みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

      2015/06/28

1232277700
子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげたりする「過保護」な親のことを「ヘリコプター・ペアレント」と呼び、アメリカでは社会問題化しているそうです。

いつまでも子供の頭の上で旋回して、危険回避をしてしまうヘリコプター・ペアレントの子育ては、一体どんな問題を生じてしまうのでしょうか?

幼稚園バッグの中身の用意を、全部ママがしてあげていませんか?

毎日の幼稚園への通園には、ハンカチやお弁当、コップなど、いろんな持ち物を用意しなくてはいけませんよね。もちろん、ある程度はママのお手伝いも必要ですが、ハンカチ、ティッシュに至るまで、「全てをママひとり」で用意している場合は、ちょっと心配です。

子供は、「ママが用意して当たり前」と思っているだけでなく、もしも忘れ物があった場合には、「ママが入れてくれなかったからだ!」と全てをママのせいにしてしまうのです。「ママ!ハンカチ忘れたでしょ!」と子供に責められて「ごめんね」と誤ってしまったのでは、ますます子供は自立することが出来ません。

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」決まり文句のように言っていませんか?

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」どちらも悪い言葉のようには思えません。しかし、これをいつもいつも繰り返し、無意識に言ってはいないでしょうか?もしそうだとしたら、「分かってるよ!」と、子供は心の中では思っているかもしれません。

心配する気持ちはわかりますが、必要以上の口出しは、子供にとっては負担に感じてしまうこともあります。言いたい気持ちをぐっとこらえて、子供の判断に任せてみるのも大切です。

少しくらい「ダメママ」のほうが、子供は立派に育つものです

子供の世話をあれもこれも焼いてしまう、先回りして危険のないようにチェックする、子供の全てにいちいち口を挟む…どれも、子供を一生懸命育てようとするママに共通することです。

だけどこれでは、自分で考えて行動できる子供には育っていきませんよね。それどころか、失敗することを恐れて、ママがいなくては何も出来ない子になってしまいます。

幼稚園バッグの荷物の用意、「ちょっとずぼらなダメママ」だと、きっと忘れ物も多いのではないでしょうか?すると子供は「しっかりしなきゃ!」と自分で用意をするようになって、自然と持ち物チェックの習慣ができたり、忘れ物があっても「しまった〜!」と自分の責任として捉えるようになるでしょう。ママがちょっとずぼらくらいの方が、子供の自立を考えた場合では、いいこともあるかもしれませんね。

何でも先回りしてやってしまう「ヘリコプター・ペアレント」、いかがでしたか?

親が全てをやってあげてしまうと、子供は失敗を恐れて何もできない子供になってしまいます。失敗は成功のもとです。何でもチャレンジできる子供にするために、先回りはほどほどにしましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

ガムの取り方
子供の髪の毛やカーペットにガムが付いた時に簡単にガムを取る方法

子供が小さい時、髪の毛にガムがついた!という経験を持つママは少なくないはず。 ま …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …