みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

栄養たっぷりで子供が美味しく食べれる朝ごはんレシピ!忙しいママでも作れる朝食メニュー

      2015/07/30

nnniii
子育て中の朝はとにかく忙しい!
子供が小学生になると家を出発する時間は幼稚園時代より早くなるります。しっかり食べて欲しい朝ごはんではありますが、子供もママも時間をかけてはいられません。だからと言って簡単な菓子パンやシリアルだけで済ませるのも栄養面で心配ですよね。

そんなママたちにオススメする、簡単に作れて子供も食べやすい、しっかり朝ご飯をご紹介します。

手作りふりかけは栄養満点!

ご飯にふりかけをかける朝ごはん。御漬け物やお味噌汁を付ければ立派な朝ごはんになります。
子供はふりかけご飯が大好き!かと言って、市販のふりかけは着色料などの添加物や、本当に栄養が取れるかどうかも不安ですよね。

そこでオススメするのが手作りのふりかけ。作り方はとっても簡単です。

【作り方】

かぶや大根の葉を1殻束分、細かく刻み、塩を少々まぶしてフライパンで辛い炒りします。
水分が出てくるので、カラッと水分がしっかり飛ぶまで炒ってください。みりんと醤油を適量垂らして、ざっと混ぜても良いですし、塩だけでシンプルな味付けでも美味しく食べられます。

しらす、鰹節、ゴマなどを好みで加えるとカルシウムも摂取できます。
しっかり炒ることで、冷蔵庫で4~5日は保存可能。冷凍保存することも出来、食べる時は必要量を炊きたてご飯に乗せるだけで解凍されます。
葉物野菜は火を通すことでかさが減るので、多いかな?と思う量を作ってください。

棒おにぎり

お茶碗によそったご飯を箸で食べるのは、寝起きの子供には面倒なことでもあり、なかなか箸が進まないというご家庭は多いのではないでしょうか。
小さい子供であれば、おにぎりを作っても食べにくく崩れてしまい、余計に時間がかかる場合もありでしょう。

そこで食べやすい1品としておすすめなのが、棒状態にしたおにぎりです。
細巻きのように巻かなくても良い、そして持ちやすく食べやすいおにぎりは作るのも簡単です。

【作り方】

全形海苔を4つ切りにし、1枚の大きさを約10cm四方に用意します。
ご飯と具を海苔巻きの要領で乗せてくるくる巻きます。このサイズで作ると巻きすもラップも必要なく、手だけで楽に巻くことができます。

中に入れる具は、レタス+シーチキンマヨネーズ、ほうれん草+ウインナーや、焼き肉+焼き玉ねぎも美味しいです。前日の夕飯の残りから入れられそうな具材を取りよけておくと、わざわざ作る必要がありません。
野菜とタンパク質の両方が入るように工夫しましょう。

バターロールサンド

パンは比較的子供が喜ぶのではないでしょうか。
しかし、トーストは焼いてバターやジャムを塗って・・・と、子供にやらせると朝から手がベタベタ、パンくずだらけ・・・そして野菜不足になりがち。
その点、バターロールだとパンくずが出にくいというメリットがあり、挟む具に野菜を使えば栄養を取ることもできます。
キャベツの千切り等、前日の夕飯から取り分けておくと朝の手間がかかりません。

朝ご飯を食べる習慣を付けましょう

朝ご飯を子供にとって食べやすい内容にするのは、とても大切なことです。
最近は朝ご飯は栄養を考えなくても良い、とにかくお腹に何かを入れれば・・・と“お菓子”を食べさせるママもいるようですが、朝からお菓子を胃の中に入れると消化器官に負担をかけてしまいます。
また、脳が活性化されません。
お昼の給食時間までお腹を持たせ、体や脳をしっかり働かせるためには、簡単でも内容が充実した朝ご飯をきちんと食べる癖を付けましょう。

そして、今回ご紹介した物に温かいお味噌汁や野菜スープ、コーンスープをプラスしてあげると、体温も上昇して効率よく栄養を摂取することができるでしょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

赤ちゃんが便秘で苦しがる!どうしたらいいの?

赤ちゃんが便秘で苦しんでいると、本当にかわいそうで見ていられないですよね。 顔を …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

これって突発性発疹?!3歳までの子どもの急な発熱には注意!

その名前の通り、突発的に症状がでることで知られる突発性発疹。 特に赤ちゃんが産ま …

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自 …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …