みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

      2015/06/28

1232277700
子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげたりする「過保護」な親のことを「ヘリコプター・ペアレント」と呼び、アメリカでは社会問題化しているそうです。

いつまでも子供の頭の上で旋回して、危険回避をしてしまうヘリコプター・ペアレントの子育ては、一体どんな問題を生じてしまうのでしょうか?

幼稚園バッグの中身の用意を、全部ママがしてあげていませんか?

毎日の幼稚園への通園には、ハンカチやお弁当、コップなど、いろんな持ち物を用意しなくてはいけませんよね。もちろん、ある程度はママのお手伝いも必要ですが、ハンカチ、ティッシュに至るまで、「全てをママひとり」で用意している場合は、ちょっと心配です。

子供は、「ママが用意して当たり前」と思っているだけでなく、もしも忘れ物があった場合には、「ママが入れてくれなかったからだ!」と全てをママのせいにしてしまうのです。「ママ!ハンカチ忘れたでしょ!」と子供に責められて「ごめんね」と誤ってしまったのでは、ますます子供は自立することが出来ません。

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」決まり文句のように言っていませんか?

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」どちらも悪い言葉のようには思えません。しかし、これをいつもいつも繰り返し、無意識に言ってはいないでしょうか?もしそうだとしたら、「分かってるよ!」と、子供は心の中では思っているかもしれません。

心配する気持ちはわかりますが、必要以上の口出しは、子供にとっては負担に感じてしまうこともあります。言いたい気持ちをぐっとこらえて、子供の判断に任せてみるのも大切です。

少しくらい「ダメママ」のほうが、子供は立派に育つものです

子供の世話をあれもこれも焼いてしまう、先回りして危険のないようにチェックする、子供の全てにいちいち口を挟む…どれも、子供を一生懸命育てようとするママに共通することです。

だけどこれでは、自分で考えて行動できる子供には育っていきませんよね。それどころか、失敗することを恐れて、ママがいなくては何も出来ない子になってしまいます。

幼稚園バッグの荷物の用意、「ちょっとずぼらなダメママ」だと、きっと忘れ物も多いのではないでしょうか?すると子供は「しっかりしなきゃ!」と自分で用意をするようになって、自然と持ち物チェックの習慣ができたり、忘れ物があっても「しまった〜!」と自分の責任として捉えるようになるでしょう。ママがちょっとずぼらくらいの方が、子供の自立を考えた場合では、いいこともあるかもしれませんね。

何でも先回りしてやってしまう「ヘリコプター・ペアレント」、いかがでしたか?

親が全てをやってあげてしまうと、子供は失敗を恐れて何もできない子供になってしまいます。失敗は成功のもとです。何でもチャレンジできる子供にするために、先回りはほどほどにしましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

スイミングの習い事
子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うち …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …