みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

      2015/06/28

vfvfal
人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、電球や蛍光灯からも微量の紫外線を浴びています。
そこまで過敏になる必要はありませんが、特に6~8月の外遊びでは最も強い紫外線に当たり、悪影響も大きいとされていますので万全に対策をすることは大切です。

紫外線が子供に与える影響をご説明します。ぜひ、紫外線対策の参考にしてください。

紫外線が子供に及ぼす悪影響

外遊びにより子供たちは多くの紫外線を浴びることになります。その害として顕著に表れやすいのが“日焼け”です。日焼けは子供が元気に遊んでいる証拠であると言えばそうですが、言い換えれば太陽の熱で皮膚が焦げていると考えましょう。他にも、肌が赤くなったり、湿疹が出ることもあります。ヒリヒリとした痛みを感じるのも紫外線による悪影響です。特に、黒くなる前に赤くなってしまう場合は、紫外線に対する抵抗力が弱く皮膚炎が起こりやすいと考えてください。

紫外線が免疫力を低下させる

太陽に当たって元気に遊ぶほど強くなると勘違いしがちですが、実はその反対で、強い紫外線を多く浴びれば浴びるほど、免疫力は低下します。多くの女性が年齢を重ねるごとにシミやシワを気にしますよね。これは、紫外線により蓄積されたメラニン色素による悪影響で、大人になったから現れるのですが、実は子供の頃から蓄積された紫外線による悪影響なのです。

肌の紫外線対策法

外に出る時は、子供用で刺激の少ないUVカットクリームを塗りましょう。子供の場合は、汗をかいたりプールに入ったりと、流れてしまうことがあります。塗り方を教えて自分でこまめに塗り直すことができるのが最も良いと思います。また、つばの広い帽子をかぶる、UVカットウェアを着用すると言う方法で、できるだけ紫外線からの影響を受けないように配慮していくことが大切です。

もっとも影響を受けやすいのが目である

紫外線対策と言えば、UVクリームや帽子、ウェアという物を思い浮かべ、肌への影響ばかりを考えてしまいがちです。
ところが、一番悪影響を受けやすいのが目であることを忘れてはいけません。よく、夏場に野球の練習が重なると目が真っ赤になるという子供が多くいます。

まさに目が紫外線からの悪影響を受けていると言えるでしょう。今すぐに症状が出なくても、子供の頃に多くの紫外線を浴びた目は、大人になってから白内障その他の目の疾患の原因となりやすいことを覚えておいてください。

対策法としては、まずUVカットのメガネをかけることです。今は黒いサングラスだけでなく、通常のメガネと同じクリアな物でもUVカット効果の高い物があります。
おすすめはJINS Moistureブランドの保湿メガネで、紫外線によるドライアイを防いでくれます。

他にも、UVカット効果のある目薬もありますので、こちらも使用して対策を万全にすることをおすすめします。

子供の紫外線対策は親の役目!

子供に、将来どうなるから・・・と話しをするのは大切なことです。
しかし、“今、楽しければ良い!”と考えるのが子供らしさです。紫外線に当たらないために外に出てはいけないと規制するのではなく、子供らしく元気に遊ぶことを重要視しつつ、親としてケア用品や対策グッズを揃えてあげ、上手に紫外線対策をしていくことを考えていきましょう。

紫外線は目に見えません。だからこそ、子供はすぐに理解ができません。親が対策を万全にするとともに、将来に向けて説明を重ねて行くことも大切な親の役目であることを忘れないようにしましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …