みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

   

幼稚園の選び方
子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。
幼稚園によって活動の内容や教育方針は様々です。我が子に合った幼稚園を!と考えるのが一番大切ですが、どのような点を重視して候補を絞れば良いのかそのポイントについてお話します。

何に力を入れているか

園によって、運動系の活動に力を入れていたり、音楽活動や表現活動などの芸術的分野に力を入れている園、小学校入学を前に勉強やお受験のための教育を重視した活動に力を入れている園もあります。逆に、子供の自主性を尊重し自由遊びを中心とした活動を行う園もあります。その保育内容は園によって様々な違いがあります。親としてどのような方向性を持って子育てをしたいか、何に力を入れたいかをまず考え、それに見合った教育方針を持った幼稚園を選びましょう。

子供が意欲を持って取り組める活動内容か

幼児期の子供は、自身が興味を持ったことに対しては多大なる意欲を発揮するものです。幼稚園は決めた内容に従って活動が行われ、それに従いながら日常生活を過ごすのが一般的です。その活動に子供が意欲を持って付いていけるかは大切なポイントです。親の意向だけで窮屈な思いをして生活するようになってしまっては、子供が持つ可能性は伸びて行きません。子供自身が伸び伸びと過ごせる活動内容であるかどうかも、見極めなければなりません。

通園方法も大切な基準です

パパやママから離れて幼稚園に通うことは、子供にとって初めて社会に踏み出す第一歩です。当然、最初のうちは大きな不安を抱えながら通うことになるでしょう。パパやママと一緒に徒歩で通えるか、家が近いかという点で安心できる子供もいます。逆に、家から遠いことにワクワクし、大好きなバスに乗っての通園を喜ぶ子供もいます。親の送迎が必要であれば負担も増えますが、何より子供が喜んで通ってくれることが大切です。

通わせられるだろうか?親にかかる負担も重要ポイント

実際に子供が気に入った、教育方針が親の意向に沿っているという園であっても、通わせるうえで考慮しなければならない点がいくつかあります。まずは1日の保育時間。両親が共働き家庭であれば、仕事の時間と保育時間がかみ合っていなければ通わせることができません。通常、幼稚園は4時間保育、保育園は8時間保育が基本ですが、延長保育を行っているか、土日祝日や長期休暇、夜間の保育はどうなっているかという点も、必要に応じて考えなければなりません。また、保育料も園によって異なりますので、収入に見合っているかを事前に確認する必要があります。

できるだけ多くの情報を得て選びましょう!

幼稚園は決められた学区内に通うという決まりはありません。自由に選ぶことができます。従い、通える範囲内にある幼稚園の情報をできるだけたくさん集めて選択しましょう。近所に住むママ友たちから得る情報も真実味があり参考になります。できれば実際に子供を連れて園内を見せてもらい、説明を受けることができたら良いと思います。幼稚園は子供の“生きる力”を育む大切な場所です。幼稚園で得る心の成長は、その後の子供の心身の成長に大きく影響します。多くの情報を得て、親子で気に入る幼稚園を見つけてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …