みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

      2015/07/28

先生に意見をいう
ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周りの父兄にとっても迷惑な存在ですね。
しかし、担任の先生に苦情や意見をいいたいことも、時にはあるかもしれません。

モンスターペアレントとは思われたくないけど、言いたいことはきちんと伝えたいとき、どうしたらいいのでしょうか?

言いたいことだけ言って、先生を追いつめるようなことはしてはいけません

何か問題が生じたとき、先生に対して怒りが込み上げてくることもあるかもしれません。
だけど、そこで親が感情的になってしまい、先生に対して大声で怒鳴りつけたり、とことん罵ったりしてはいけません。親の感情としては先生を全否定することで満足かもしれませんが、一方的に感情をぶつけるのでは、「モンスターペアレント」と呼ばれる存在になりかねませんから気をつけましょう。

担任の先生が頼りないからといって、いきなり校長先生へ話をするのは考えものです

先生が新任で経験が浅く、少し頼りないから直接校長先生に相談したい、そう思うこともあるかもしれません。
だけど、お子さんの担任である先生に断りもなしにいきなり校長先生に話をしたのでは、担任にとっては気分は悪いでしょう。頼りなくても、責任を持ってお子さんを預かっているのは担任の先生だということを忘れないでください。

担任の先生だけでは問題の解決が難しいと判断された場合に、学校側から校長や教育委員会へ話は伝わるはずです。親の判断で担任を通り越して、上の先生に話をすることは避けましょう。

親として先生に伝えたいことは何なのか?きちんと整理して準備しておきましょう

子供のことで悩みや相談、時には苦情があったとき、親としての気持ちを先生に分かってもらいたくて、つい感情的になってしまいがちです。ですが、これでは問題を解決するどころか、事を荒立ててしまっていることになりかねません。

まずは親が冷静になって先生の意見も聞く耳を持つことが大切です。その為には、どうして問題が起きたのか、それを踏まえて親としてはこう思うなど、簡単なメモ書きでもいいので整理しておくと、感情的にならずにすみます。

苦情や意見を先生に伝えたあとも、子供は毎日学校へ行くのです

ここで一番に考えたいのは、「今後も毎日、子供は学校へ通い続けて行く」ということです。担任の先生との間で関係がこじれてしまった場合、一番つらい思いをするのは毎日学校へ通う子供だということを忘れてはいけません。
親として出来る事は、なるべく事を荒立てないで、問題を解決する方法を見つけてあげることです。

モンスターペアレントなどと思われてしまっては、お子さんにとっても学校生活が居心地の悪い場所になってしまうだけです。
いい事はひとつもありません。まずは担任の先生と冷静に向き合ってみましょう。

解決の糸口を見つけ、改善していけるようにするためには、お互いが歩み寄っていくことが大切だということを、思い出してくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …