みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

      2015/07/29

子供の隠し事
幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。
園へ行っている間の様子など、パパママには直接わからないことも増えて、子供が「隠し事」をしていることがあるかもしれません。

どうして本当のことを話してくれないのでしょうか?
子供の心理を探ってみましょう。

「怒られちゃうから話をしない」という気持ちがどこかに隠れています

例えば「ちゃんと手を洗った?」と聞かれて、洗っていないのに「うん、洗った」などと言う子供の行動。
これはお家でも良くある光景だと思います。

聞かれた子供は洗う事をどこかで「面倒くさいな」と思っていて、洗ってないのについ「やった」と言ってしまう、子供特有の行動なのですね。これは特に心配するような「隠し事」にはあたらないと思います。

幼児期にはこうした「ちょっとした嘘」は成長過程の一部なので、子供は悪気があってついているのではなく、自然と出てしまうのです。ですから、小学校へあがる前の「隠し事」はこうしたケースがほとんどなので、それほど心配はいらないでしょう。

ただし、ここで気をつけたいのは、「本当は洗ってないんでしょ?」と親が分かっていて、必要以上に子供の嘘を追求してしまうことです。これでは「洗わないと怒られる」という強迫観念が子供に植え付けられてしまい、「怒られるのが嫌だから、洗った事にしよう」と考えるようになってしまうのです。

知っておかなければならない出来事を、隠すようになったら心配です

学校で子供が友だちにケガをさせてしまったり、誰かに意地悪をされているなど、問題が深刻な場合でも「隠し事」をしているときには、少し注意が必要です。もしかすると、子供と親との信頼関係が、きちんと築けていないために「隠し事」をしてしまっている可能性があるからです。

学校帰りがいつもと違って少し遅かった場合、「何でこんなに遅いの!」と理由も聞かずに怒ってしまっていないでしょうか?心配する気持ちはとても分かるのですが、遅くなってしまったのには、何か理由があるはずです。それを聞こうともしないでいきなり怒られたのでは、今後また遅くなってしまうことがあった場合でも、本当の理由を話してくれなくなってしまうでしょう。

これでは、親に話をすること自体が嫌になり、何かあって助けを求めたくても「また何か言われるかもしれない…」と考えてしまって、親に「隠し事」をするようになってしまうのです。

 子供の心理を理解してあげて、余裕を見せることが大切です

「手をちゃんと洗った!?」「なんでこんなに遅いの!?」どちらも、子供を追いつめるような質問になっていることに気づきましたか?「あれ?まだ洗ってないのかな、じゃあママと一緒に洗おうか」など、子供の気持ちに理解を示してあげることが、信頼関係を築く上ではとても大切なのです。

何でも話をしてくれるような親子関係にするために、余裕を持って子供と接していきましょうね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

子どもが発熱!どんな対処をしたら良いの?

子どもが熱を出すと大人よりも遥かに高い熱が出るので、ちょっと焦ってしまいますよね …

子供が幼稚園で友達を叩いたらどう対応するべき?子供の喧嘩トラブルが起きた時の考え方

幼稚園や保育園に入るとこうした「お友だちとのトラブル」はつきものです。 問題が起 …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …