みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の夏風邪トリオ予防方法。夏風邪の症状など詳細まとめ

      2015/07/30

夏風邪
『夏風邪トリオ』

夏になり、以前こんなママ同士の会話がありました。

「うちの子、熱が急に上がって病院へ行ったら夏風邪って診断されたの。」
「先週、うちの子も熱を出したのよ。病院へ行ったらプール病って言われた。」
「プール病ってどんなの?」
「急に熱が上がってね、喉が腫れるの。それで・・・・・。」
「それってうちの子の症状と似てる。」

夏風邪?プール病?の他にも夏に多いヘルパンギーナ?手足口病?と名前を聞いてもどう違うのか、症状も似ているので区別がつきません。

調べてみたら『ヘルパンギーナ』『手足口病』『プール病』を夏風邪の1種として『夏風邪トリオ』と言うそうです。
時々、お医者様の中にこの3つの病気を『夏風邪』と診断する人がいるのはこういうことかと思いました。

それぞれの病気が分かりづらいので調べてみました。

『ヘルパンギーナ』
突然高い38℃以上の熱が出て口内炎・喉・口蓋垂の炎症症状が見られ、食べ物・飲み物の摂取は痛みから困難になります。高熱による怠惰感・関節の痛み、稀にですが急激な発熱に伴う熱性痙攣が見られます。
4~6日で治りますが食欲不振や不機嫌になりやすいです。

『手足口病』
口内炎・手足の水泡性発疹が出ます。飛沫あるいは接触で感染します。急に38℃以上の発熱があり、通常続くことはありません。
口の痛み、食欲不振・手足の発疹が見られます。発疹は手のひら・足の裏・口の中などに出来、2~5㎜程度の水泡性の発疹が見られ、かゆみはありません。

『プール病』(咽頭結膜熱)
プールで感染することが多いため、プール熱と言われています。40℃前後の高熱が5日前後続き、目の結膜充血・咽頭痛・喉の腫れた赤み・全身の怠惰感・頭痛・食
欲不振などが見られます。時には肺炎を起こすことがあるので注意が必要です。

また、頭痛・吐き気・腹痛や下痢を起こすこともあります。プールで感染しないように水泳後のシャワーや洗顔、うがいは大切です。

と私達には判断しにくい症状ですね。

共通の予防として夏風邪はウイルスは高温・多湿を好むので梅雨時から夏にかけて活動性が増し、流行します。日頃からの手洗い・うがいを習慣付け、自分自身の免疫力が十分働けるよう、体力維持と十分に栄養と休息をとることをおすすめします。
エアコンの設定もほどほどにし、冷えを感じる時には足や肩の保温をしてください。

またどの病気にも共通ですが口や喉の痛みから食欲が落ちてしまいます。その際はプリン・ゼリー・アイスクリーム・冷ましたおじや・豆腐など食べやすいものを用意してあげてください。
オレンジのようなすっぱさのあるものはしみるので避けましょう。

ここ何年か、あまりの夏の暑さに大人もですが体力を奪われがちです。十分に気をつけて親子で夏を乗り切ってくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

夏野菜を食べてキレイに痩せる!?ダイエットママ必見の食べ方とは?

夏の日差しを浴びた野菜たちはどれも栄養満点で美味しいものです。「ダイエットしたい …

リビング勉強法
小学生の勉強場所はリビングが最適!リビング学習のススメ

子供が小学1年生になると、新しいピカピカのランドセルと一緒に新品の立派な学習机を …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …