みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

小さな子供の髪を自宅でカットする時に心得たいポイント4つ

      2015/07/30

子供の散髪

子供が小さいうちは、子供自身が美容院に行きたがらない、費用を節約したい等の理由から自宅でカットしたいとお考えのご家庭もありますよね。
我が家は長女が高学年、次女が低学年ですが、いまだに2人とも自宅でカットしています。

何の知識もない私がこれまで自宅でのカットを続けてきて培ってきたいくつかの心得たいポイントをご紹介します。

場所はお風呂場が最適

小さな髪の毛が無数に落ちるため、いくら新聞紙を敷いてもリビングですると散らかります。
また、切った髪の毛すべてが下に落ちるわけではなく、細かな髪の毛が後になってからポロポロと落ちるので少々掃除が面倒なことになります。

それをお風呂場で行えば“流すだけ”で良いので後片付けがとにかく簡単!終わった後はシャワーで全体を流すと、濡れた髪の毛は一掴みでゴミ箱へ。夕方や夜、お風呂に入る前に行えばそのまま髪の毛を洗ってお風呂タイムも終了になるのでおすすめです。

カットした後に髪の毛を洗うときは、すべての小さな毛まで洗い落とすために2回洗いをしましょう。

道具の選び方

大切なのはハサミ。
ハサミはよく切れる物が良いと思いがちですが、実はデパート等で手に入る1,000円程度の物で充分です。

なぜなら、あまりに切れ味の良いハサミは動く子供の怪我に繋がりますし、慣れないママの手を切ってしまうかもしれません。適度に切れ味があれば充分にカットすることができます。
カットすることに慣れてきたら良いハサミに買い換えると良いかもしれません。梳きバサミもあると便利です。これも1,000円程度の物で充分です。

ケープは100円ショップで手に入る物を購入しても良いと思いますが、大きなゴミ袋で代用できます。
購入すると洗って管理しなければなりませんが、ゴミ袋に頭の穴を開けて被らせると使い終わった後にまるめて捨てるだけで良いので後片付けが楽になります。首回りにタオルを巻いてから袋をかぶせてあげると首元が落ち着きます。その他に、

上手にカットする手順

子供の首にタオルを巻いて袋をかぶせます。中は洋服を着るとどうしても髪の毛がついてしまい片付けが面倒なので、処分しても良い不用な服を着せると良いでしょう。
なければパンツとシャツか、夏だと思い切って裸にしても良いです。
カットする時は、髪の毛は濡らしません。まず梳きバサミで全体を梳き、通常のハサミで長さを整えていきます。目の細かいコームを使って、切る分だけを取り分けながら少量ずつ切って行くと揃いやすくなります。左右のバランスを同じく、横は前側と少し長めにすると昔風のキノコカットになりません。
全体を整えてから前髪を切ります。

仕上りに拘りすぎず、短時間で済ませる

プロではないのですから、最初から上手に切ることはできないのは仕方がありません。
小学生になりオシャレに興味を持ち始めると、少々バランスが悪かったり切りすぎれば猛烈に怒られます。子供が小さいうちは練習だと思って、少々の失敗も大目に見ましょう。
短すぎる前髪も、小さいうちは可愛いものですよ!子供が小さうちは、最長でも10分が限界です。
できれば5分程度で終わらせることを目標にささっと済ませることが大切です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

雨で外遊びが出来ない…!家で子どもに満足してもらえる遊び方3つを大公開!

雨の日だと、公園で思いっきり外遊びが出来ないので、パワーを持て余している子どもは …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代の …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …