みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

      2015/07/01

bbbu
「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありませんか?
いくら安いからといって、日常的に買い与えていてはやっぱり良くありません。「それじゃあ何か頑張ったご褒美に」と思ってるパパママさん、ちょっと待ってください!「ご褒美におもちゃ」は、少し考えた方がいいかもしれませんよ。

頑張ったことを褒めるのに、「モノ」ではなく「言葉」をプレゼントしてあげましょう

「今度の運動会で1等賞とったら、好きなおもちゃ買ってあげるね!」こういう約束を、子供と交わしたことはありませんか?「モノ」が大きな物でも小さな物でも、これは「モノで釣って頑張らせている」状態であることは否定できませんよね?動物園の動物たちがエサが欲しくて芸をするのと、まるで同じなのです。

「頑張ったらおもちゃ」を習慣づけてしまうと、おもちゃが貰えるうちは頑張りますが、反対に、おもちゃが貰えないのでは頑張れない、といったことになってしまいます。

「走るの速かったね!カッコ良かったよ!」など、言葉で気持ちを伝えるだけでいいのです。それだけで子供は満足するはずです。

欲しいおもちゃがあったときは、まず「我慢する」ことを覚えさせることも大切です

おもちゃ売り場の前で「買って買って!」と泣き叫ぶ子供の姿は、めずらしいことではありません。と同時に、パパママにとっては悩みの種でもありますよね。でも、ここで子供の言いなりになっておもちゃを買ってしまっては、「我慢する」ということが身に付きません。

欲しい時におもちゃが買ってもらえる子供は、なくしても、壊しても、すぐに新しいおもちゃを手に入れることが出来ます。そうすると「物を大切にする」ことも必要ありませんから、きちんと片付けたり、壊れないように気をつけたりすることが出来ません。

「物を大切にする気持ち」を育てていくためにも、欲しがったらすぐに買ってあげるのではなく「欲しいよね、でもお家のおもちゃさんも待ってるよ!」などと一度我慢することも、子供に経験させましょう。

友だちの持っているおもちゃを欲しがるときは「うちはうち」と我が家ルールを説明しましょう

友だちが最新のおもちゃなどを持っているのを見ると、どうしても欲しくなってしまうのは、どの子も同じでしょう。ですが、友だちのを見るたびに欲しがっていたのではキリがありません。

「うちはうち、よそはよそ」と、自分と友だちの家では違うルールがあることを、きっぱり伝えましょう。ここで「持ってないと可哀想」などという気持ちになっては、子供の為にもよくありません。「我が家ルール」で誕生日におもちゃが買って貰えるのであれば「じゃあ今度の誕生日のお楽しみにしようね!」など、約束するのもいいかもしれません。

「ご褒美におもちゃ」「日常的におもちゃ」が考えものだという理由、お分かりいただけましたか?
すぐに飽きてしまったりしないためにも「我慢する」体験は子供にとって必要なのです。我慢できたら「偉かったね!」の言葉も忘れずにかけてあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

一人っ子の教育
一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知 …

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …