みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

      2015/07/30

子供の防犯
最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識を高める学習が行なわれているのをご存知ですか?
これだけ学校でも防犯対策が練られて取り組んでいるのに、子供が犠牲になってしまう事件は後を立たないのが現状です。「危険な場所」は見晴らしのいい場所にも潜んでいるのです。

周りから全部見渡せる田んぼ道の通学路。見晴らしはいいけれど…

田んぼの真ん中に一本道となっている通学路では、とても見晴らしがいいので「危険」とは一見無関係のように思いますよね。
しかし、実際こうした田んぼ道で、不審者による声かけや、子供の誘拐事件など、被害に遭う子供が、こうした見晴らしのいい場所で事件に巻き込まれていることに驚きます。

その理由として考えられるのは、見晴らしはいいけれども、周辺に住宅や店もなく、注意警戒するような場所ではなかったために、かえって人からの視線が注がれることがなかったのです。ですから、いくら見晴らしがいい場所だとしても、子供にとっては安全な場所とは言い切れません。

人目のつくにぎやかな商店街。これだけ人通りも多い道なら安全なはず…

先ほどのように、人目が付かないことが危険な場所になってしまったことを考えると、賑やかな駅前の商店街などでは、常に人の視線が注がれていますから、子供にとっても安全な場所であると思われがちです。

だけど、犯罪者目線に立ってみると、子供を狙うにはまずどの子にしようかとターゲットをしぼるために、子供が集まりそうな場所へ出かけるでしょう。人が多いということは、「紛れ込みやすい」状態でもあるので、逆に犯罪者にとっては好都合だと考えられるのです。

しかも、人通りが途絶えてしまえば、そこは一瞬にして「人目の付かない場所」となり、そんなタイミングを見計らって犯罪者は動き出します。

さらに覚えておきたいのが、人通りが多くなり過ぎてしまうと、人の視線はたくさんの情報で溢れてしまい、「視線のピントがぼやけてしまう」ということです。
そこで何か犯罪が起こっても見落とされてしまったり、視界に入っていたとしても、その情報だけを思い出して拾い出す作業が難しくなってしまう事があるので、たとえ人通りがあって人の視線が常にある場所でも、危険がひそんでいると言わざるを得ないのです。

親子で地域を見て回り、「安全」だと思われているような場所でも「危険」は潜んでいることを伝えていくことが大切です

このように、子供を狙った犯罪は「見晴らしがいい場所」でも、「人目のつくにぎやかな場所」でも実際に起きています。学校や地域で作る「ハザードマップ」を信用しすぎて、「危険箇所以外なら安全だから大丈夫!」と子供が思ってしまうと、こうした事件に巻き込まれてしまう可能性は否定できません。

親子で買い物に出かけたついでなどに、「ここはよく見えるけど、誰もいないと『助けて!』も聞こえないよね?1人じゃなくてみんなで遊べば安心かもね」などと、「自分を守る方法」を伝えて、犯罪から子供を守っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …