みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

      2015/08/02

pump053
「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか?
小学生になると友達や仲間との結びつきが強くなり、同年齢の閉鎖的な集団を作って遊んだり、一緒に行動したりして楽しむ、そういう時期のことをいいます。どうしてこの時期の子供は反抗したりイライラするのでしょうか?その原因を探ってみましょう。

自分の意思で行動したり、物事を失敗して「劣等感」を覚え始める年齢が、この頃なのです

発達心理学では、この「ギャングエイジ」は「学童期」と呼びますが、その頃の子供は、自分の意思で行動することや、失敗と成功を繰り返して自分自身の能力を確認していくのです。

しかし時には失敗することもあるでしょう。その時、これまで感じる事のなかった「劣等感」という感情が芽生えて、「自分はダメだ、どうせ出来ないんだ」と落ち込んだり悩んだりする事が増えていきますよね。こうした感情のコントロールをすることが出来ないと、親に強く当たってしまったり、反抗的な態度になってしまうのです。

「ギャングエイジ」の子供のイライラの原因は?

どうして子供がイライラしてしまうのかの原因のひとつに、「自分の気持ちを相手にうまく伝えられず、言葉で整理できない」ということがあげられるでしょう。これは人間関係も複雑になり、学校の勉強も難易度が高くなってきて、それをクリアしていかなくてはいけません。そうしたストレスが原因となってイライラしてしまうのです。

しかしこれは「脳」の発達がされているから起こる現象でもあります。
そして心の発達面においても、乗り越えなくてはならない「壁」なのです。子供の発達段階において、誰しもが自分の意志とは関係無しにしてしまうイライラですから、子供自身もどうしていいか分からない場合が多いのでしょう。

イライラを解消するためには、「言語化する能力」を高めてあげることが大切です

先ほども「自分の気持ちを言葉で整理出来ない」と書きましたが、これは子供の「言語化する能力」が乏しいからおきてしまうのです。特に男の子は気持ちを言葉に出して相手に伝えるのが苦手ですから、こうしたイライラがどんどん募ってしまうのです。

これは、普段からたくさん会話をすることを心がけ、「どうしたの?何かあったの?」と問いかけることで「実はね…」と、子供の方から話やすくなるような環境を整えてあげることが大切なのです。

きちんと言葉で表現させることを何度も経験することで、子供の言語化する能力は自然と高まり、イライラを言葉にして伝えることで、少しずつ解消されていくのです。

子供にとっての「ストレス・フリー」を目指していきましょう

幼児期から学童期にかけて、脳細胞は著しく発達をしています。これは「幸せだ」「心地いい」と感じる気持ちが多ければ多いほど、脳からオキシトシンがたくさん分泌され、心も体も健やかに成長していきます。

イライラを減らす為に会話を増やしたり、「いいんだよ」と優しく言葉をかけてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …

時計
子供に時間の大切さを教える方法。少しずつタイムマネジメントを教えましょう!

遊びに夢中になっている子供は、何時間でも遊び続けていたりしませんか? 「ご飯の時 …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしても …

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …