みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

      2015/06/28

1232277700
子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげたりする「過保護」な親のことを「ヘリコプター・ペアレント」と呼び、アメリカでは社会問題化しているそうです。

いつまでも子供の頭の上で旋回して、危険回避をしてしまうヘリコプター・ペアレントの子育ては、一体どんな問題を生じてしまうのでしょうか?

幼稚園バッグの中身の用意を、全部ママがしてあげていませんか?

毎日の幼稚園への通園には、ハンカチやお弁当、コップなど、いろんな持ち物を用意しなくてはいけませんよね。もちろん、ある程度はママのお手伝いも必要ですが、ハンカチ、ティッシュに至るまで、「全てをママひとり」で用意している場合は、ちょっと心配です。

子供は、「ママが用意して当たり前」と思っているだけでなく、もしも忘れ物があった場合には、「ママが入れてくれなかったからだ!」と全てをママのせいにしてしまうのです。「ママ!ハンカチ忘れたでしょ!」と子供に責められて「ごめんね」と誤ってしまったのでは、ますます子供は自立することが出来ません。

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」決まり文句のように言っていませんか?

「いい子にしててね」「みんなと仲良くね」どちらも悪い言葉のようには思えません。しかし、これをいつもいつも繰り返し、無意識に言ってはいないでしょうか?もしそうだとしたら、「分かってるよ!」と、子供は心の中では思っているかもしれません。

心配する気持ちはわかりますが、必要以上の口出しは、子供にとっては負担に感じてしまうこともあります。言いたい気持ちをぐっとこらえて、子供の判断に任せてみるのも大切です。

少しくらい「ダメママ」のほうが、子供は立派に育つものです

子供の世話をあれもこれも焼いてしまう、先回りして危険のないようにチェックする、子供の全てにいちいち口を挟む…どれも、子供を一生懸命育てようとするママに共通することです。

だけどこれでは、自分で考えて行動できる子供には育っていきませんよね。それどころか、失敗することを恐れて、ママがいなくては何も出来ない子になってしまいます。

幼稚園バッグの荷物の用意、「ちょっとずぼらなダメママ」だと、きっと忘れ物も多いのではないでしょうか?すると子供は「しっかりしなきゃ!」と自分で用意をするようになって、自然と持ち物チェックの習慣ができたり、忘れ物があっても「しまった〜!」と自分の責任として捉えるようになるでしょう。ママがちょっとずぼらくらいの方が、子供の自立を考えた場合では、いいこともあるかもしれませんね。

何でも先回りしてやってしまう「ヘリコプター・ペアレント」、いかがでしたか?

親が全てをやってあげてしまうと、子供は失敗を恐れて何もできない子供になってしまいます。失敗は成功のもとです。何でもチャレンジできる子供にするために、先回りはほどほどにしましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …