みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

      2015/08/02

bvbb
子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。
文字の読み書きも大切ですが、やはりこちらも、子供の頃から身につけておきたいお勉強のひとつですよね。小学校へ入学すれば学校でも学んでいきますが、幼稚園のころだって、周りには「算数に関する事」で溢れています。日常の中で「算数力」を身につける方法を見ていきましょう。

あれ?もしかして「数」に興味があるみたい!

ある程度の数の認識が出来るようになってくると、身近なものを数えることを楽しんだり、「どっちが多いかな?」など考えたりするお子さんの様子を見る事はありませんか?これは「数」に対して興味が高まっている証拠ですから、こうした時には「算数力」を身につけさせるチャンスです。

普段気にしない「センチ」や「グラム」などの単位も、分かりやすく伝えてあげましょう

「難しいからまだ早いかな?」そう思ってしまいがちなのが「センチ」や「グラム」などの「単位」です。お買い物に行ったときなど「100センチのお洋服もう小ちゃくなったから110センチにしよう!身長伸びたんだね!」など、お子さんに関わることを題材にして、お話してあげるだけでいいのです。

体重を量るときも、「あれ?300グラム増えてるね!ご飯モリモリ食べたから大きくなったんだね!」など、「単位を意識付け」するような会話を心がけましょう。「理解する」というよりは「単位というものがあるんだ」と認識させてあげる事が大切です。

すると、今度はスーパーなどで売られているお肉などの表示を見て、「あ!これ300グラムだ!」と手に取ってみると、意外な重さにビックリして、「ぼく、こんなに重くなったんだ!」と生活の中で見たことと、自分の体重のことを結びつけて「グラム」の意味合いを理解していくのです。

小学校へ上がってからの「算数」がグングン伸びるきっかけになります

こんなふうに、幼稚園の頃から「数」や「単位」に親しんでおくと、小学校へ入学してからの子供の理解力は、親しんでいない子供に比べると、明らかに違いが出て来るようです。

「センチ」や「グラム」は2年生になってから学びますが、普段から全く気にして来なかった子供は「?」となってしまいます。明らかに「差」がついてしまっていますよね。ここで「分かる!」と嬉しい気持ちで算数に取り組めると、どんどん勉強が進みますから、学力もますます高めることへとつながっていくのです。

普段の生活の中で、簡単に「算数力」を身につけることが出来ること、お分かりいただけましたか?特別な学習ドリルやテキストがなくても、少し「算数への意識付け」をするだけでいいのです。ブロックの長さは何センチだとか、みかん1個は何グラムだとか、身の回りにはたくさん算数に関する事があると気づくだけでも、世界は変わって見えるかもしれませんね。

「ママの手とパパの手、どっちが大きい?」と聞いた時、お子さんがものさしを持ってきて「5センチパパの方が大きいね!」なんて会話が弾むようになったら楽しいでしょうね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

自分を許してあげると家族も幸せに!?「シャンパンタワーの法則」で幸せ時間を過ごそう

「子育てをするのが辛い…」「失敗ばかりで落ち込んでしまう」子供を持つママにはさま …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …