みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

      2015/07/26

とうふ
子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという点で赤ちゃんにはとても向いている食材です。
また、柔らかいので、簡単な調理方法でも初期から使うことが可能という点でも嬉しい食材です。様々なアレンジが効き、そして様々な野菜との相性も抜群!

ぜひ活用して、豆腐離乳食作りを楽しんでください!

初期(ごっくん期)

ごっくん期でタンパク質を使い始めるのは、離乳食をスタートして1カ月が経った頃からです。

■豆腐のくず煮
豆腐を2cm角くらい、だし汁大匙2を鍋に入れて火にかけます。ひと煮立ちさせたら、少々の水溶き片栗粉でとろみをつければ完成!和風のだしと豆腐のシンプルな一品です。

■豆腐とかぼちゃのとろとろスープ
かぼちゃ1口大をレンジで加熱してつぶします。鍋に昆布だし大匙3とかぼちゃ、2cm角の豆腐を入れて火にかけます。ひと煮立ちさせたら裏ごしして出来上がり。甘味のあるかぼちゃを使うことで、赤ちゃん好みの離乳食になります。

中期(モグモグ期)

舌で簡単に潰して飲み込むことのできる柔らかさが目安です。

■豆腐の野菜あんかけ
豆腐1/10丁はレンジで30秒加熱し、不要な水分を捨てて荒く潰します。
人参・玉ネギ・ブロッコリーなどの野菜をみじん切りにし、かぶるくらいの水で柔らかくなるまでよく煮ます。野菜の固形分大匙3とスープ分大匙3を取り分け、水溶き片栗粉少々でとろみを付けます。
豆腐に野菜のあんをかければ出来上がり!
残った野菜とスープは、分けて冷凍しておけば、様々な離乳食に活用できます。

■さつま芋と豆腐の和え物
さつま芋ひとくち大を5mm各に切ります。だし汁1カップでことこと煮て柔らかくします。豆腐1/10丁も5mm各くらいに切って加えます。水分がなくなったら完成!
さつま芋の甘さは、赤ちゃんにとても好まれます。

後期(カミカミ期)

この時期は、手で掴みたがるようになるために、豆腐を柔らかいまま出すとぐちゃぐちゃに・・・そんな時に大活躍のレシピをご紹介します。

■野菜たっぷり豆腐ハンバーグ
人参1cm、ほうれん草の歯1/2枚、玉ねぎ少々、それぞれをみじん切りにして、濃いめのだし汁で柔らかく茹でます。豆腐1/10丁をレンジで30秒ほど過熱し、水分を捨てます。つぶした豆腐、片栗粉小さじ1、茹でた野菜を混ぜます。丸めてフライパンで両面を焼けば出来上がり!

■豆腐とチーズのお好み焼き
豆腐1/10丁をレンジに30秒かけて余分な水分を捨てます。キャベツの葉少々をみじん切にして柔らかく茹でます。
あらく潰した豆腐、粉チーズひとつまみ、キャベツ、片栗粉小さじ1をよく混ぜます。
フライパンで両面を焼き、青のりを振って完成です。

完了期(パクパク期)

大人とほぼ同じ物が食べられるようになります。素材は赤ちゃんのひと口大に切り、味付けはごく薄味にしましょう。

■豆腐とひじきの煮物
豆腐1/10丁を1cm角に切り、ひじきは水に戻します。だし汁1カップに豆腐とひじきを入れ、お醤油を1~2敵垂らして煮ます。水分がとんだら完成です。

豆腐は比較的安価で、手に入りやすい食材でもあります。赤ちゃんは気分によっても食べたり食べなかったりするので、失敗を恐れずにいろいろな野菜と組み合わせてみてください。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。 文字 …