みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

      2015/07/30

子供の防犯
最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識を高める学習が行なわれているのをご存知ですか?
これだけ学校でも防犯対策が練られて取り組んでいるのに、子供が犠牲になってしまう事件は後を立たないのが現状です。「危険な場所」は見晴らしのいい場所にも潜んでいるのです。

周りから全部見渡せる田んぼ道の通学路。見晴らしはいいけれど…

田んぼの真ん中に一本道となっている通学路では、とても見晴らしがいいので「危険」とは一見無関係のように思いますよね。
しかし、実際こうした田んぼ道で、不審者による声かけや、子供の誘拐事件など、被害に遭う子供が、こうした見晴らしのいい場所で事件に巻き込まれていることに驚きます。

その理由として考えられるのは、見晴らしはいいけれども、周辺に住宅や店もなく、注意警戒するような場所ではなかったために、かえって人からの視線が注がれることがなかったのです。ですから、いくら見晴らしがいい場所だとしても、子供にとっては安全な場所とは言い切れません。

人目のつくにぎやかな商店街。これだけ人通りも多い道なら安全なはず…

先ほどのように、人目が付かないことが危険な場所になってしまったことを考えると、賑やかな駅前の商店街などでは、常に人の視線が注がれていますから、子供にとっても安全な場所であると思われがちです。

だけど、犯罪者目線に立ってみると、子供を狙うにはまずどの子にしようかとターゲットをしぼるために、子供が集まりそうな場所へ出かけるでしょう。人が多いということは、「紛れ込みやすい」状態でもあるので、逆に犯罪者にとっては好都合だと考えられるのです。

しかも、人通りが途絶えてしまえば、そこは一瞬にして「人目の付かない場所」となり、そんなタイミングを見計らって犯罪者は動き出します。

さらに覚えておきたいのが、人通りが多くなり過ぎてしまうと、人の視線はたくさんの情報で溢れてしまい、「視線のピントがぼやけてしまう」ということです。
そこで何か犯罪が起こっても見落とされてしまったり、視界に入っていたとしても、その情報だけを思い出して拾い出す作業が難しくなってしまう事があるので、たとえ人通りがあって人の視線が常にある場所でも、危険がひそんでいると言わざるを得ないのです。

親子で地域を見て回り、「安全」だと思われているような場所でも「危険」は潜んでいることを伝えていくことが大切です

このように、子供を狙った犯罪は「見晴らしがいい場所」でも、「人目のつくにぎやかな場所」でも実際に起きています。学校や地域で作る「ハザードマップ」を信用しすぎて、「危険箇所以外なら安全だから大丈夫!」と子供が思ってしまうと、こうした事件に巻き込まれてしまう可能性は否定できません。

親子で買い物に出かけたついでなどに、「ここはよく見えるけど、誰もいないと『助けて!』も聞こえないよね?1人じゃなくてみんなで遊べば安心かもね」などと、「自分を守る方法」を伝えて、犯罪から子供を守っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

「口呼吸」だと風邪やインフルエンザになりやすい!「鼻呼吸」になるようにするには?

寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなど、毎年のように猛威をふるう病原菌 …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

どこでも騒ぐマナー違反な子供になる原因は親の叱り方だった。ファミレスで騒ぐ子供にしない為のしつけとは?

小さい子供を連れてのお出かけは、いろいろな事に気を配らなくてはけないので大変です …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …