みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

      2015/06/30

ダウンロbubuード
「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞いたことはありませんか?
いわゆる「赤ちゃん言葉」では、言葉を覚えるのにあまりよくないと思っている方もいらっしゃるようです。だけど、本当にそうなのでしょうか?ある機関の研究結果では、意外なことが明らかになりました。

「赤ちゃん言葉」で話すほうが、赤ちゃんの言語発達は早い!

ワシントン大学とコネチカット大学では、赤ちゃんと周りにいる人の話す言葉についての研究を行ないました。普通の言葉で話しかけるか、赤ちゃん言葉で話しかけるかなど、さまざまなパターンを記録していった結果、普通の言葉よりも、「赤ちゃん言葉」で話しかけられてきた赤ちゃんのほうが、たくさんの単語を理解していることが分かったそうです。その差はなんと2倍以上だというから驚きですよね。

一番効果的だったのは「親と1対1での赤ちゃん言葉」でした

この研究結果からも分かるように、いかに「きちんとした言葉を聞いたのか」ではなく、「どれだけ密接に関わってきたのか」が子供の言語発達にも大きく関係しているようです。特に効果が大きかったのが、パパやママと赤ちゃんが「1対1の時に赤ちゃん言葉」で話していた環境に育った子供だったそうです。

赤ちゃん言葉って、そういうふうに話そうと思って口から出る訳ではなく、可愛い子供に話しかけるために自然と出てきてしまう言葉です。そこには愛情があり、赤ちゃんへの思いやりがあり、愛おしい気持ちがありますよね。だから赤ちゃんにとっても「赤ちゃん言葉」は心地よくて、パパママが話をしてくれるのが楽しみになるのでしょう。

そこで「言葉」の刺激を受けて、簡単な赤ちゃん言葉を覚え、「マンマ」や「ブーブー」など、自分で口に出してみます。そこから言葉への興味がグンと広がり、理解出来る言葉の数も飛躍的に増えていくのです。

語彙力をアップさせるために、赤ちゃんの声に丁寧に反応してあげましょう

こうして覚えた「赤ちゃん言葉」は、赤ちゃん自身、覚えて口に出すことが嬉しいので、たくさんお話するようになります。しかし時には、「え?何て言いたいのか分からない…」そんなこともあるでしょう。だけど分からないからといって何も反応しないのでは、赤ちゃんにとってはコミュニケーションが成立していませんから、とても寂しい思いをしています

「アーアー」「ウーウー」という喃語(赤ちゃん特有の言葉)にも「なあにー?」「あーあーってお話してるんだね、上手ね」などと、出来る限り丁寧に対応してあげましょう。そうすると赤ちゃんの脳の活性化が進み、言語能力や語彙力をさらに高めることになるのです。

大人になれば、犬の事を「ワンワン」とは言わなくなるし、ご飯も「マンマ」とは言いません。年齢を重ねていくうちに「ワンワン=犬」と理解力が伴っていきますから、赤ちゃん言葉を使っても、心配することはないのです。

「話す事は楽しい!」と思ってもらうためにも、どんどん「赤ちゃん言葉」でスキンシップしていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

一人っ子の教育
一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

携帯ゲームに夢中になる子供に対して親はどんなしつけをするべき?ゲームと子育てと親の関係

小学生のみならず、幼稚園児やそれ以下の子供達が、外でゲームをする姿が日常的に見ら …