みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

      2015/06/29

shutte7388
子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。
しかし、最近ではこの叱り方を間違えて、エスカレートして「虐待」につながってしまうケースも多く見られます。「私は大丈夫」そう思っているパパママも、改めて自分の「叱り方」について見直してみませんか?

子供のお尻を軽く「ペンと叩く」のも「体罰」だと覚えておきましょう

ふざけててコップを割ってしまった子供に、「こら!悪い子ね!」と、お尻をペン!と、叩いてしまう事ありませんか?実はこれも立派な体罰なのです。まだ生まれてきて数年しか経っていない子供には、「痛い」と感じる事は恐怖しかありません。

大人の指示に従わないと叩かれる、だから言う事を聞く、失敗すると叩かれる、怖くて何も出来なくなる、これでは子供は親に支配されている人形と同じです。自分の感情を表に出す事も、しなくなってしまうでしょう。

「あなたは意地悪ね!」人格を否定する言葉は言ってはいけません

お友だちの使っているおもちゃを横取りしてしまった子供に対して、あなたはどう声をかけるでしょうか?「なんて意地悪な子なの!」そんな言葉を使ってしまうことはありませんか?

これは、その子の「人格を否定してしまう」言葉です。「意地悪な子」と言われた子供は、「自分は意地悪なんだ」と、ショックを受け「悪い子なんだ、ダメな子なんだ」と思い込んでしまいます。そうではなくて「おもちゃを取っちゃダメだよね」と、悪い行為に対して叱るべきです。悪いことをしてしまった時は理由があるはずですから、その気持ちをまずは聞いてあげましょう。

「後でパパに叱ってもらいますからね!」は、甘く見られてしまうので逆効果です

これも意外と叱る時に使ってしまいがちな言葉ですよね。それに、パパに叱ってもらう方が効果的な場合もあるのでは?と思う方もいるかもしれません。

確かに、ママの意見、パパの意見、どちらも子供に聞いてもらうべきですが、問題なのは、いつでも「パパに叱ってもらいます」というママなのです。後は「先生に言うからね」も同じことです。どうしてこの言葉を使ってはいけないかというと、「ママは他の誰かに頼らないと対処出来ないんだ」と子供に思われてしまうからです。

もちろん時と場合によりますが、あまりにも多く使ってしまう事は避けましょう。叱りっぱなしにしてしまわずに、出来たらきちんと褒めてあげましょう

叱りっぱなしにしないで出来たらきちんと褒めてあげましょう

「いつまでも部屋を散らかしっぱなしにして!」叱られた子供は一生懸命片付けを頑張ります。だけどママは、「いつもキレイにしておくのが当たり前」と思っていると、頑張ってキレイにしても褒めたりしませんよね。これでは、叱られっぱなしの子供は、頑張ったけど良いのか悪いのかわからないままになってしまいます。

「やっぱりキレイな部屋は気持ち良いね!頑張ったね」の一言で良いのです。できたら必ず褒めてあげる事が大切です。

「叱る」って、根気のいる作業です。だけどここをしっかりしてあげることが子供との絆を深めることにもなりますから、ちゃんと向き合っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

PTAに参加しなくてもいい方法は?フルタイム勤務の保護者が学校で村八分にあわない方法

PTA活動は専業主婦の方を中心に動いている場合が多く、フルタイム勤務の保護者にと …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

ママ友の家にお呼ばれ!お土産はどんなものを持っていけば良い?

ママ友ができて、ある程度親しくなるとお互いの家に遊びに行く機会も増えてきます。 …

家事ができない女子が急増中!?そんな娘にしない為に心掛けたいこととは?

共働き家庭、核家族、シングルマザー…家族を取り巻く環境は大きく様変わりをしていま …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …