みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

      2015/06/28

vfvfal
人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、電球や蛍光灯からも微量の紫外線を浴びています。
そこまで過敏になる必要はありませんが、特に6~8月の外遊びでは最も強い紫外線に当たり、悪影響も大きいとされていますので万全に対策をすることは大切です。

紫外線が子供に与える影響をご説明します。ぜひ、紫外線対策の参考にしてください。

紫外線が子供に及ぼす悪影響

外遊びにより子供たちは多くの紫外線を浴びることになります。その害として顕著に表れやすいのが“日焼け”です。日焼けは子供が元気に遊んでいる証拠であると言えばそうですが、言い換えれば太陽の熱で皮膚が焦げていると考えましょう。他にも、肌が赤くなったり、湿疹が出ることもあります。ヒリヒリとした痛みを感じるのも紫外線による悪影響です。特に、黒くなる前に赤くなってしまう場合は、紫外線に対する抵抗力が弱く皮膚炎が起こりやすいと考えてください。

紫外線が免疫力を低下させる

太陽に当たって元気に遊ぶほど強くなると勘違いしがちですが、実はその反対で、強い紫外線を多く浴びれば浴びるほど、免疫力は低下します。多くの女性が年齢を重ねるごとにシミやシワを気にしますよね。これは、紫外線により蓄積されたメラニン色素による悪影響で、大人になったから現れるのですが、実は子供の頃から蓄積された紫外線による悪影響なのです。

肌の紫外線対策法

外に出る時は、子供用で刺激の少ないUVカットクリームを塗りましょう。子供の場合は、汗をかいたりプールに入ったりと、流れてしまうことがあります。塗り方を教えて自分でこまめに塗り直すことができるのが最も良いと思います。また、つばの広い帽子をかぶる、UVカットウェアを着用すると言う方法で、できるだけ紫外線からの影響を受けないように配慮していくことが大切です。

もっとも影響を受けやすいのが目である

紫外線対策と言えば、UVクリームや帽子、ウェアという物を思い浮かべ、肌への影響ばかりを考えてしまいがちです。
ところが、一番悪影響を受けやすいのが目であることを忘れてはいけません。よく、夏場に野球の練習が重なると目が真っ赤になるという子供が多くいます。

まさに目が紫外線からの悪影響を受けていると言えるでしょう。今すぐに症状が出なくても、子供の頃に多くの紫外線を浴びた目は、大人になってから白内障その他の目の疾患の原因となりやすいことを覚えておいてください。

対策法としては、まずUVカットのメガネをかけることです。今は黒いサングラスだけでなく、通常のメガネと同じクリアな物でもUVカット効果の高い物があります。
おすすめはJINS Moistureブランドの保湿メガネで、紫外線によるドライアイを防いでくれます。

他にも、UVカット効果のある目薬もありますので、こちらも使用して対策を万全にすることをおすすめします。

子供の紫外線対策は親の役目!

子供に、将来どうなるから・・・と話しをするのは大切なことです。
しかし、“今、楽しければ良い!”と考えるのが子供らしさです。紫外線に当たらないために外に出てはいけないと規制するのではなく、子供らしく元気に遊ぶことを重要視しつつ、親としてケア用品や対策グッズを揃えてあげ、上手に紫外線対策をしていくことを考えていきましょう。

紫外線は目に見えません。だからこそ、子供はすぐに理解ができません。親が対策を万全にするとともに、将来に向けて説明を重ねて行くことも大切な親の役目であることを忘れないようにしましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …