みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

      2015/06/29

her
幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限りのことをしてあげたいからですよね。確かに脳の発達が著しい時期ですから、英才教育をするには最適といえます。だけど、親の考え方が間違っていると、子供が「ダメな子」になってしまう危険性があるのです。一体どうしたことに気をつけてあげればいいのでしょうか?

習い事や幼児教室で育ててあげたいことは、「何か」を明確にしておきましょう

「子供の才能を育ててあげたい」という理由から、習い事や幼児教室に通わせるというパパママも多くいらっしゃると思います。特に幼児教室の場合には、「大切な幼児期に、脳へ良い刺激をたくさん与えてあげたい」ということも理由のひとつだと思います。

こうした幼児教育に通い続けていると、周りには「小学校受験」を意識した親子が多数いたりします。自分たちはそうではなく、才能育成や知育を目的で入塾したとしても、次第に周りの雰囲気に流されてしまって「やっぱりお受験させなくちゃ!」などと、感情をコントロールできなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

これでは、親の目的がコロコロ変わることに子供も戸惑ってしまい、最初の目的が果たされるどころか、子供の可能性を潰してしまうことになりかねません。

「作法やお行儀を身につけさせたい」と英才教育するのも、ひょっとして「ママのため」になっていませんか?

とてもお行儀が良く礼儀正しい子供は、どこへいっても「偉いね!きちんと育ててもらっているのね!」と周りの人からは褒められることも多いものです。もちろん、お行儀がよく振る舞える子供は素晴しいと思いますが、お行儀ばかりを優先しているママの心のどこかに「いい子を育てて評価されたい」という気持ちが隠れていませんか?

子供は周りからというよりも「ママから褒められたい」一心で、きちんとした礼儀正しい子になろうと努力します。それがエスカレートしてより厳しくしつけをしたり、叱られることが多くなると「自分はダメなんだ」と、自信喪失してしまうかもしれません。

いくら子供のために英才教育をしてあげるとは言っても、こうして自信をなくしてしまったのでは、意味がなくなってしまいますよね。

「できなくても叱らない」愛情を持って子供を認めてあげましょう

英才教育を始めると「出来ない」「もっと出来るはず」と、どうしても結果にこだわるようになってしまうものです。ですが、今、一生懸命に頑張っていることが大切で、そのことを認めてあげることが何より重要だということを忘れないで下さい。

お友だちと比べて「出来ない」と判断するのではなく、「お勉強できなくたって、この子はかけがえのないわが子」に変わりはないはずです。今すぐの結果では期待できなかったとしても、長いスパンで考えたときに、自然と素晴しい結果としてあらわれてくることでしょう。

将来の楽しみを「今育てている真っ最中」なのですから、おおらかな気持ちで子供の成長を見守っていきたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …