みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

      2015/07/30

子供のマナー
子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ちます。
特に良し悪しの区別がついていない乳幼児期は「3つ子の魂100まで」と言うくらい、後になって気が付いた時には修正がとても大変!という事態に陥るかもしれません。
知らず知らずのうちに習慣としてしまっているかもしれない、ありがちな親の行動をいくつか挙げてみます。思い当たるふしがあるかもしれません。

あなたは大丈夫?
自分の行動を振り返りながら考えてみてください。

返事・挨拶・靴揃え

子供に教えたい基本中の基本であるこの3つの習慣。
この3つをしっかり身に付けた子供は、将来上手に世の中を渡って行ける確率が高いと言われています。

挨拶と返事は社会に出て人と接するときの必須項目。
そして靴揃えが出来る事は、自分の行動の最後の最後にまで責任を持つことができるようになる、小さな事にまで心を配れるようになるというメリットがあります。

ご自分の行動を振り返ってみてください。
余所の人だけでなく、夫や子供に対して快い表情できちんとハッキリと返事をしていますか?
朝は家族に「おはよう」と、外に出たら近所の人や顔見知りの人に「こんにちは!」と元気に挨拶をしていますか?
毎日きちんと脱いだ靴を揃えていますか?

もし出来ていなかったら、まずはこの3つをきちんと心がけるようにしてください。子供も元気に返事や挨拶をするようになりますし、親の行動を見て靴を脱いだらきちんと揃えるようになるはずです。

言葉遣い

他人に対しては勿論ですが、家の中で夫や子供達に対する言葉遣いはどうでしょう。乱暴な言葉を使ってはいませんか?
相手を傷付けるような言葉やイントネーションに心当たりはありませんか?

例え言葉そのものが悪くなくても、抑揚で嫌味だと捉えられることもあります。
子供が外で友達に対して使う言葉が悪くなるのは家庭に原因がある事が多いのです。また、幼稚園に通うようになるとお友達から悪い言葉を教えられてくることもあります。
その時に、親自身が普段から丁寧な言葉遣いに気を付けていなければ、子供を注意する立場にはなれません。

スマホをいじる

食事中、子供は食べることにどうしても時間がかかります。
そのような時、スマホをいじってはいませんか?
子供が宿題をしている間はどうですか?
お風呂の中やトイレでいじっている方もいると聞きます。また、電車やバスの中、レストランの待ち時間ではどうでしょう。

常にスマホをいじっている大人が今の時代はとても多いように思います。それは子供にとって良い影響だと言えるでしょうか。外でスマホをいじる事自体が悪いのではなく、周囲に人がいるのに子供を放・・・、家族といるのに会話を大切にせず・・・といった態度はあまり良くありませんよね。

周囲と場所を気にすることができない大人が増えているのは、子供のモラルの低下と繋がります。

人の目を見て話す。聞く。

人の気持ちをしっかり感じるためには「目を見る」ことがとても大切です。
会話中に人と目を合わせたがらない子供が多くいるのはご存じでしょうか。目を合わせられないのは、相手を信用していないことであるとも言えます。そして、目を見ないときちんと意思が通じません。これが癖になってしまうと、子供は人の気持ちを感じ取る大切さを知らないまま育ってしまいます。

子供から話しかけられた時に目はテレビやパソコンを向いていたり、スマホをいじりながら何となく聞いている方は注意してください。

子供にマナーを教えるには、絵本を使うこともオススメです。
こどもマナーとけいご絵じてんは基本的なマナーと敬語を絵本で読み聞かせ出来るので、ぜひ利用してみてください。

おわりに

いかがでしょう。思い当たる場面がある方は、すぐに直すように心がけてください。
また、これらの行動は男の人にも多いので、ご主人の行動に思い当たる物がある場合はすぐに直すように話し合ってみてください。胸を張って堂々と子供のお手本であると言えるような行動をするように、日頃からひとつひとつに気を付けて過ごしましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …