みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

      2015/06/29

shutte7388
子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。
しかし、最近ではこの叱り方を間違えて、エスカレートして「虐待」につながってしまうケースも多く見られます。「私は大丈夫」そう思っているパパママも、改めて自分の「叱り方」について見直してみませんか?

子供のお尻を軽く「ペンと叩く」のも「体罰」だと覚えておきましょう

ふざけててコップを割ってしまった子供に、「こら!悪い子ね!」と、お尻をペン!と、叩いてしまう事ありませんか?実はこれも立派な体罰なのです。まだ生まれてきて数年しか経っていない子供には、「痛い」と感じる事は恐怖しかありません。

大人の指示に従わないと叩かれる、だから言う事を聞く、失敗すると叩かれる、怖くて何も出来なくなる、これでは子供は親に支配されている人形と同じです。自分の感情を表に出す事も、しなくなってしまうでしょう。

「あなたは意地悪ね!」人格を否定する言葉は言ってはいけません

お友だちの使っているおもちゃを横取りしてしまった子供に対して、あなたはどう声をかけるでしょうか?「なんて意地悪な子なの!」そんな言葉を使ってしまうことはありませんか?

これは、その子の「人格を否定してしまう」言葉です。「意地悪な子」と言われた子供は、「自分は意地悪なんだ」と、ショックを受け「悪い子なんだ、ダメな子なんだ」と思い込んでしまいます。そうではなくて「おもちゃを取っちゃダメだよね」と、悪い行為に対して叱るべきです。悪いことをしてしまった時は理由があるはずですから、その気持ちをまずは聞いてあげましょう。

「後でパパに叱ってもらいますからね!」は、甘く見られてしまうので逆効果です

これも意外と叱る時に使ってしまいがちな言葉ですよね。それに、パパに叱ってもらう方が効果的な場合もあるのでは?と思う方もいるかもしれません。

確かに、ママの意見、パパの意見、どちらも子供に聞いてもらうべきですが、問題なのは、いつでも「パパに叱ってもらいます」というママなのです。後は「先生に言うからね」も同じことです。どうしてこの言葉を使ってはいけないかというと、「ママは他の誰かに頼らないと対処出来ないんだ」と子供に思われてしまうからです。

もちろん時と場合によりますが、あまりにも多く使ってしまう事は避けましょう。叱りっぱなしにしてしまわずに、出来たらきちんと褒めてあげましょう

叱りっぱなしにしないで出来たらきちんと褒めてあげましょう

「いつまでも部屋を散らかしっぱなしにして!」叱られた子供は一生懸命片付けを頑張ります。だけどママは、「いつもキレイにしておくのが当たり前」と思っていると、頑張ってキレイにしても褒めたりしませんよね。これでは、叱られっぱなしの子供は、頑張ったけど良いのか悪いのかわからないままになってしまいます。

「やっぱりキレイな部屋は気持ち良いね!頑張ったね」の一言で良いのです。できたら必ず褒めてあげる事が大切です。

「叱る」って、根気のいる作業です。だけどここをしっかりしてあげることが子供との絆を深めることにもなりますから、ちゃんと向き合っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

自分を許してあげると家族も幸せに!?「シャンパンタワーの法則」で幸せ時間を過ごそう

「子育てをするのが辛い…」「失敗ばかりで落ち込んでしまう」子供を持つママにはさま …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早く …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …