みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

      2015/07/29

過保護の違い
子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりしますよね。
大切なお子さんのことですから、一生懸命何でもしてあげたいし、知りたい気持ちは十分理解できます。

だけどこの「過保護」と「過干渉」、一体どういった違いがあるのでしょうか?

子供の行動を先回りして何でもやってしまうのが「過保護」です

「まだ洋服着られないの?仕方ないわね…」
といって、お子さんの着替えが終わるのを待たないで、手伝ってしまうことはよくありますよね。

もちろん、子供がどうしても困っていてママの助けを必要としているのであれば、それは必要なことかもしれません。
だけど、着替えに限らず、子供に頼まれてもいないのに、何でもやってあげていませんか?

もし、思い当たることがあれば、それは「過保護」かもしれません。

過保護のパパママに多いのが「待つことができないで手伝ってしまう」ことです。これを続けていると、「何事も最後までやる」という習慣が子供には身に付きません。さらに「やってもらうのが当たり前」になり、自分で行動する力も育たなくなってしまいます。

「過保護」がエスカレートしてしまうと「過干渉」になるケースが多く見受けられます

過保護になってしまう要因のひとつに「子供を心配し過ぎる」ことがあげられますよね。
親が先回りして何でもやってあげているうちに、「これは危ないからダメでしょ!」「こっちの方がいいからこっちにしなさい!」など、子供の行動を制限してしまったり、親の考えをそのまま押しつけてしまったりするようになると、これは「過干渉」であると言わざるを得ません。

「ああしなさい、こうしなさい」と親から言われ続けると、子供は親の顔をうかがってしか行動することが出来なくなってしまいます。
全てを「親」基準で考えるようになってしまい、自分の意思を持たず、意見すら言えない大人になってしまうでしょう。

一番怖いのは親自身が「過保護や過干渉の自覚がない」ということです

こうした状況になっている場合で一番怖いのは、親自身が自分は「過保護でも過干渉でもない」と思っていることです。子供の為に一生懸命お世話をしているのですから、気づかないのも仕方ないのかもしれません。

「自分は過保護なの?」と分からないときは、周りの親子の様子を客観的に見てみましょう。必要以上に子供の手伝いをしているのかな?待ってあげているのかな?など、自分の行動と比べてみることで、改めて気づくことが出来ることもあるはずです。
もしも、過保護になり過ぎていると感じたら、「待つ」ということも立派な子育てだということを思い出してください。

いかがでしたか?「過保護」と「過干渉」はセットになってしまいやすいことがお分かりいただけたと思います。
一生懸命な子育てが過保護や過干渉にならないように、「子供に任せてみる」ことも大切です。自分で考え行動できる子になるように、「あるがまま」を尊重してあげましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

子供の為にしていたことが実はNG行動だった…ダメな子にしてしまう親の行動とは?

「いつも仲良しな親子ね」と周りからも言われて、子供は自分の言う事を何でも聞くし、 …

どこでも騒ぐマナー違反な子供になる原因は親の叱り方だった。ファミレスで騒ぐ子供にしない為のしつけとは?

小さい子供を連れてのお出かけは、いろいろな事に気を配らなくてはけないので大変です …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会 …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …