みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

      2015/07/30

v9
今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。
30年ほど前にはお母さんたちは当たり前のように赤ちゃんをおんぶして育ててきました。「抱っこしてあげてるんだから、変わらないんじゃないの?」そう思う方もいるかもしれませんが、実はこの「おんぶ」には、子供に良い刺激的な要素がたくさん詰まっていたのです!

畑仕事をするお母さんは常に赤ちゃんをおんぶ!だって両手が使えますものね

なんと言っても「抱っこ」と「おんぶ」の違いは、「お母さんが両手を自由に使える」ということです。
これなら、畑仕事はもちろん、洗濯、掃除に至るまで、子供と一緒にいながら全てをすることが出来ます。そして何より、赤ちゃんにとっては、お母さんの温もりを常に感じていられるのです。たとえ近くで見守っていたとしても、ベッドで寝かされていたのとは全然違うと思いませんか?

スキンシップをしながらお仕事が出来てしまうのは、「おんぶの最高の利点」と言えるかもしれません。

おんぶされている子供の視線って、お母さんの視線と同じ高さ。とっても眺めがいいのです!

これも抱っことは大きく違うことのひとつですよね。抱っこだと、赤ちゃんの視線はママの体でほとんど遮られてしまいますが、おんぶだと視界が開けている上に、お母さんと同じ高さから見ることが出来るのです。

お母さんが誰かと話をしている時は、その人の顔をよくみることが出来ますし、お母さんがしゃがんで花を摘めば、後ろの赤ちゃんも自然と下を向いて花を見る事になります。

おんぶをしていると、お母さんと赤ちゃんが「同じ景色を見ている」ことになるのです。とっても素敵だとは思いませんか?

お母さんの「疑似体験」をしていることになり、脳の発達をさらに促しています

おんぶされている赤ちゃんは、お母さんの行動を一番身近で見ています。お買い物でお金を払っているとき、近所の人と挨拶をしているとき、畑仕事をしているとき…どれも同じ動きをしながら見ていますから、「疑似体験」をしているのと一緒ですよね。

そこで見た事は脳へ伝達されますから、巡り会った人たちの表情や、かけてもらう言葉や、お店に並んでいる品物…たくさんのことを見ればみるほど赤ちゃんの脳は活性化していくので、脳の発達をアップさせていくことにつながっていくのです。

今こそ「おんぶ」を見直して、お洒落な「おんぶライフ」してみませんか!

こうして見てだけでも「おんぶ」には秘められた力があったことに驚きますよね。昔のお母さんたちは、忙しいながらも子供を背中に背負うことで、子育てと仕事を両立させてきました。身なりなど構わずに、ただがむしゃらに子供を必死で育ててきてくれた形が「おんぶ」だったのです。

「昔ながらのおんぶ紐って抵抗あるから嫌」そういうママさんも多いと思いますが、最近では「ベビーキャリア」と呼ばれるお洒落なアイテムもたくさん!今だからこそのかっこ可愛い「おんぶライフ」、おすすめします!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

PTAに参加しなくてもいい方法は?フルタイム勤務の保護者が学校で村八分にあわない方法

PTA活動は専業主婦の方を中心に動いている場合が多く、フルタイム勤務の保護者にと …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …