みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

      2015/07/30

子供遊び
子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返ったかのような散乱状態になっている…。
「何でひとつひとつ片付けられないのかしら?」ママはうんざりしてしまいますよね。

だけど、「脳」の発達を考えた時、これってとてもいい事だったのです!

遊びに夢中になっている時は、脳がフル回転している真っ最中なのです

ブロックでも積み木でも絵本でも、子供が自分の興味のある遊びをしているとき、脳の中ではさまざまな分野が刺激を受けて活発に働いています。例えばブロックを集中して遊んでいる時はどう組み立てようかという「思考力」、工作しているときは「創造力」といった分野です。

何か物事に集中している時、脳は高速回転をしている状態ですから、まさしく脳を鍛えている真っ最中なのです。子供がブロック遊びをしていたけれど、ねんど遊びをしたくなったとしましょう。この時、子供の気持ちのギアが急に切り替わり、頭の中は「ねんど」一色になります。そこで「ブロック片付けないとダメでしょ!」とママから言われてしまうと、せっかくフル回転していた脳が「片付け」という予想外の行動を強いられることで、急速にダウンしてしまうのです。

「遊ぶときは思いっきり遊び、片付けるときは一気に片付ける」習慣をつけると「脳」にはとてもいい刺激になります

子供の「遊びたい!」欲求には底知れないものがありますよね。大人はそうした子供の遊びになかなか最後まで付き合い切れずに「はい、おしまい」と、大人の都合で片付けを促してしまうことがあると思います。

ただ、「今日は思い切り遊ぶ日」もたまに作ってあげて欲しいのです。この日は思う存分やりたい遊びをさせてあげましょう。使ったおもちゃが出しっ放しになっていても気にしないで見守ってください。しかし「片付け」をしつけとして学ばることは大切ですから、「お片づけの時間」をあらかじめ決めておきましょう。これは「ご飯の前」「歯みがきの前」などでいいのです。

「ブロックでかっこいい怪獣ができたね!」など、遊んだことに対して褒めてあげると、脳へのさらなる発達につながります

一緒にお片づけを手伝ってあげる時など、「このブロックでかっこいい怪獣作ってたよね!」など、遊びの中で見つけた子供のいい所を「褒めて」あげましょう。するとブロックで遊んだ事、これで怪獣を作った事、それを見て褒められた事、それが脳へ伝達されることで、さらなる創造性を生むきっかけになるのです。それは同時に、次回遊ぶときへの意欲をかき立てることでしょう。

今までは「ブロック遊び終わったの?だったら片付けてからねんどしようね」と子供に声かけしていませんでしたか?それは子供の脳の発達にとって、いちいちブレーキをかけてしまっていたのですね。

子供の「脳を鍛える」ためにも、脳をフル回転させて遊んでいるときには徹底的に遊ばせて、後で一気に片付ける、そんな習慣を作ってみてはいかがですか?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

マイナンバー制度がいよいよ開始!実は子育て世代にとっても便利なマイナンバー制度、その理由とは?

最近、マイナンバー制度の通知が送られ始めているという話題がテレビなどでもニュース …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …