みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

      2015/07/30

育児日記を続けるコツ
みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともある育児日記。
実際に付けてみよう!と思っても、育児の忙しさに追われていつの間にか忘れてしまったり、書くことが面倒になったり・・・していませんか?
乳幼児期において、育児日記を付けることにはたくさんのメリットがあります。

続けることのメリットと、負担にならず続ける方法をご紹介します。

子供の成長を実感する楽しみ

第一のメリットは、やはり子供の成長を実感できるという事。
子供の成長はとても早く、1日だって同じ日はありません。寝返りやハイハイ、つかまり立ちがいつ出来るようになったかという成長を目にした瞬間の気持ちを記録することで、後から育児に悩んだ時に振り返り、その喜びを思い出すことができます。

子育てをする中では子供との生活にイライラする事もあるでしょう。悩む日も来ると思います。そんな時、過去に一喜一憂した気持ちを思い出すことで気持ちが楽になったり、悩んでいる事がどれほど小さいことかと気持ちを落ち着かせて考え直すことに繋がります。

病気の管理

赤ちゃんのうちはいろいろな病気にかかる可能性があります。突然熱を出したり、湿疹が出たり・・・。
数か月経った時に同じような症状が出た場合、育児日記を振り返ってどのように対処したかを確認することができるのもメリットのひとつです。

病院でどのような処置を受けたか、投薬の記録、子供の機嫌についても記録しておくと後で参考になる事が多いでしょう。

思い出日記

出かけた場所やその時の気持ちを綴っておくことも良い思い出となります。
〇カ月の時にどこへ行ったのよね~。初めて飛行機に乗ったのはいつだったかな。このような詳しい思い出を、何年も脳にインプットさせておくのは難しいことです。
大きく成長した時に、育児日記を見て思い出話をしてあげると、子供は喜ぶものです!

書ける時に書けることを!

さて、この育児日記をいつの間にか忘れてしまって・・・と、途中で挫折しないためのポイントは、『頑張って書かない!』ということです。
毎日、必ず!と決めても忙しい毎日の中で時間が取れない日もあるでしょう。

「あぁ…今日は書けなかったな。」
「あれ、3日書いていないけど…忘れちゃった・・・」

となるのが挫折の最大の原因です。
書く日は決めず、思い出した時に書けることを記録するだけで良いのです。書いたらきちんと片づるのも続かない原因。
目に付く場所や、毎日使うカバンに潜ませておくのも良いでしょう。ちょっとした空き時間等にさっと出して書くこともできます。

母子手帳が育児日記

子供が小さいうちは目を通したり使う機会の多い母子手帳を育児日記代わりとするのも良いアイディアです。自由に書くスペースがあまりないため、毎日は書けないという方におすすめです。
体重や身長、病気や予防接種を記録するページもあります。子供がいつ何をできるようになったか、と記録する時に親として感じた事を一緒に綴ったり、小さくプリントした写真を貼るのも良い思い出となります。

子供は、自分の成長の証を残してくれることに大きな喜びを感じます。中学生、高校生になった時、また大人になった時にそれを見せてあげることで、自分がどれだけ愛されて育ったかを感じてくれるでしょう。負担に感じない程度に、ぜひ続けて書いてみてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …