みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

      2015/08/02

スマホ
今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子も少なくありません。
インターネットの危険性や依存の怖さなどはお子さんにも教えていると思いますが、それでも犯罪やネットいじめは後を絶たないのが現状です。改めてもう一度、「情報リテラシー」について考えてみましょう。

総務省でも「情報リテラシー」を幼児に学ばせようとする動きもあるのです

近年スマートフォンの普及が浸透し、今やほとんどのご家庭で、複数台所有しているのではないでしょうか。小さな子供もパパママのスマホを当たり前のように使いこなし、自分の好きな動画などを探すことも簡単にこなしてしまいます。凄いですよね。

そうした子供の素晴しい一面を見ると同時に、見ず知らずの人が発信している情報を見せていることになりますよね?その内容がどうであれ、これはとても怖いことだと思いませんか?

いつも見ているサイトの情報元が信頼のおけるサイトなら安全かもしれませんが、誰でもアクセスできる動画サイトなどは、危険が潜んでいると言わざるをえません。こうした危機感を全ての親御さんが持ち合わせているかと言えば、やはりそれも難しいのではないでしょうか。

こうしたこともあり、総務省では幼児のいる家庭に向けた「テレビの見方ガイドブック」なども制作されています。「テレビの情報でさえ振り回されないようにしましょう」ということを呼びかけているのです。

「我が家のスマホルール」、きちんと作ってきちんと守らせましょう

小学校や中学校、高校などでもこの「情報リテラシー」に関しては学ぶ機会が設けられていますが、実際に使うのは、学校でというよりも家庭ですよね。ですから、学校で習っているから安心ではなくて、改めてきちんと、携帯でネットをすることの危険性、依存してしまう怖さをパパママの口からちゃんと伝える必要があります。ましてや、お金を払っているのは親御さんです。そうした事も含めて、「我が家のスマホルール」を作るべきでしょう。

携帯を自由に使いたい一心で、「誰ちゃんはこれもOKなんだって!」子供も必死に抵抗するかもしれませんが、ここは毅然とした態度で接することが大切です。ネットに潜む危険は多様化していて、その巧妙さは大人でさえ判別できないほどですから、子供の素直な感性には、悪い情報も受け入れてしまう危険があるのです。

ルールを作る時は、お子さんと一緒の時がいいですね。子供自身が納得したルールになれば、きちんと守ろうと思えるはずです。

定期的に子供の携帯電話を「チェック」するのを習慣にしましょう

ルールの中に「どんな使い方をしているか報告する」ということも加えることをおすすめします。例えば「こんな動画を見ている」「昨日誰にこんなメールを送った」など、オープンに会話できないのでは、何かトラブルに巻き込まれても対処できません。日頃からのこうした親と子供のやり取りは、とても重要なのです。

理解できているようで大人でも難しい「情報リテラシー」。これを期にもう一度、お子さんと話し合ってみませんか?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …