みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

      2015/07/30

v9
今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。
30年ほど前にはお母さんたちは当たり前のように赤ちゃんをおんぶして育ててきました。「抱っこしてあげてるんだから、変わらないんじゃないの?」そう思う方もいるかもしれませんが、実はこの「おんぶ」には、子供に良い刺激的な要素がたくさん詰まっていたのです!

畑仕事をするお母さんは常に赤ちゃんをおんぶ!だって両手が使えますものね

なんと言っても「抱っこ」と「おんぶ」の違いは、「お母さんが両手を自由に使える」ということです。
これなら、畑仕事はもちろん、洗濯、掃除に至るまで、子供と一緒にいながら全てをすることが出来ます。そして何より、赤ちゃんにとっては、お母さんの温もりを常に感じていられるのです。たとえ近くで見守っていたとしても、ベッドで寝かされていたのとは全然違うと思いませんか?

スキンシップをしながらお仕事が出来てしまうのは、「おんぶの最高の利点」と言えるかもしれません。

おんぶされている子供の視線って、お母さんの視線と同じ高さ。とっても眺めがいいのです!

これも抱っことは大きく違うことのひとつですよね。抱っこだと、赤ちゃんの視線はママの体でほとんど遮られてしまいますが、おんぶだと視界が開けている上に、お母さんと同じ高さから見ることが出来るのです。

お母さんが誰かと話をしている時は、その人の顔をよくみることが出来ますし、お母さんがしゃがんで花を摘めば、後ろの赤ちゃんも自然と下を向いて花を見る事になります。

おんぶをしていると、お母さんと赤ちゃんが「同じ景色を見ている」ことになるのです。とっても素敵だとは思いませんか?

お母さんの「疑似体験」をしていることになり、脳の発達をさらに促しています

おんぶされている赤ちゃんは、お母さんの行動を一番身近で見ています。お買い物でお金を払っているとき、近所の人と挨拶をしているとき、畑仕事をしているとき…どれも同じ動きをしながら見ていますから、「疑似体験」をしているのと一緒ですよね。

そこで見た事は脳へ伝達されますから、巡り会った人たちの表情や、かけてもらう言葉や、お店に並んでいる品物…たくさんのことを見ればみるほど赤ちゃんの脳は活性化していくので、脳の発達をアップさせていくことにつながっていくのです。

今こそ「おんぶ」を見直して、お洒落な「おんぶライフ」してみませんか!

こうして見てだけでも「おんぶ」には秘められた力があったことに驚きますよね。昔のお母さんたちは、忙しいながらも子供を背中に背負うことで、子育てと仕事を両立させてきました。身なりなど構わずに、ただがむしゃらに子供を必死で育ててきてくれた形が「おんぶ」だったのです。

「昔ながらのおんぶ紐って抵抗あるから嫌」そういうママさんも多いと思いますが、最近では「ベビーキャリア」と呼ばれるお洒落なアイテムもたくさん!今だからこそのかっこ可愛い「おんぶライフ」、おすすめします!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

もうすぐ夏休み!子供の自由研究に「牛乳パック」を活用しよう!

小学生にとっては待ちに待った夏休みも、もうすぐそこです。楽しみな反面、学校の宿題 …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自 …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …