みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

      2015/07/28

先生に意見をいう
ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周りの父兄にとっても迷惑な存在ですね。
しかし、担任の先生に苦情や意見をいいたいことも、時にはあるかもしれません。

モンスターペアレントとは思われたくないけど、言いたいことはきちんと伝えたいとき、どうしたらいいのでしょうか?

言いたいことだけ言って、先生を追いつめるようなことはしてはいけません

何か問題が生じたとき、先生に対して怒りが込み上げてくることもあるかもしれません。
だけど、そこで親が感情的になってしまい、先生に対して大声で怒鳴りつけたり、とことん罵ったりしてはいけません。親の感情としては先生を全否定することで満足かもしれませんが、一方的に感情をぶつけるのでは、「モンスターペアレント」と呼ばれる存在になりかねませんから気をつけましょう。

担任の先生が頼りないからといって、いきなり校長先生へ話をするのは考えものです

先生が新任で経験が浅く、少し頼りないから直接校長先生に相談したい、そう思うこともあるかもしれません。
だけど、お子さんの担任である先生に断りもなしにいきなり校長先生に話をしたのでは、担任にとっては気分は悪いでしょう。頼りなくても、責任を持ってお子さんを預かっているのは担任の先生だということを忘れないでください。

担任の先生だけでは問題の解決が難しいと判断された場合に、学校側から校長や教育委員会へ話は伝わるはずです。親の判断で担任を通り越して、上の先生に話をすることは避けましょう。

親として先生に伝えたいことは何なのか?きちんと整理して準備しておきましょう

子供のことで悩みや相談、時には苦情があったとき、親としての気持ちを先生に分かってもらいたくて、つい感情的になってしまいがちです。ですが、これでは問題を解決するどころか、事を荒立ててしまっていることになりかねません。

まずは親が冷静になって先生の意見も聞く耳を持つことが大切です。その為には、どうして問題が起きたのか、それを踏まえて親としてはこう思うなど、簡単なメモ書きでもいいので整理しておくと、感情的にならずにすみます。

苦情や意見を先生に伝えたあとも、子供は毎日学校へ行くのです

ここで一番に考えたいのは、「今後も毎日、子供は学校へ通い続けて行く」ということです。担任の先生との間で関係がこじれてしまった場合、一番つらい思いをするのは毎日学校へ通う子供だということを忘れてはいけません。
親として出来る事は、なるべく事を荒立てないで、問題を解決する方法を見つけてあげることです。

モンスターペアレントなどと思われてしまっては、お子さんにとっても学校生活が居心地の悪い場所になってしまうだけです。
いい事はひとつもありません。まずは担任の先生と冷静に向き合ってみましょう。

解決の糸口を見つけ、改善していけるようにするためには、お互いが歩み寄っていくことが大切だということを、思い出してくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

値上げラッシュで大ピンチ!買い物上手になる「言葉」、覚えませんか?

スーパーに買い物に出かけると「あれ?これも値上がりしてる?…」と毎日の家計を預か …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

「言い訳」する子供は将来が心配!?素直に謝る習慣を身につけるには?

「だって!」「でもさ!」「悪くないもん!」どんな事に対してもすぐに言い訳や口ごた …

旭山動物園
夏休みは北海道旅行がオススメ!家族で楽しめる人気スポット6選

夏休みは風がからっとした北海道へ、遊びに出かけませんか? 北海道で美味しい物を食 …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …