みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

      2015/07/30

子供の傘の選び方
『子供の傘』

天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。
雨にかかせない傘は用意されましたか?
友人のところは傘をを買った日から室内で開いたり、閉じたり・・・。
晴れの日にも「傘さす~。」と言って泣き叫び、恥ずかしい思いをしながら傘を持って外出したという笑い話を聞きました。
きっと「うちも、うちも・・・。」と言ってらっしゃるママがいるのではないでしょうか?

これから傘を購入予定のママに傘の選び方情報です。

折りたたみではない傘を長傘といいます。
子供にあった長傘のめやすがあるのをご存知ですか?
持ち手の端から先までを全長といいますが、身長に合わせて購入するのをおすすめします。

めやすとして

全長40㎝に対して適応身長85~100㎝
  43㎝        85~100㎝
  45㎝        90~105㎝
  47㎝        95~110㎝
  50㎝        105~120㎝
  53㎝        115~130㎝
  55㎝        120~140㎝
  58㎝        135~160㎝

だそうです。
子供は成長が早いので身長が伸びるたびに購入するのはつらいです。
めやすで見てください。小さくなってしまった傘はリサイクルショップへ持って行くのをおすすめします。

小さい時の傘はあっという間に大きさが合わなくなってしまうのでほしいママは多いと思います。余談ですが・・・。

ではサイズが合わない傘を子供が使用するとどうなるか。

小さい場合は
・雨に濡れやすくなる。
大きい場合は
・重く、持ちづらい。
・不安定になり、前が見づらい。
・最近多い、急な突風の際、風に飛ばされ体ももっていかれる。
・まわりの友達に対してケガをさせてしまう。
などが考えられます。

傘の選び方には全長と身長の関係以外にもあります。
・購入する前に傘の1連の流れ、開く・差す・閉じるを子供と一緒に出来るか試して
 みましょう。
・傘を閉じる際、留める部分がマジックテープかスナップかを確認しましょう。使いやす
 いほうがいいですよね。
・骨の部分は金属が主流ですが、子供用傘にグラスファイバーや樹脂製のものも人気
 になっています。使い比べてみてください。

もし、安心して傘を選びたいママには
『JUPA(Japan Umbrella Promotion Association』マークが付いているものをおすすめします。
mark

『JUPA』とは日本洋傘振興協議会で全国の洋傘製造業者有志によるものです。

会員企業は洋傘の品質向上と安全性の確立はもとより、常にファッショントレンドの研究や機能性の向上を追求し、より高付加価値製品の開発に努力しています。
独自のJUPA基準を設定し、会員の洋傘の品質・信頼・安心の証としてJUPAマークを添付しています。

他にも店によっては『アンブレラマスター』を置いているところもあり、百貨店や量販店洋傘専門店の販売員や流通担当者が対象で置いているそうです。傘に詳しいプロの方に相談するのもいいですね。

ここ何年か、異常気象により予想のつかない突風や豪雨が猛威を振るっています。子供の安全を考え、今まで以上に考えて傘を選ぶ必要があるかもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

小1プロブレム
小学校に行きたくない!「小1プロブレム」を家庭で解決する方法

幼稚園や保育園の卒園を迎えると、いよいよ小学校へ入学です。ワクワクどきどきしてい …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …