みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

朝の忙しさで子供にイライラしないコツ。子供と過ごす有意義な朝時間の作り方

   

70bc5e2f
子供が朝、なかなか起きてこない!起きても不機嫌・・・せっかく作った朝ごはんもきちんと食べてくれなくてイライラ!

そんな朝の過ごし方を続けていることに、メリットはありません。
学校に間に合うように、決まった時間に送り出すことができたとしても、ガミガミイライラの朝時間をどうにかしたい!とお悩み中のママはとても多いのではないでしょうか。子供が笑顔で、ママもリラックスできる朝時間の作り方。参考にしてください!

まずは、起きる時間から見直そう

子供が時間になっても起きてこない・・・これがまず第一の問題点です。起きる時間に余裕がなければ、当然朝食や身支度も焦って済ませなければなりませんよね。起きる時間を、今より30分~1時間、早める習慣を付けましょう。

とは言えども、布団の中でウトウトしている時間は気持ちが良いものです。なかなか布団から出てこられないという子供の気持ちもわからなくはありません。サッと起きるために、まずは睡眠の質を見直してください。
就寝時間はもちろんですが、熟睡できなければ朝もスッキリ起きることはできません。電気をしっかり消して真っ暗にし、音を立てない静かな部屋で眠らせてあげてください。睡眠の質が上がれば、長時間寝なくても充分な睡眠が取れていると言えます。

起きることに楽しみを!

朝起きたら、ママが毎日ガミガミ・・・これでは起きることに楽しみがありませんよね。着替えなさい、食べなさい、歯を磨きなさい、間に合わないよ!早く!早く!このような言葉をかけてはいませんか?

その言葉がけを一度、ストップしてみてください。起きたら美味しそうな朝食が並んでいる、美味しそうな匂い、ママがニコニコして「おはよう!」とあいさつをしてくれる。朝食をゆっくり食べながら、親子の会話を楽しめる・・・子供にとって、朝時間に一番必要なことです。笑顔で子供を送り出すために、ママも30分~1時間早起きし、気持ちに余裕を持ってください。

朝食は内容よりも質が大切

朝ご飯は1日のエネルギー!子供にとって絶対に欠かせない食事です。だからと言って、ご飯にお味噌汁、お魚を焼いてサラダを作って・・・と一生懸命になり過ぎてはいませんか?

朝食作りは、ママにとって時間との勝負!という朝を過ごされている方は、ぜひその朝食作りに“手抜き”をプラスしてみてください。市販のバターロールに野菜と昨夜の残り物を挟む+ヨーグルトや牛乳だけで立派な朝食です。
ご飯に納豆とお漬物でも充分です。頑張って豪華な朝ごはんを作るより、手を抜いてさっと作り、その分の時間を子供との会話に費やしてください。子供にとって、朝食の内容より「誰と食べるか」「どのような気持ちで食べるか」という、朝食の質の方が大切です。

笑顔で送り出そう!

我が家で続けている習慣をご紹介します。
我が家ではどんなに忙しい朝でも、子供たちを笑顔で送り出すことだけを欠かしません。子供が玄関を出るときに笑顔で「行ってきます!」と聞けた朝は、とても気持ちが良いものです。

もし子供が慌てて出かけようとしたら、ひとこと「忘れ物!!!」「落としてる!」と声掛けを。大切な『笑顔!』これを絶対に持たせましょう。ママに叱られた朝でも、その一言で子供はハッと我に返り笑顔で出かけてくれますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

「あの子と違ってうちの子は…」比べてガッカリは止めましょう!実はスゴい才能かも!?

子育てをしていく中で、我が子の発達や勉強の出来具合といったこと、どうしても気にな …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …