みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

      2015/07/30

子供の傘の選び方
『子供の傘』

天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。
雨にかかせない傘は用意されましたか?
友人のところは傘をを買った日から室内で開いたり、閉じたり・・・。
晴れの日にも「傘さす~。」と言って泣き叫び、恥ずかしい思いをしながら傘を持って外出したという笑い話を聞きました。
きっと「うちも、うちも・・・。」と言ってらっしゃるママがいるのではないでしょうか?

これから傘を購入予定のママに傘の選び方情報です。

折りたたみではない傘を長傘といいます。
子供にあった長傘のめやすがあるのをご存知ですか?
持ち手の端から先までを全長といいますが、身長に合わせて購入するのをおすすめします。

めやすとして

全長40㎝に対して適応身長85~100㎝
  43㎝        85~100㎝
  45㎝        90~105㎝
  47㎝        95~110㎝
  50㎝        105~120㎝
  53㎝        115~130㎝
  55㎝        120~140㎝
  58㎝        135~160㎝

だそうです。
子供は成長が早いので身長が伸びるたびに購入するのはつらいです。
めやすで見てください。小さくなってしまった傘はリサイクルショップへ持って行くのをおすすめします。

小さい時の傘はあっという間に大きさが合わなくなってしまうのでほしいママは多いと思います。余談ですが・・・。

ではサイズが合わない傘を子供が使用するとどうなるか。

小さい場合は
・雨に濡れやすくなる。
大きい場合は
・重く、持ちづらい。
・不安定になり、前が見づらい。
・最近多い、急な突風の際、風に飛ばされ体ももっていかれる。
・まわりの友達に対してケガをさせてしまう。
などが考えられます。

傘の選び方には全長と身長の関係以外にもあります。
・購入する前に傘の1連の流れ、開く・差す・閉じるを子供と一緒に出来るか試して
 みましょう。
・傘を閉じる際、留める部分がマジックテープかスナップかを確認しましょう。使いやす
 いほうがいいですよね。
・骨の部分は金属が主流ですが、子供用傘にグラスファイバーや樹脂製のものも人気
 になっています。使い比べてみてください。

もし、安心して傘を選びたいママには
『JUPA(Japan Umbrella Promotion Association』マークが付いているものをおすすめします。
mark

『JUPA』とは日本洋傘振興協議会で全国の洋傘製造業者有志によるものです。

会員企業は洋傘の品質向上と安全性の確立はもとより、常にファッショントレンドの研究や機能性の向上を追求し、より高付加価値製品の開発に努力しています。
独自のJUPA基準を設定し、会員の洋傘の品質・信頼・安心の証としてJUPAマークを添付しています。

他にも店によっては『アンブレラマスター』を置いているところもあり、百貨店や量販店洋傘専門店の販売員や流通担当者が対象で置いているそうです。傘に詳しいプロの方に相談するのもいいですね。

ここ何年か、異常気象により予想のつかない突風や豪雨が猛威を振るっています。子供の安全を考え、今まで以上に考えて傘を選ぶ必要があるかもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

1歳の子どもがご飯を食べない!その理由と対策を紹介

離乳食も食べ始めてから半年ほど経ち、ずいぶん慣れてきて軌道に乗ってきた1歳。 だ …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …