みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

   

296500x333
「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。
最近では幼稚園でも子供同士のケンカが始まると、すぐに先生が止めに入ってしまうことも多いようです。もちろん暴力的なケンカはいけませんが、そうでない幼児期の子供の「ケンカ」には、学ぶべきことがたくさんあるので、むやみに止めない方がいい場合もあるのです。

ケンカをするのは「自己主張」の表れ。言葉で自分の気持ちを伝える訓練をしているのです

友達の使っているブロックが使いたくて「よこせ!」と奪い合いが始まったとしましょう。だけど相手の子も「いやだ!」と貸してくれません。

この場合、どちらも同じブロックが使いたいのですから、「ぼくはこんなに使いたいんだ!」という主張をするために、言葉を色々考えます。「恐竜のしっぽにするんだからそのブロックじゃなきゃダメなんだよ!」「違う色のを使えばいいでしょ!」「だって赤じゃ変だもん!」…

2人の会話を見ているだけでも、たくさんの言葉を使っているのがわかりますよね。自分の知っている限りの言葉を使って文章にする、そうした訓練をしていることにもなるのです。

問題が解決するまで論理的思考が働き、脳をフル回転させて考えています

どうしてもブロックが使いたい2人は、お互いに主張を繰り返します。

「赤が変なら黄色でいいんじゃないの?」「ダメだよ、その形の緑はこれしかないんだもん!」…たった1つのブロックを巡るケンカですが、子供は使いたい気持ちで必死です。そうすると、相手を納得させるために、あれやこれやと説明するのです。

このとき、いかに論理的に説明するかを子供なりに考えています。「じゃあさ、こっちのとんがってるブロックならカッコいいんじゃない?」と、違うブロックを勧めてみます。すると「う〜ん、じゃあこれでいいや」と、納得してくれました。

相手と自分が納得できるためにはどうするか?新しい提案をしてみることや、自分が違う何かを探してみるなど、問題解決に向けて子供たちの脳はフル回転します。こんなふうに自分たちで解決できるまで見守ることも、時には必要なことなのです。

思い通りにならないことや、我慢をすることも、「ケンカ」を通して学んでいきます

赤ちゃんのころから今まで、パパママが面倒を見てくれていましたが、幼稚園では同じ年齢の子供たちとの集団生活で、思い通りにならないことが多くなります。

そこでケンカになるわけですが、始めは怒りのコントロールが出来ずに泣きわめくだけの時もあるでしょう。だけど何度もケンカを経験することで、自分の感情をうまくコントロールできるようになったり、時には我慢をすることも覚えていくのです。

子供同士のケンカには、成長過程で必要な要素がたくさんあるのですね。自己主張をすること、相手の気持ちに気づくこと、我慢をすること。どれも経験しないと育んでいくことはできません。どうしてもの時はサポートも必要ですが、まずは自分たちだけで解決方法を見つけ出す努力をさせてみましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …