みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

      2015/07/30

夏休み
産まれてきた赤ちゃん。
か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。

そんな赤ちゃんですが日に日に成長していくと驚くことばかり。
本能的に産まれながらに持っているものがあるということ。

ミルクから離乳への移行期には異物(どろっとしたり、ぶつぶつしたり、固形物など)には敏感に反応し、口から出そうとする能力。
酸っぱさ(腐敗)や苦味(毒)にはとても拒否する力。
だんだん目が見え始めると親以外の人には人見知りをし、自分を守ろうとする力。

など誰が教えたのでもなく、赤ちゃん自身が産まれつき持っているものです。

昔、新聞の記事に面白いコラムを見つけました。
子供達は隙間やはじっこ、自分が入れそうな所を見つけては好んで遊ぶことが多いです。
はっきり断言は出来ませんが、これは昔、洞穴やほら穴で生活していた時のなごりではないかという説も・・・。外敵から身を守る安心出来る場が子供の中に本能的に残っているのではないかということです。

自分の子供時代を振り返ってみると友達と一緒に隠れ家を作って遊んだり、自分達が入れそうな所を見つけては基地遊びをしたりして遊んでいました。子供同士が共通に楽しめる遊びだったことを考えるとこのコラムもうなずけました。

子供って面白く、また不思議です。
という私もそうだったのですが・・・。

話は違いますが、子供は好奇心のかたまりのように思います。
(これも本能なのでしょうか?)
なぜ?どうして?が大人とは比較できないほど多いです。

遊びの中で見たり、触ったり、匂いをかんでみたりなど実際に経験している時ほどこのなぜ?どうして?が多いように思います。それは自分から興味や関心をもち、関わったからこそ生まれた素直な感覚。
これは自分から積極的に考え、取り組もうとする基礎になる大事な経験と言われています。

実際に経験したことを『実体験』と言いますが、実際に経験したことは表面的な知識ではなく、深く理解したものとして記憶に残っていきます。最近心配されている『仮想体験』。あたかも自分が経験したかのように情報のみ収集すること。
現代の子供は情報収集能力は上手だけれど生活経験のなさ、生活力のなさに不安を感じるという声も上がっています。

バーチャルでは分かっていても違った方法を求められた時、実体験をもとにして「じゃあ、どうしようか。」と臨機応変に立ち回れないことも考えられます。

好奇心のアンテナが高ーく、物の捉えが柔軟な子供の時期だからこそ、五感を使って実際に経験する生活をいっぱいしてほしいと思います。頭と体を十分使い、調和を取りながら成長していくことが大人になっていく上でもとても大切です。
私達よりもなぜ?どうして?博士の子供達のおつきあいをしてこの夏は実体験を一緒に楽しんでみてください。子供心が蘇るかもしれませんよ。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …