みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

      2015/08/02

c0006
現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会社をすぐに辞めてしまう若者が多いことが、社会全体の問題としてあげられますよね。
昔と比べても、「我慢が出来ない」「やる気が感じられない」子供が増えているように思います。どうすれば、心も丈夫な子供に育てることができるのか考えてみましょう。

「ゆとり時代」で競争をしてこなかった子供たちは、争う事を嫌う傾向にあります

「みんなでかけっこするよー!よーいどん!」ゆとり世代で育った子供の中には、こうしたかけっこ競争をするとき、「全員でゴール」することが良いとされ、「優劣をつけることは止めよう」とする考えがそこにはありました。

小さな頃に「みんな平等」と教えられて育った子供は、「友だちと競い合う」ことに慣れていませんから、争うことを嫌い、争うことから逃げ、チャレンジする事すらしなくなってしまいました。

競争しないで育ったことが「心が折れやすい子供」になってしまった一因です

だけど、こうした風潮の中では「頑張って褒めてもらう」経験が乏しくなりますよね。競争をしてこなかったことで、「承認欲求」が満たされまいまま育ってしまい、何をしても充実感がなかったり、やる気すら起こらなくなってしまう子供が増えてしまいました。

大人になってから、人と比べられたりする競争をしても、結果が悪いときの経験もありません。そうした対処に慣れていない為に、心に大きなダメージを受けやすくなってしまうのです。

「負ける悔しさ」を経験することで「次を頑張ろう」という意欲がわいてきます

「競争する」ことは悪いことでは決してありません。

もしも、かけっこでビリになってしまったとしましょう。親としては「残念だ」「可哀想」という気持ちをもって当然です。ビリになってしまった子供にもプライドはありますから、そこで「悔しい」という気持ちや「どうすれば速く走れるようになるかな?」など、さらに自分を高めていこうと努力するでしょう。このように、幼少期の子供にとって育てていきたい感性が「競争」にはたくさんあるのです。

「勝つことが全てではない」ことも、子供に伝えていきましょう

「かけっこで1等賞とることが出来た!」とても素晴しい結果です。「2番」だったらなんて声をかけますか?「努力が足らなかったね」「今度こそ1番」励ましのようにも聞こえますが、逆をかえせば「1番じゃないと意味がない」とも聞こえませんか?

すると子供は「1番」に執着してしまい、1番じゃないと「自分はダメだ」と思ってしまったり、自分が1番だった場合には「あの子はビリだからダメな子だ」という意識が生まれてしまいます。

「毎日体操頑張ったから、最後まで転ばないで走れたね!偉かったよ!」と、普段からの努力を認めて褒めてあげましょう。すると子供は嬉しくなって「よし、次も頑張るぞ!」とめげないで前に進んでいくことができるのです。心も健やかに成長できるよう、サポートしてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

お出かけ前のゲリラ豪雨対策。お天気チェックは前日からしっかりと

最近の気象状況はとても複雑で、突然のゲリラ豪雨に困らされた経験、きっとあると思い …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …