みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

   

hh1
オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしてもウンチはおむつにしてしまう・・・そのような悩みを抱えたママが多くいます。

3歳前後の子供を育てているママであれば、誰もが通る悩みだと言っても過言ではありません。幼稚園に入園する前には、ウンチもトイレでできるようになって欲しいと願っているママのために、その原因を探り対策法を考えてみましょう!

ウンチをするためには、踏ん張れるトイレの形に問題が!?

昔は和式が多かったトイレ。今はほとんどのご家庭が洋式トイレですよね。そして、おまるを使用することも減り、大人用の洋式便座に子供用の補助便座をぽこんとはめてさせるご家庭が多いのではないでしょうか。

この洋式便座に子供を座らせた時、もちろん子供の足は宙に浮いたまま。これでは力を入れて踏ん張ることができません。ウンチをするためには、お腹に「う~ん」と力を入れることが必要ですが、子供はつかまるところもなければ、足を置くところもない・・・これでは上手く踏ん張れないのは当たり前です。

子供が踏ん張れる工夫をしよう!

子供が上手に踏ん張れるように、何か工夫を考えてあげれば良いのです。一番良い方法は、お母さんが便座の前に子供と向き合ってしゃがみ、ウンチをする子供がお母さんの首にしっかり抱きつくような姿勢を作ることです。

もうひとつは、子供が便座の上に逆向きしゃがむという方法です。つまり、和式便座のような大勢を作り、足に力を入れられるようにするのです。この方法でしっかり踏ん張ることができるでしょう。

精神的理由でうんちが出来ないこともあります

「どうしてウンチができないの!」と叱ったり、「出るまで頑張って!」と子供をトイレに1人にしたり、またプレッシャーをかけることで出なくなる場合があります。
お母さんは一緒にトイレに入り、子供と一緒に頑張って踏ん張る練習をしてみましょう。扉を閉め切ったトイレの狭い空間が怖いという子供もいますので、扉をあけてお母さんの姿が見えるようにしてあげるのも良い方法のひとつです。

ウンチはおしっこより時間がかかる!

おしっこが出来れば、ウンチも必然的に出来ると考えないでください。ウンチが出来るようになるに時間がかかると初めから心得ておくことで、お母さんも気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

普段パンツにしている子供は、ウンチをしたくなった時、カーテンや棚の影に隠れて踏ん張ろうとします。そのような様子が見られた時は、すぐに「トイレに行きなさい!」と声を荒げては、出そうになったウンチが引っ込んでしまい便秘の原因です。無理にさせようと叱らず、オムツを履かせても良いですよね。その頃になると自分で着脱が出来ますから、脱ぎやすい洋服(女児ならスカートやワンピース)を着させてオムツを置いておきましょう。その点も考えて、ウンチのオムツ外しは夏に行うと外れやすいですね。

次第に出来るようになります

パンツやオムツにウンチをしてしまった子供が、気持ち良いと感じているはずがありません。3歳にもなれば「恥ずかしい」「気持ちが悪い」という気持ちは持っています。
ですから、叱らずにいても次第に「トイレでしなければ・・・」という気持ちになっていきます。

自分1人でトイレに行っていつの間にか出来るようになることもあります。もし子供がトイレで踏ん張っている姿が見られるようになったら、出ても出なくても「トイレに行けたじゃない!偉いね!」「トイレでするとお尻が汚れずに気持ちがいいね!」と褒めて、喜んであげてください。褒められた時の嬉しい気持ちが次につながります。

さらには、人前で褒めてあげることで子供は優越感に浸ることができ自信に繋がります。家族の前で、おおいに褒めてあげてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …