みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

      2015/07/28

先生に意見をいう
ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周りの父兄にとっても迷惑な存在ですね。
しかし、担任の先生に苦情や意見をいいたいことも、時にはあるかもしれません。

モンスターペアレントとは思われたくないけど、言いたいことはきちんと伝えたいとき、どうしたらいいのでしょうか?

言いたいことだけ言って、先生を追いつめるようなことはしてはいけません

何か問題が生じたとき、先生に対して怒りが込み上げてくることもあるかもしれません。
だけど、そこで親が感情的になってしまい、先生に対して大声で怒鳴りつけたり、とことん罵ったりしてはいけません。親の感情としては先生を全否定することで満足かもしれませんが、一方的に感情をぶつけるのでは、「モンスターペアレント」と呼ばれる存在になりかねませんから気をつけましょう。

担任の先生が頼りないからといって、いきなり校長先生へ話をするのは考えものです

先生が新任で経験が浅く、少し頼りないから直接校長先生に相談したい、そう思うこともあるかもしれません。
だけど、お子さんの担任である先生に断りもなしにいきなり校長先生に話をしたのでは、担任にとっては気分は悪いでしょう。頼りなくても、責任を持ってお子さんを預かっているのは担任の先生だということを忘れないでください。

担任の先生だけでは問題の解決が難しいと判断された場合に、学校側から校長や教育委員会へ話は伝わるはずです。親の判断で担任を通り越して、上の先生に話をすることは避けましょう。

親として先生に伝えたいことは何なのか?きちんと整理して準備しておきましょう

子供のことで悩みや相談、時には苦情があったとき、親としての気持ちを先生に分かってもらいたくて、つい感情的になってしまいがちです。ですが、これでは問題を解決するどころか、事を荒立ててしまっていることになりかねません。

まずは親が冷静になって先生の意見も聞く耳を持つことが大切です。その為には、どうして問題が起きたのか、それを踏まえて親としてはこう思うなど、簡単なメモ書きでもいいので整理しておくと、感情的にならずにすみます。

苦情や意見を先生に伝えたあとも、子供は毎日学校へ行くのです

ここで一番に考えたいのは、「今後も毎日、子供は学校へ通い続けて行く」ということです。担任の先生との間で関係がこじれてしまった場合、一番つらい思いをするのは毎日学校へ通う子供だということを忘れてはいけません。
親として出来る事は、なるべく事を荒立てないで、問題を解決する方法を見つけてあげることです。

モンスターペアレントなどと思われてしまっては、お子さんにとっても学校生活が居心地の悪い場所になってしまうだけです。
いい事はひとつもありません。まずは担任の先生と冷静に向き合ってみましょう。

解決の糸口を見つけ、改善していけるようにするためには、お互いが歩み寄っていくことが大切だということを、思い出してくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …

子供のマナー
挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ち …