みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の髪の毛やカーペットにガムが付いた時に簡単にガムを取る方法

      2015/07/30

ガムの取り方

子供が小さい時、髪の毛にガムがついた!という経験を持つママは少なくないはず。
またカーペットに落としてしまってくっついた!という事も。そんなことあるの? と思う方もいるかもしれませんが、風船ガムを噛んだ子供はなぜか噛んだ風船ガムを口から出して手にしたり、兄弟でガムを噛みながらふざけ合ったり・・。

噛みながら眠ってしまっていつの間にか・・・などと、実際にあるのです。
一度ついてしまったガムは、ただ取ろうとしても簡単に取れる物ではありません。髪の毛の一部分や、カーペットの毛束を切ってしまう前に、この方法を覚えておくととても便利です。

髪の毛にはバターが最適!

ガムの性質上、油と混ぜ合わせることで溶けて簡単に落とすことができます。使用するものはオリーブオイルやサラダ油などでも良いのですが、垂れることを防ぐためにできればバター類が最適です。油を含んだヘアムースやメイク用クレンジングオイルでも代用できます。
手順は簡単!バターなどの油を、ガムのついた部分に擦り込みます。

擦りこんでいるうちにガムがポロポロと取れてきます。
後はシャンプーでよく洗い流すだけでOKです。

カーペットには氷とヘラを使用

カーペットの場合にも油を使うと簡単に取ることが出来ますが、カーペットの素材によっては油類が適さないこともあります。
その場合、氷を使いましょう。
ビニール袋に氷を入れて、ガムが付いた部分にしばらく当てておきます。

あればドライアイスの方が効き目が高くなります。ガムが冷えて凍ったら、ヘラを使ってこそげ取ります。ガムは冷やすと固まるので、ポロポロと取れやすくなります。決して柔らかいうちに取ろうとしないこと。
無理をすれば余計に奥までこすり付けてしまうことになり、取ることが困難になります。

だいたい取れたら、洗剤を使ってガムの付いていた部分をきれいに洗いましょう。
タオルに洗剤を染み込ませてポンポンと叩くように洗うと、ガムの糖分が取れて染みになりません。

キッチンのシンクにガムを落としたら?

子供がイタズラだったり、不意にだったりでキッチンのシンクや洗面台にガムを付けてしまうことがあります。
この時、咄嗟に台所用中性洗剤を使ってスポンジでこすってしまいがちですが、絶対にしてはいけません。
ガムを落とすどころか広がってべったりくっつき、なかなか取れなくなってしまいます。すぐにスポンジに油を付けてこすれば簡単に取れますので覚えておくと便利です。

子供は失敗や悪戯をするものです。突然のハプニングに怒ってしまうママも多いかと思いますが、このように簡単に処理できる方法を覚えておけばイライラするどころか「大丈夫よ!」と笑って見逃すことができるでしょう。
子育てには親のおおらかな気持ちが大切です。ガムの処理方法も、ぜひ覚えておいてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供の防犯
子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …