みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

      2015/07/30

育児日記を続けるコツ
みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともある育児日記。
実際に付けてみよう!と思っても、育児の忙しさに追われていつの間にか忘れてしまったり、書くことが面倒になったり・・・していませんか?
乳幼児期において、育児日記を付けることにはたくさんのメリットがあります。

続けることのメリットと、負担にならず続ける方法をご紹介します。

子供の成長を実感する楽しみ

第一のメリットは、やはり子供の成長を実感できるという事。
子供の成長はとても早く、1日だって同じ日はありません。寝返りやハイハイ、つかまり立ちがいつ出来るようになったかという成長を目にした瞬間の気持ちを記録することで、後から育児に悩んだ時に振り返り、その喜びを思い出すことができます。

子育てをする中では子供との生活にイライラする事もあるでしょう。悩む日も来ると思います。そんな時、過去に一喜一憂した気持ちを思い出すことで気持ちが楽になったり、悩んでいる事がどれほど小さいことかと気持ちを落ち着かせて考え直すことに繋がります。

病気の管理

赤ちゃんのうちはいろいろな病気にかかる可能性があります。突然熱を出したり、湿疹が出たり・・・。
数か月経った時に同じような症状が出た場合、育児日記を振り返ってどのように対処したかを確認することができるのもメリットのひとつです。

病院でどのような処置を受けたか、投薬の記録、子供の機嫌についても記録しておくと後で参考になる事が多いでしょう。

思い出日記

出かけた場所やその時の気持ちを綴っておくことも良い思い出となります。
〇カ月の時にどこへ行ったのよね~。初めて飛行機に乗ったのはいつだったかな。このような詳しい思い出を、何年も脳にインプットさせておくのは難しいことです。
大きく成長した時に、育児日記を見て思い出話をしてあげると、子供は喜ぶものです!

書ける時に書けることを!

さて、この育児日記をいつの間にか忘れてしまって・・・と、途中で挫折しないためのポイントは、『頑張って書かない!』ということです。
毎日、必ず!と決めても忙しい毎日の中で時間が取れない日もあるでしょう。

「あぁ…今日は書けなかったな。」
「あれ、3日書いていないけど…忘れちゃった・・・」

となるのが挫折の最大の原因です。
書く日は決めず、思い出した時に書けることを記録するだけで良いのです。書いたらきちんと片づるのも続かない原因。
目に付く場所や、毎日使うカバンに潜ませておくのも良いでしょう。ちょっとした空き時間等にさっと出して書くこともできます。

母子手帳が育児日記

子供が小さいうちは目を通したり使う機会の多い母子手帳を育児日記代わりとするのも良いアイディアです。自由に書くスペースがあまりないため、毎日は書けないという方におすすめです。
体重や身長、病気や予防接種を記録するページもあります。子供がいつ何をできるようになったか、と記録する時に親として感じた事を一緒に綴ったり、小さくプリントした写真を貼るのも良い思い出となります。

子供は、自分の成長の証を残してくれることに大きな喜びを感じます。中学生、高校生になった時、また大人になった時にそれを見せてあげることで、自分がどれだけ愛されて育ったかを感じてくれるでしょう。負担に感じない程度に、ぜひ続けて書いてみてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …