みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

      2015/07/29

過保護の違い
子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりしますよね。
大切なお子さんのことですから、一生懸命何でもしてあげたいし、知りたい気持ちは十分理解できます。

だけどこの「過保護」と「過干渉」、一体どういった違いがあるのでしょうか?

子供の行動を先回りして何でもやってしまうのが「過保護」です

「まだ洋服着られないの?仕方ないわね…」
といって、お子さんの着替えが終わるのを待たないで、手伝ってしまうことはよくありますよね。

もちろん、子供がどうしても困っていてママの助けを必要としているのであれば、それは必要なことかもしれません。
だけど、着替えに限らず、子供に頼まれてもいないのに、何でもやってあげていませんか?

もし、思い当たることがあれば、それは「過保護」かもしれません。

過保護のパパママに多いのが「待つことができないで手伝ってしまう」ことです。これを続けていると、「何事も最後までやる」という習慣が子供には身に付きません。さらに「やってもらうのが当たり前」になり、自分で行動する力も育たなくなってしまいます。

「過保護」がエスカレートしてしまうと「過干渉」になるケースが多く見受けられます

過保護になってしまう要因のひとつに「子供を心配し過ぎる」ことがあげられますよね。
親が先回りして何でもやってあげているうちに、「これは危ないからダメでしょ!」「こっちの方がいいからこっちにしなさい!」など、子供の行動を制限してしまったり、親の考えをそのまま押しつけてしまったりするようになると、これは「過干渉」であると言わざるを得ません。

「ああしなさい、こうしなさい」と親から言われ続けると、子供は親の顔をうかがってしか行動することが出来なくなってしまいます。
全てを「親」基準で考えるようになってしまい、自分の意思を持たず、意見すら言えない大人になってしまうでしょう。

一番怖いのは親自身が「過保護や過干渉の自覚がない」ということです

こうした状況になっている場合で一番怖いのは、親自身が自分は「過保護でも過干渉でもない」と思っていることです。子供の為に一生懸命お世話をしているのですから、気づかないのも仕方ないのかもしれません。

「自分は過保護なの?」と分からないときは、周りの親子の様子を客観的に見てみましょう。必要以上に子供の手伝いをしているのかな?待ってあげているのかな?など、自分の行動と比べてみることで、改めて気づくことが出来ることもあるはずです。
もしも、過保護になり過ぎていると感じたら、「待つ」ということも立派な子育てだということを思い出してください。

いかがでしたか?「過保護」と「過干渉」はセットになってしまいやすいことがお分かりいただけたと思います。
一生懸命な子育てが過保護や過干渉にならないように、「子供に任せてみる」ことも大切です。自分で考え行動できる子になるように、「あるがまま」を尊重してあげましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、 …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …