みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

   

296500x333
「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。
最近では幼稚園でも子供同士のケンカが始まると、すぐに先生が止めに入ってしまうことも多いようです。もちろん暴力的なケンカはいけませんが、そうでない幼児期の子供の「ケンカ」には、学ぶべきことがたくさんあるので、むやみに止めない方がいい場合もあるのです。

ケンカをするのは「自己主張」の表れ。言葉で自分の気持ちを伝える訓練をしているのです

友達の使っているブロックが使いたくて「よこせ!」と奪い合いが始まったとしましょう。だけど相手の子も「いやだ!」と貸してくれません。

この場合、どちらも同じブロックが使いたいのですから、「ぼくはこんなに使いたいんだ!」という主張をするために、言葉を色々考えます。「恐竜のしっぽにするんだからそのブロックじゃなきゃダメなんだよ!」「違う色のを使えばいいでしょ!」「だって赤じゃ変だもん!」…

2人の会話を見ているだけでも、たくさんの言葉を使っているのがわかりますよね。自分の知っている限りの言葉を使って文章にする、そうした訓練をしていることにもなるのです。

問題が解決するまで論理的思考が働き、脳をフル回転させて考えています

どうしてもブロックが使いたい2人は、お互いに主張を繰り返します。

「赤が変なら黄色でいいんじゃないの?」「ダメだよ、その形の緑はこれしかないんだもん!」…たった1つのブロックを巡るケンカですが、子供は使いたい気持ちで必死です。そうすると、相手を納得させるために、あれやこれやと説明するのです。

このとき、いかに論理的に説明するかを子供なりに考えています。「じゃあさ、こっちのとんがってるブロックならカッコいいんじゃない?」と、違うブロックを勧めてみます。すると「う〜ん、じゃあこれでいいや」と、納得してくれました。

相手と自分が納得できるためにはどうするか?新しい提案をしてみることや、自分が違う何かを探してみるなど、問題解決に向けて子供たちの脳はフル回転します。こんなふうに自分たちで解決できるまで見守ることも、時には必要なことなのです。

思い通りにならないことや、我慢をすることも、「ケンカ」を通して学んでいきます

赤ちゃんのころから今まで、パパママが面倒を見てくれていましたが、幼稚園では同じ年齢の子供たちとの集団生活で、思い通りにならないことが多くなります。

そこでケンカになるわけですが、始めは怒りのコントロールが出来ずに泣きわめくだけの時もあるでしょう。だけど何度もケンカを経験することで、自分の感情をうまくコントロールできるようになったり、時には我慢をすることも覚えていくのです。

子供同士のケンカには、成長過程で必要な要素がたくさんあるのですね。自己主張をすること、相手の気持ちに気づくこと、我慢をすること。どれも経験しないと育んでいくことはできません。どうしてもの時はサポートも必要ですが、まずは自分たちだけで解決方法を見つけ出す努力をさせてみましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

ズボラさんにもピッタリ!?今度こそ「プチ貯金」を成功させよう!

何かとお金がかかる子育て世帯にとっては、「貯金をする」のは目標ではあっても、なか …

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …