みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

      2015/06/29

her
幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限りのことをしてあげたいからですよね。確かに脳の発達が著しい時期ですから、英才教育をするには最適といえます。だけど、親の考え方が間違っていると、子供が「ダメな子」になってしまう危険性があるのです。一体どうしたことに気をつけてあげればいいのでしょうか?

習い事や幼児教室で育ててあげたいことは、「何か」を明確にしておきましょう

「子供の才能を育ててあげたい」という理由から、習い事や幼児教室に通わせるというパパママも多くいらっしゃると思います。特に幼児教室の場合には、「大切な幼児期に、脳へ良い刺激をたくさん与えてあげたい」ということも理由のひとつだと思います。

こうした幼児教育に通い続けていると、周りには「小学校受験」を意識した親子が多数いたりします。自分たちはそうではなく、才能育成や知育を目的で入塾したとしても、次第に周りの雰囲気に流されてしまって「やっぱりお受験させなくちゃ!」などと、感情をコントロールできなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

これでは、親の目的がコロコロ変わることに子供も戸惑ってしまい、最初の目的が果たされるどころか、子供の可能性を潰してしまうことになりかねません。

「作法やお行儀を身につけさせたい」と英才教育するのも、ひょっとして「ママのため」になっていませんか?

とてもお行儀が良く礼儀正しい子供は、どこへいっても「偉いね!きちんと育ててもらっているのね!」と周りの人からは褒められることも多いものです。もちろん、お行儀がよく振る舞える子供は素晴しいと思いますが、お行儀ばかりを優先しているママの心のどこかに「いい子を育てて評価されたい」という気持ちが隠れていませんか?

子供は周りからというよりも「ママから褒められたい」一心で、きちんとした礼儀正しい子になろうと努力します。それがエスカレートしてより厳しくしつけをしたり、叱られることが多くなると「自分はダメなんだ」と、自信喪失してしまうかもしれません。

いくら子供のために英才教育をしてあげるとは言っても、こうして自信をなくしてしまったのでは、意味がなくなってしまいますよね。

「できなくても叱らない」愛情を持って子供を認めてあげましょう

英才教育を始めると「出来ない」「もっと出来るはず」と、どうしても結果にこだわるようになってしまうものです。ですが、今、一生懸命に頑張っていることが大切で、そのことを認めてあげることが何より重要だということを忘れないで下さい。

お友だちと比べて「出来ない」と判断するのではなく、「お勉強できなくたって、この子はかけがえのないわが子」に変わりはないはずです。今すぐの結果では期待できなかったとしても、長いスパンで考えたときに、自然と素晴しい結果としてあらわれてくることでしょう。

将来の楽しみを「今育てている真っ最中」なのですから、おおらかな気持ちで子供の成長を見守っていきたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

野菜嫌いの子供に毎日の野菜ジュースはちょっと待った!手足が黄色くなってしまう!?

子供に食べ物の好き嫌いがあると、栄養の面からもとても心配です。特に野菜を食べない …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。邪道な教育法で頭のいい子が育つ

子供が勉強しない、ゲームばかりやっている、漫画ばかり読む、本を買ってきたのに読ん …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …