みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

      2015/07/29

子供の熱中症

『子供の熱中症』
最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に終わり、夏の暑さへ。

急な暑さに体がついていきませんよね。

今年も5月から夏に近い気温が続き、体調を崩している子供が多いようです。大人でも気温の大きい変化についていけないのですから体温調節機能が未熟な子供はもっと影響を受けやすいですよね。

そんな気温や湿度の大きな変化により、体温調節のはたらきに異常が起こる病気を『熱中症』といいます。
ここ何年間か、この時期になると『熱中症』による救急車の出動回数がとても増えています。ニュースでも毎日のように話されているように思います。

外で遊んでいる時と思いがちだった『熱中症』ですが、クーラーが聞いている室内でも起きるようになっています。昼寝明けに急に熱があがり、『熱中症』へということも・・・。クーラーがきいていても寝ている間に熱が体にこもり、体内の水分がなくなり、『熱中症』になってしまうこともあります。

子供の熱中症の症状

それでは『熱中症』かな?と思われる子供の症状をあげてみます。

○顔にほてりがある。
○触れると体が熱い。
○だるそうで動きが鈍い。
○吐いている。
他に赤ちゃんの場合だと
○泣き声が弱々しい、泣かない。
○皮膚が乾燥気味。
○おしっこやうんちの量が少ない。
○ぐったりしている。
○おっぱい、ミルクを飲まない。

他に幼児以上の場合だと

○めまい、気持ち悪がる、頭痛や腹痛を訴える。

などがあげられます。

熱中症予防の方法

では熱中症に気をつけるためにどのようなことに気をつけたらいいでしょうか。

○こまめに水分補給をする。
○赤ちゃんの場合はおしっこの回数や量をチェックする。(少ない時は要注意)
○外の場合は帽子をかぶる。首筋に直射日光があたると熱を受けやすいので首筋が隠れる帽子や襟が付いてい
る服がおすすめ。
○気温や湿度にあわせた衣類を選ぶ。
○外遊びは日差しが強い時間帯を避けるようにする。
○背の低い子供やベビーカーに乗った赤ちゃんは地面の照り返しを受けやすいので注意する。
○こまめに日陰で休息をとる。
○室内や車内でエアコンをつけていても熱中症になることがあるので気をつける。
などがあります。

もしこれは熱中症になっているかもしれないと思った時は風通しをよくし、涼しい環境にしてあげましょう。服もゆるめてあげ体温を下げてあげるようにします。水分・塩分の不足も考えられるのですぐに補給をしてあげてください。もし回復が見られない時にはすぐに病院へ。

暑い季節のスタートが早くなり、気温も想像以上の高さが続く日が多くなっています。
夏本番には抵抗力がなくなり、体調を崩しやすくなってしまうことも考えられます。十分気をつけてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …