みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

      2015/08/02

c0006
現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会社をすぐに辞めてしまう若者が多いことが、社会全体の問題としてあげられますよね。
昔と比べても、「我慢が出来ない」「やる気が感じられない」子供が増えているように思います。どうすれば、心も丈夫な子供に育てることができるのか考えてみましょう。

「ゆとり時代」で競争をしてこなかった子供たちは、争う事を嫌う傾向にあります

「みんなでかけっこするよー!よーいどん!」ゆとり世代で育った子供の中には、こうしたかけっこ競争をするとき、「全員でゴール」することが良いとされ、「優劣をつけることは止めよう」とする考えがそこにはありました。

小さな頃に「みんな平等」と教えられて育った子供は、「友だちと競い合う」ことに慣れていませんから、争うことを嫌い、争うことから逃げ、チャレンジする事すらしなくなってしまいました。

競争しないで育ったことが「心が折れやすい子供」になってしまった一因です

だけど、こうした風潮の中では「頑張って褒めてもらう」経験が乏しくなりますよね。競争をしてこなかったことで、「承認欲求」が満たされまいまま育ってしまい、何をしても充実感がなかったり、やる気すら起こらなくなってしまう子供が増えてしまいました。

大人になってから、人と比べられたりする競争をしても、結果が悪いときの経験もありません。そうした対処に慣れていない為に、心に大きなダメージを受けやすくなってしまうのです。

「負ける悔しさ」を経験することで「次を頑張ろう」という意欲がわいてきます

「競争する」ことは悪いことでは決してありません。

もしも、かけっこでビリになってしまったとしましょう。親としては「残念だ」「可哀想」という気持ちをもって当然です。ビリになってしまった子供にもプライドはありますから、そこで「悔しい」という気持ちや「どうすれば速く走れるようになるかな?」など、さらに自分を高めていこうと努力するでしょう。このように、幼少期の子供にとって育てていきたい感性が「競争」にはたくさんあるのです。

「勝つことが全てではない」ことも、子供に伝えていきましょう

「かけっこで1等賞とることが出来た!」とても素晴しい結果です。「2番」だったらなんて声をかけますか?「努力が足らなかったね」「今度こそ1番」励ましのようにも聞こえますが、逆をかえせば「1番じゃないと意味がない」とも聞こえませんか?

すると子供は「1番」に執着してしまい、1番じゃないと「自分はダメだ」と思ってしまったり、自分が1番だった場合には「あの子はビリだからダメな子だ」という意識が生まれてしまいます。

「毎日体操頑張ったから、最後まで転ばないで走れたね!偉かったよ!」と、普段からの努力を認めて褒めてあげましょう。すると子供は嬉しくなって「よし、次も頑張るぞ!」とめげないで前に進んでいくことができるのです。心も健やかに成長できるよう、サポートしてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …