みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

   

hh1
オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしてもウンチはおむつにしてしまう・・・そのような悩みを抱えたママが多くいます。

3歳前後の子供を育てているママであれば、誰もが通る悩みだと言っても過言ではありません。幼稚園に入園する前には、ウンチもトイレでできるようになって欲しいと願っているママのために、その原因を探り対策法を考えてみましょう!

ウンチをするためには、踏ん張れるトイレの形に問題が!?

昔は和式が多かったトイレ。今はほとんどのご家庭が洋式トイレですよね。そして、おまるを使用することも減り、大人用の洋式便座に子供用の補助便座をぽこんとはめてさせるご家庭が多いのではないでしょうか。

この洋式便座に子供を座らせた時、もちろん子供の足は宙に浮いたまま。これでは力を入れて踏ん張ることができません。ウンチをするためには、お腹に「う~ん」と力を入れることが必要ですが、子供はつかまるところもなければ、足を置くところもない・・・これでは上手く踏ん張れないのは当たり前です。

子供が踏ん張れる工夫をしよう!

子供が上手に踏ん張れるように、何か工夫を考えてあげれば良いのです。一番良い方法は、お母さんが便座の前に子供と向き合ってしゃがみ、ウンチをする子供がお母さんの首にしっかり抱きつくような姿勢を作ることです。

もうひとつは、子供が便座の上に逆向きしゃがむという方法です。つまり、和式便座のような大勢を作り、足に力を入れられるようにするのです。この方法でしっかり踏ん張ることができるでしょう。

精神的理由でうんちが出来ないこともあります

「どうしてウンチができないの!」と叱ったり、「出るまで頑張って!」と子供をトイレに1人にしたり、またプレッシャーをかけることで出なくなる場合があります。
お母さんは一緒にトイレに入り、子供と一緒に頑張って踏ん張る練習をしてみましょう。扉を閉め切ったトイレの狭い空間が怖いという子供もいますので、扉をあけてお母さんの姿が見えるようにしてあげるのも良い方法のひとつです。

ウンチはおしっこより時間がかかる!

おしっこが出来れば、ウンチも必然的に出来ると考えないでください。ウンチが出来るようになるに時間がかかると初めから心得ておくことで、お母さんも気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

普段パンツにしている子供は、ウンチをしたくなった時、カーテンや棚の影に隠れて踏ん張ろうとします。そのような様子が見られた時は、すぐに「トイレに行きなさい!」と声を荒げては、出そうになったウンチが引っ込んでしまい便秘の原因です。無理にさせようと叱らず、オムツを履かせても良いですよね。その頃になると自分で着脱が出来ますから、脱ぎやすい洋服(女児ならスカートやワンピース)を着させてオムツを置いておきましょう。その点も考えて、ウンチのオムツ外しは夏に行うと外れやすいですね。

次第に出来るようになります

パンツやオムツにウンチをしてしまった子供が、気持ち良いと感じているはずがありません。3歳にもなれば「恥ずかしい」「気持ちが悪い」という気持ちは持っています。
ですから、叱らずにいても次第に「トイレでしなければ・・・」という気持ちになっていきます。

自分1人でトイレに行っていつの間にか出来るようになることもあります。もし子供がトイレで踏ん張っている姿が見られるようになったら、出ても出なくても「トイレに行けたじゃない!偉いね!」「トイレでするとお尻が汚れずに気持ちがいいね!」と褒めて、喜んであげてください。褒められた時の嬉しい気持ちが次につながります。

さらには、人前で褒めてあげることで子供は優越感に浸ることができ自信に繋がります。家族の前で、おおいに褒めてあげてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。 こ …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

猫
ペットを飼うことは子供の教育に効果的な理由。情操教育で子供に道徳心を教えよう

最近は「ペット」を飼っているご家庭も随分増えましたね。 特に小さい子供は生き物が …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …