みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

      2015/07/30

夏休み
産まれてきた赤ちゃん。
か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。

そんな赤ちゃんですが日に日に成長していくと驚くことばかり。
本能的に産まれながらに持っているものがあるということ。

ミルクから離乳への移行期には異物(どろっとしたり、ぶつぶつしたり、固形物など)には敏感に反応し、口から出そうとする能力。
酸っぱさ(腐敗)や苦味(毒)にはとても拒否する力。
だんだん目が見え始めると親以外の人には人見知りをし、自分を守ろうとする力。

など誰が教えたのでもなく、赤ちゃん自身が産まれつき持っているものです。

昔、新聞の記事に面白いコラムを見つけました。
子供達は隙間やはじっこ、自分が入れそうな所を見つけては好んで遊ぶことが多いです。
はっきり断言は出来ませんが、これは昔、洞穴やほら穴で生活していた時のなごりではないかという説も・・・。外敵から身を守る安心出来る場が子供の中に本能的に残っているのではないかということです。

自分の子供時代を振り返ってみると友達と一緒に隠れ家を作って遊んだり、自分達が入れそうな所を見つけては基地遊びをしたりして遊んでいました。子供同士が共通に楽しめる遊びだったことを考えるとこのコラムもうなずけました。

子供って面白く、また不思議です。
という私もそうだったのですが・・・。

話は違いますが、子供は好奇心のかたまりのように思います。
(これも本能なのでしょうか?)
なぜ?どうして?が大人とは比較できないほど多いです。

遊びの中で見たり、触ったり、匂いをかんでみたりなど実際に経験している時ほどこのなぜ?どうして?が多いように思います。それは自分から興味や関心をもち、関わったからこそ生まれた素直な感覚。
これは自分から積極的に考え、取り組もうとする基礎になる大事な経験と言われています。

実際に経験したことを『実体験』と言いますが、実際に経験したことは表面的な知識ではなく、深く理解したものとして記憶に残っていきます。最近心配されている『仮想体験』。あたかも自分が経験したかのように情報のみ収集すること。
現代の子供は情報収集能力は上手だけれど生活経験のなさ、生活力のなさに不安を感じるという声も上がっています。

バーチャルでは分かっていても違った方法を求められた時、実体験をもとにして「じゃあ、どうしようか。」と臨機応変に立ち回れないことも考えられます。

好奇心のアンテナが高ーく、物の捉えが柔軟な子供の時期だからこそ、五感を使って実際に経験する生活をいっぱいしてほしいと思います。頭と体を十分使い、調和を取りながら成長していくことが大人になっていく上でもとても大切です。
私達よりもなぜ?どうして?博士の子供達のおつきあいをしてこの夏は実体験を一緒に楽しんでみてください。子供心が蘇るかもしれませんよ。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

ママ友の家にお呼ばれ!お土産はどんなものを持っていけば良い?

ママ友ができて、ある程度親しくなるとお互いの家に遊びに行く機会も増えてきます。 …

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …