みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

      2015/08/02

c0006
現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会社をすぐに辞めてしまう若者が多いことが、社会全体の問題としてあげられますよね。
昔と比べても、「我慢が出来ない」「やる気が感じられない」子供が増えているように思います。どうすれば、心も丈夫な子供に育てることができるのか考えてみましょう。

「ゆとり時代」で競争をしてこなかった子供たちは、争う事を嫌う傾向にあります

「みんなでかけっこするよー!よーいどん!」ゆとり世代で育った子供の中には、こうしたかけっこ競争をするとき、「全員でゴール」することが良いとされ、「優劣をつけることは止めよう」とする考えがそこにはありました。

小さな頃に「みんな平等」と教えられて育った子供は、「友だちと競い合う」ことに慣れていませんから、争うことを嫌い、争うことから逃げ、チャレンジする事すらしなくなってしまいました。

競争しないで育ったことが「心が折れやすい子供」になってしまった一因です

だけど、こうした風潮の中では「頑張って褒めてもらう」経験が乏しくなりますよね。競争をしてこなかったことで、「承認欲求」が満たされまいまま育ってしまい、何をしても充実感がなかったり、やる気すら起こらなくなってしまう子供が増えてしまいました。

大人になってから、人と比べられたりする競争をしても、結果が悪いときの経験もありません。そうした対処に慣れていない為に、心に大きなダメージを受けやすくなってしまうのです。

「負ける悔しさ」を経験することで「次を頑張ろう」という意欲がわいてきます

「競争する」ことは悪いことでは決してありません。

もしも、かけっこでビリになってしまったとしましょう。親としては「残念だ」「可哀想」という気持ちをもって当然です。ビリになってしまった子供にもプライドはありますから、そこで「悔しい」という気持ちや「どうすれば速く走れるようになるかな?」など、さらに自分を高めていこうと努力するでしょう。このように、幼少期の子供にとって育てていきたい感性が「競争」にはたくさんあるのです。

「勝つことが全てではない」ことも、子供に伝えていきましょう

「かけっこで1等賞とることが出来た!」とても素晴しい結果です。「2番」だったらなんて声をかけますか?「努力が足らなかったね」「今度こそ1番」励ましのようにも聞こえますが、逆をかえせば「1番じゃないと意味がない」とも聞こえませんか?

すると子供は「1番」に執着してしまい、1番じゃないと「自分はダメだ」と思ってしまったり、自分が1番だった場合には「あの子はビリだからダメな子だ」という意識が生まれてしまいます。

「毎日体操頑張ったから、最後まで転ばないで走れたね!偉かったよ!」と、普段からの努力を認めて褒めてあげましょう。すると子供は嬉しくなって「よし、次も頑張るぞ!」とめげないで前に進んでいくことができるのです。心も健やかに成長できるよう、サポートしてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …