みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

      2015/07/01

Mother and son wag their finges to one another

Mother and son wag their finges to one another


いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅かしてしまうような言葉をかけてしまうことがあります。子供は純粋ですから、お化けが出たら大変だ!と、すんなり寝る行動に移してくれるでしょう。
でもそれって、恐怖におびえて、言うことを聞いているだけだと思いませんか?つい言ってしまいがちな「脅し言葉」、使っていないかチェックしてみましょう。

着色料や添加物を気にし過ぎて「これは毒だから」と食べたり飲んだりさせない

小さい子供に食べさせたり飲ませたりするものは、なるべく着色料など入っていないものを選びたい、それは子供の体のことをきちんと考えていて素晴しいと思います。しかし、それを子供に伝えるときに、「これは毒だから飲んじゃダメ」などと、言っていないでしょうか?

体に良くないことを伝えたいからこその言葉なのですが、「毒」は少し言い過ぎです。子供は怖い気持ちが残って、友達が飲んでいるのを見ても「あ!毒のんでる!」と言ってしまうでしょう。

「麦茶って体に良いんだよ」など、他の飲み物の良い所を伝えてあげるなどしましょうね。

おもちゃを「片付けないんだったら捨てちゃうからね!」と脅してしまう

いつまでも散らかりっぱなしのおもちゃをみて、つい子供に言ってしまう言葉ですよね。「捨てられたら大変だ!」と子供は大慌てで片付け始めます。もちろん、きちんと片付けて欲しい気持ちからの言葉ですが、良く考えてみると、「子供を脅している」ことになりませんか?

「片付けることが大切」なのには理由があります。次に使うときに探しやすかったり、足で踏んでしまって壊すことを避けたり、色んな理由があるから「お片付け」は大切なのです。

「ブロックさん、お家に帰りたいって!仲間と一緒になれて良かったね!」などと伝えると、楽しくお片付けできるかもしれませんよ。

わがままな子供に「じゃあ明日から赤ちゃん組さんだね〜」と冗談のように言う

必要以上に「抱っこ」をせがまれたり、いつもなら1人でできることが「できない!やって!」と突然子供が、わがままになってしまうことありませんか?

そうするとママは「あれ?じゃあ明日赤ちゃんのお部屋行かなくちゃね〜」などと、茶化してしまったり冗談っぽく言ってしまうこともあるでしょう。ですが、これは子供のプライドを傷つけてしまう言葉なのです。

下にお子さんが生まれた場合などは特に注意が必要です。子供は寂しくて不安になっても言葉では気持ちを伝えられませんから、こうしたわがままな行動になるのです。子供の気持ちを素直に受け止めて「ぎゅ〜」っと抱きしめてあげましょう。「大丈夫だよ」とこちらも態度で返してあげると、子供も安心してわがままも減ってくるはずです。

いかがでしたか?普段何気なく使っている言葉でも、子供にとっては恐怖に感じたりプライドを傷つけていたりすることがあるのです。怖がらせるしつけはいつか通用しなくなりますので、気をつけていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

自律神経の乱れが子供の「冷え性」の原因かも!?冷え性になるとキレやすい子供になる?

近年、子供に「冷え性」が増えている傾向があるのをご存知でしょうか?それは幼稚園に …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

子供の隠し事
「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。 園へ行ってい …

子育ての悩みはママ友と共有し合おう!無理して完璧な子育てをする必要はない

子育てをしていると、その時々でいろいろな悩みに遭遇します。赤ちゃんの頃は母乳や夜 …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …