みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

      2015/07/30

図工作品の整理
子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか?
小さな頃は初めて〇〇が描けた、上手に折り紙が折れた、頑張って作った等、成長が見られる作品は親にとっても喜びですよね。
家の中に飾っているご家庭や、思い出として保管しておきたいと考える方も多いでしょう。

しかしその数はどんどん増え、幼稚園に通うようになると家のみならず園での作品も持ち帰るので膨大な量に!小学生になると上達して捨てる勇気が出ない・・・というママも多いのではないでしょうか。
子供自身も、せっかく作った物を飾ってくれるのは嬉しいですし、処分されるのは悲しいことです。

子供の気持ちも考えつつ、上手に収納・整理・処分する方法をご紹介します。

保管する物の基準を決める

まず、何を大切に残しておきたいかという基準を決めましょう。
我が家では、子供が家族へ向けてプレゼントとして作ってくれた物は必ず保管するようにしています。
お手紙や似顔絵、折り紙でも工作物でも「プレゼント」と言って贈ってくれた物は、その時の子供の“気持ち”ですからむやみに捨てることができません。

もうひとつは、子供が小学生になってから学校で書いてきた「作文」です。
一生懸命書いたという気持ちはもちろん、その時の子供の心情がとても良く表現されている物であり、“文字”に年齢と成長を感じるために保管しておくと決めています。

このように、基準を決めることで何でもかんでも保管しておく必要性を感じなくなります。その他、夏・冬休み中の作品など立体的な物は、子供自身に預けています。子供は一定期間部屋に飾ったり、家族に見てほしい物は見える場所に飾るなどで満足しているようです。

飾る&保管スペースを制限する

子供自身が部屋に飾るにしてもリビングに飾るにしても、また箱等に入れて保管するにしても、スペースを予め制限しておくことで膨大な数になる事を防ぎます。
小さな物であればお菓子の空き箱を利用しても良いでしょう。押入れや納戸に保管する場合は、衣装ケースを利用してその中に入る分だけと決めるのも良い方法です。

飾る物については特にリビングにおいて“この壁一面のみ”と決めたり、大きなコルクボードを用意してこの中にだけ飾って良いと決める方法もおすすめです。そこに収まらなくなった時には、選んで保管箱に入れるなり処分するに至る物となります。

種類別収納方法

紙類は主にファイリングすることをおすすめします。
多ければ年齢別にしても良いですし、入園前・幼稚園・小学校低学年などと大きく分けるのも良いと思います。厚めの2つ穴ファイルやポケットファイルを活用しましょう。
ポケットファイルは入る枚数が限られるため、学年で〇枚と決めたり、ポケットを増やすことの出来るファイルを利用すると後で困りません。

立体物は記念に残しておきたい物は衣装ケースを活用するとたくさん入ります。
我が家は収納スペース自体がとても小さく衣装ケースを増やすことも出来ないため、立体作品はすべて写真に残してファイリングするようにしています。
大きな画用紙に描かれた作品も同様に写真に残し、「作品ファイル」として収納しています。小学校の図工の授業では“使える物”を作ってくることがよくあります。ペン立てやゲーム、レターボックスやタオルハンガーなど使える物は実際に使っても良いでしょう。

使って汚れたら、充分用を果たしてくれてありがとうと言って子供と一緒に処分すれば子供も納得すると思います。

処分するタイミング

子供が作ってすぐに処分するのは酷ですから、どんな作品でも子供の意向を聞く必要があります。
子供自身がすぐに捨てていいよ!と言えばそうしても構いません。子供が残しておいて!という作品は、とりあえず残しておきましょう。

処分するタイミングは、年度末が最適です。幼稚園や学校から多くの作品を持ち帰るので、その中から処分する物、保管する物を子供と一緒に決めましょう。その時に1年前の保管物を広げてみて、本当に残しておくかどうかをもう一度考えてみると、意外に「もう捨てていいよ」と言う物があるものです。

子供が大人になった時に、保管しておいた物を見せてあげたら喜ぶだろうな・・・という気持ちで何でも残しておきたい方もいるでしょう。
スペースがあれば、たくさん残すことは悪いことではありません。

ただ、家はスペースが限られていますから、それぞれのご家庭の収納状況をよく考えて保管する量と収納方法、そして処分する物の基準を決めて行けるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …

夏野菜を食べてキレイに痩せる!?ダイエットママ必見の食べ方とは?

夏の日差しを浴びた野菜たちはどれも栄養満点で美味しいものです。「ダイエットしたい …

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …