みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

      2015/08/02

pump053
「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか?
小学生になると友達や仲間との結びつきが強くなり、同年齢の閉鎖的な集団を作って遊んだり、一緒に行動したりして楽しむ、そういう時期のことをいいます。どうしてこの時期の子供は反抗したりイライラするのでしょうか?その原因を探ってみましょう。

自分の意思で行動したり、物事を失敗して「劣等感」を覚え始める年齢が、この頃なのです

発達心理学では、この「ギャングエイジ」は「学童期」と呼びますが、その頃の子供は、自分の意思で行動することや、失敗と成功を繰り返して自分自身の能力を確認していくのです。

しかし時には失敗することもあるでしょう。その時、これまで感じる事のなかった「劣等感」という感情が芽生えて、「自分はダメだ、どうせ出来ないんだ」と落ち込んだり悩んだりする事が増えていきますよね。こうした感情のコントロールをすることが出来ないと、親に強く当たってしまったり、反抗的な態度になってしまうのです。

「ギャングエイジ」の子供のイライラの原因は?

どうして子供がイライラしてしまうのかの原因のひとつに、「自分の気持ちを相手にうまく伝えられず、言葉で整理できない」ということがあげられるでしょう。これは人間関係も複雑になり、学校の勉強も難易度が高くなってきて、それをクリアしていかなくてはいけません。そうしたストレスが原因となってイライラしてしまうのです。

しかしこれは「脳」の発達がされているから起こる現象でもあります。
そして心の発達面においても、乗り越えなくてはならない「壁」なのです。子供の発達段階において、誰しもが自分の意志とは関係無しにしてしまうイライラですから、子供自身もどうしていいか分からない場合が多いのでしょう。

イライラを解消するためには、「言語化する能力」を高めてあげることが大切です

先ほども「自分の気持ちを言葉で整理出来ない」と書きましたが、これは子供の「言語化する能力」が乏しいからおきてしまうのです。特に男の子は気持ちを言葉に出して相手に伝えるのが苦手ですから、こうしたイライラがどんどん募ってしまうのです。

これは、普段からたくさん会話をすることを心がけ、「どうしたの?何かあったの?」と問いかけることで「実はね…」と、子供の方から話やすくなるような環境を整えてあげることが大切なのです。

きちんと言葉で表現させることを何度も経験することで、子供の言語化する能力は自然と高まり、イライラを言葉にして伝えることで、少しずつ解消されていくのです。

子供にとっての「ストレス・フリー」を目指していきましょう

幼児期から学童期にかけて、脳細胞は著しく発達をしています。これは「幸せだ」「心地いい」と感じる気持ちが多ければ多いほど、脳からオキシトシンがたくさん分泌され、心も体も健やかに成長していきます。

イライラを減らす為に会話を増やしたり、「いいんだよ」と優しく言葉をかけてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

子供を塾に通わせる
子供はいつから塾に通わせる?塾のタイミングと種類まとめ

塾の問題を考えてみましょう 周りの子がどんどん塾に行き始める、3~4年生。うちは …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …

子供が朝起きない
子供が朝起きない時の対処法。毎日起こすのが大変だと嘆く前に原因を探ってみましょう

朝、学校に行く時間が迫っているのに、起こしても起こしても子供が起きない!とお悩み …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …