みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

   

yo_hw01d-01
子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせようと考える方は多くいますね。
一方で、子供に携帯を・・・と持たせることに異論がある方もいるでしょう。持たせると便利ではあるけれど、子供の使い方次第では遊び道具になったり金額の面でも不安がありますよね。

そこで、携帯を持つことによるメリットとデメリットを知り、本当に必要であるかを考えなければなりません。また、持たせるからには親としてしっかり管理をしなければならないと思います。メリットとデメリット、そして持たせる場合の注意点についてご説明します。

メリット① 急なトラブルに対応できる

学校の行き帰りに怪我をした、忘れ物をしたなどという困ったときに、すぐに親と連絡を取ることができます。

メリット② どこにいるか把握できる

遊びに行ったが帰ってこない、いつもより帰宅が遅いという場合にGPS機能を使って子供の居場所を把握することができます。事件や事故に巻き込まれた時の対応が早くできます。

メリット③ 鍵っ子には安心

帰宅後に1人で留守番をする子供であれば、友達と遊びたい、家でトラブルが発生したなどという場合に、必ず連絡がとれる携帯はとても便利です。

デメリット① 携帯に頼りすぎる

忘れ物をしたら届けてくれる、遅くなっても電話をかければ大丈夫!と子供が安心しきってしまいます。携帯を持っていない子供は、忘れたら取りに帰るか学校で先生に伝えて自分でどうにかしなければなりません。決まった時間に帰宅しなければという心構えがしっかりできます。携帯を持っていると、そのような対処法が身に付きません。

デメリット② 使用料が発生する

携帯を持つ子供同士で電話をかけあったり、メールをしたり、使うだけ料金が発生します。外でも家でも使いたい放題使わせていると、多大な金額になる可能性もあります。

デメリット③ コミュニケーション不足

友達同士のコミュニケーションツールとなるメールは、言葉の使い方次第では相手に誤った気持ちを伝えてしまうという心配があります。そこから言葉の使い方を学ぶことができるのなら良いのですが、いじめの原因となったりコミュニケーション能力が発達しないというデメリットにもなりかねません。また、携帯に夢中になり部屋にこもってしまうあまり、家族間のコミュニケーションが減ってしまう可能性もあります。

注意点① 親が管理する

電話帳には親が決めた電話番号しか登録できないように設定するなど、通話・メールができる相手を管理することで無駄な使用を控えるようにしましょう。

注意点② ルールを決める

個人の部屋では使用しない。必要な時だけ持ち歩くなどのルールを事前に決めておくことが大切です。自由に使わせると、大きく依存してしまう可能性が高くなりますから注意しましょう。

注意点③ 本当に必要かを考える

例えば、習い事の終わる時間がその時によって大きく違うとか、子供が鍵っ子であるとか、1人で電話にのって出かけることが多いなどという理由があれば持たせると安心ですよね。子供が欲しいと言った、友達とのコミュニケーションツールとして、持っていれば安心かも!?というような、あやふやな理由で持たせることは後々使い方を誤った時に親として厳格に対処することができません。持たせる時には本当に必要かどうかをよく考えましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もするこ …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …