みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

      2015/07/30

子供のとびひ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。
洋服もあっという間にびっしょり。本当に汗っかきですね。

そんな汗っかきの子供達。
汗をかいたところを「かゆいよ〜。」といってかいてしまいみるみるうちに赤く腫れたり、ボツボツが出来たりしてしまいます。
夏は他のシーズンに比べて皮膚のトラブルが多いですね。トラブルの多さは汗も原因のひとつですが紫外線も強く紫外線により肌が傷み、正常に保たれなくなったところへ菌が入ってしまうことも原因にあげられます。

『とびひ』ってどんな病気?

夏の時期によく聞かれる皮膚の病気で『とびひ』伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)があります。
『とびひ』の由来は非常にうつりやすく、ちょうど火の粉が飛んでそこから新しい火事が起こるように体中に次々広がっていくばかりでなく、まわりの人にも感染していくために『とびひ』と呼ばれているそうです。

子供は強いかゆみの為に水泡になったところをかいてしまい破れて出た液が手につき、その手で違う場所を触ってしまうので新たな場所にうつってしまう。本当に火事現場の火の粉が飛び散り、違う建物にうつってしまうのと似ていますね。

『とびひ』の原因は虫さされをひっかいた傷、すり傷、湿疹箇所などに黄色ブドウ球菌、レンサ球菌が感染し、起きてしまいます。

『とびひ』の予防法は

○皮膚を清潔に保ちましょう。汗をかいた時にはこまめに服を着替えましょう。
○汗をかいて帰宅したら早めのシャワーで汗を流しましょう。
○湿疹やすり傷のジクジクしたところに感染しやすいです。『アトピー性皮膚炎』『乾燥性湿疹』『あせも』
『すり傷』などが出来やすい場合は日頃の治療やスキンケアをしてください。
○つめの間からの菌も感染につながります。爪は短く切りましょう。など

『とびひ』になった時の対処法

○患部を触らないようにしましょう。
○液の出ているところは包帯や服などで覆いましょう。
○プールは控えましょう。
○家族との共通のタオルは別にしましょう。など

『とびひ』は悪化するとジクジクや黄色のかさぶたがどんどん増え、治りにくくなってしまいます。
また強いかゆみからイライラしたり、ゆっくり睡眠を取ることができないこともあります。夏の暑い日に眠れないのはつらいですよね。早めの病院での受診・治療をおすすめします。

ひどくなってしまうと夏ならではの子供達が大好きな水遊びやプール、海での経験もまるっきり出来なくなってしまいます。
そうなる前に予防と早めの対応をぜひ。

夏でしか味わえない、親子の楽しい思い出をたくさんつくってくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …