みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

      2015/08/02

bvbb
子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。
文字の読み書きも大切ですが、やはりこちらも、子供の頃から身につけておきたいお勉強のひとつですよね。小学校へ入学すれば学校でも学んでいきますが、幼稚園のころだって、周りには「算数に関する事」で溢れています。日常の中で「算数力」を身につける方法を見ていきましょう。

あれ?もしかして「数」に興味があるみたい!

ある程度の数の認識が出来るようになってくると、身近なものを数えることを楽しんだり、「どっちが多いかな?」など考えたりするお子さんの様子を見る事はありませんか?これは「数」に対して興味が高まっている証拠ですから、こうした時には「算数力」を身につけさせるチャンスです。

普段気にしない「センチ」や「グラム」などの単位も、分かりやすく伝えてあげましょう

「難しいからまだ早いかな?」そう思ってしまいがちなのが「センチ」や「グラム」などの「単位」です。お買い物に行ったときなど「100センチのお洋服もう小ちゃくなったから110センチにしよう!身長伸びたんだね!」など、お子さんに関わることを題材にして、お話してあげるだけでいいのです。

体重を量るときも、「あれ?300グラム増えてるね!ご飯モリモリ食べたから大きくなったんだね!」など、「単位を意識付け」するような会話を心がけましょう。「理解する」というよりは「単位というものがあるんだ」と認識させてあげる事が大切です。

すると、今度はスーパーなどで売られているお肉などの表示を見て、「あ!これ300グラムだ!」と手に取ってみると、意外な重さにビックリして、「ぼく、こんなに重くなったんだ!」と生活の中で見たことと、自分の体重のことを結びつけて「グラム」の意味合いを理解していくのです。

小学校へ上がってからの「算数」がグングン伸びるきっかけになります

こんなふうに、幼稚園の頃から「数」や「単位」に親しんでおくと、小学校へ入学してからの子供の理解力は、親しんでいない子供に比べると、明らかに違いが出て来るようです。

「センチ」や「グラム」は2年生になってから学びますが、普段から全く気にして来なかった子供は「?」となってしまいます。明らかに「差」がついてしまっていますよね。ここで「分かる!」と嬉しい気持ちで算数に取り組めると、どんどん勉強が進みますから、学力もますます高めることへとつながっていくのです。

普段の生活の中で、簡単に「算数力」を身につけることが出来ること、お分かりいただけましたか?特別な学習ドリルやテキストがなくても、少し「算数への意識付け」をするだけでいいのです。ブロックの長さは何センチだとか、みかん1個は何グラムだとか、身の回りにはたくさん算数に関する事があると気づくだけでも、世界は変わって見えるかもしれませんね。

「ママの手とパパの手、どっちが大きい?」と聞いた時、お子さんがものさしを持ってきて「5センチパパの方が大きいね!」なんて会話が弾むようになったら楽しいでしょうね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

なかなか思う通りに言うことを聞いてくれない!イライラしないためには?

イヤイヤ期に突入すると、今まで思い通りにならなかった我が子が、ますます思い通りに …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

値上げラッシュで大ピンチ!買い物上手になる「言葉」、覚えませんか?

スーパーに買い物に出かけると「あれ?これも値上がりしてる?…」と毎日の家計を預か …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …