だ …