みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

      2015/08/02

子供のやる気を引き出す
子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあることだと思います。
だけど、この「がんばれ!」、そう言われても、子供にとっては頑張れないかもしれません。

ではどうして「がんばれ!」ではダメなのでしょうか?

「がんばれ!」は、小さい子供には抽象的なのかもしれません

「がんばってね!」

子供が何かをするときに、励ます意味を込めて掛ける言葉です。
子供だって、こうして応援してもらえることはきっと嬉しいですし、力になると思います。だけど、時には「がんばれ」と言われても頑張れない子供もいるのです。

なぜなら、「どうやってがんばるの?」とその中身が伝わらないからです。

「がんばれ」「努力して」
こうした言葉は、よく考えてみるととても抽象的ですよね。

運動会でかけっこで1番になりたい子供に「がんばって!」と言うだけでは、その頑張り方がわかりません。

「あのブランコまでママと競争してみよう!
 昨日より早く走れるかもね!」

などと、具体的な言葉で伝えてあげると、子供も「こうやって頑張ればいいんだ」とやる気が出てきます。

子供が落ち込んだときの励ましの「がんばれ」も、あまり意味がありません

子供が自分の感情をコントロールすることはとても難しいので、泣いている子供に「泣かないで」と言っても、あまり効果がないことがほとんどです。

この場合にも、「涙ふこうね。もう少ししたらおやつ食べよう!」と、子供が理解できるように話をしてあげることで、気持ちも落ち着きますし、「次にこうしよう」と泣いている自分の次の姿を想像できます。

具体的な行動を親が言葉にして伝えることで、感情のコントロールをうまく誘導してあげることが大切なのですね。

一生懸命頑張れたとき、「凄いね!」ではなくてあなただけの「褒め言葉」をかけてあげましょう

これもよくやってしまいがちですが、「がんばったね!凄いね!」と「凄い」や「えらい」などこれまた抽象的な言葉をかけてしまうことが良くあります。
これも、あまり子供には気持ちが伝わりずらいのに加えて、誰でも言えてしまう簡単な言葉なので、パパママの本当に嬉しい気持ちは、この言葉だけでは子供の心に響かないのです。

もっと効果的なのは、「あなたにしか言えない褒め言葉」なのです。

「園服のボタン、昨日は1つだけだったのに、今日は全部ひとりで留められたね!えらいね!」など、それまでの子供が頑張ってきた姿を、ちゃんと見てあげているんだよ!と、メッセージに添えてあげて欲しいのです。
すると子供はそれまで一生懸命頑張ってきた自分を「認めてもらえた!」感じることができ、そうすると、さらに次へのステップへ進もうとする意欲が自然と湧いてくるのです。

誰でも言えてしまう「がんばれ!」よりも「あなたはこれだけ練習したから出来たんだね」の方が、より一層応援しているんだという気持ちが伝わるのですね。

ちょっとした言葉を添えて、子供の「やる気」につなげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …