みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

      2015/08/02

bvbb
子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。
文字の読み書きも大切ですが、やはりこちらも、子供の頃から身につけておきたいお勉強のひとつですよね。小学校へ入学すれば学校でも学んでいきますが、幼稚園のころだって、周りには「算数に関する事」で溢れています。日常の中で「算数力」を身につける方法を見ていきましょう。

あれ?もしかして「数」に興味があるみたい!

ある程度の数の認識が出来るようになってくると、身近なものを数えることを楽しんだり、「どっちが多いかな?」など考えたりするお子さんの様子を見る事はありませんか?これは「数」に対して興味が高まっている証拠ですから、こうした時には「算数力」を身につけさせるチャンスです。

普段気にしない「センチ」や「グラム」などの単位も、分かりやすく伝えてあげましょう

「難しいからまだ早いかな?」そう思ってしまいがちなのが「センチ」や「グラム」などの「単位」です。お買い物に行ったときなど「100センチのお洋服もう小ちゃくなったから110センチにしよう!身長伸びたんだね!」など、お子さんに関わることを題材にして、お話してあげるだけでいいのです。

体重を量るときも、「あれ?300グラム増えてるね!ご飯モリモリ食べたから大きくなったんだね!」など、「単位を意識付け」するような会話を心がけましょう。「理解する」というよりは「単位というものがあるんだ」と認識させてあげる事が大切です。

すると、今度はスーパーなどで売られているお肉などの表示を見て、「あ!これ300グラムだ!」と手に取ってみると、意外な重さにビックリして、「ぼく、こんなに重くなったんだ!」と生活の中で見たことと、自分の体重のことを結びつけて「グラム」の意味合いを理解していくのです。

小学校へ上がってからの「算数」がグングン伸びるきっかけになります

こんなふうに、幼稚園の頃から「数」や「単位」に親しんでおくと、小学校へ入学してからの子供の理解力は、親しんでいない子供に比べると、明らかに違いが出て来るようです。

「センチ」や「グラム」は2年生になってから学びますが、普段から全く気にして来なかった子供は「?」となってしまいます。明らかに「差」がついてしまっていますよね。ここで「分かる!」と嬉しい気持ちで算数に取り組めると、どんどん勉強が進みますから、学力もますます高めることへとつながっていくのです。

普段の生活の中で、簡単に「算数力」を身につけることが出来ること、お分かりいただけましたか?特別な学習ドリルやテキストがなくても、少し「算数への意識付け」をするだけでいいのです。ブロックの長さは何センチだとか、みかん1個は何グラムだとか、身の回りにはたくさん算数に関する事があると気づくだけでも、世界は変わって見えるかもしれませんね。

「ママの手とパパの手、どっちが大きい?」と聞いた時、お子さんがものさしを持ってきて「5センチパパの方が大きいね!」なんて会話が弾むようになったら楽しいでしょうね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

「口呼吸」だと風邪やインフルエンザになりやすい!「鼻呼吸」になるようにするには?

寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなど、毎年のように猛威をふるう病原菌 …

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …