みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

      2015/07/29

フィンランドの教育
フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか?
先進国の中では長年に渡ってトップレベルなんだそうです。個性的な色使いのテキスタイルや建築など、その豊かな発想も北欧のものって多いですよね。

そうした感性や高い学力はどうやって養われているのでしょうか?北欧の子育てには「のびのび」というキーワードが隠れていました。

フィンランドには「ライバル」という言葉はないのです

日本は競争社会で、小さな頃から何でも競い合う社会の中で育ってきましたよね。「どうしてあの子は出来るのにあなたは出来ないの?」など、つい言ってしまうこともあれば、周りから言われることも多いのではないでしょうか?

しかし、フィンランドではこうした考えはほとんどないんだそうです。子供を他の誰かと比べることはなく、子供自身の良い所を見つけて、全力で伸ばしてあげることを重要視しているのです。そのため「ライバル」という言葉もないというから驚きです。その子の個性をしっかりと受け止め、認めてあげるという考え方が広がっているのです。

「のびのびと」「おおらかに」が北欧の教育方針の基本です

教育現場に関しても、フィンランドでは小学校に上がる前に「6歳児学級」という制度があり、学び方の基礎をそこで子供に教えていくのだそうです。
そこでカリキュラムを修了しても、まだ準備が出来ていない子供には、さらに1年間補修学級で学び、小学校へ行く準備を万全にするというシステムになっています。

その年齢に達したら誰でも小学校1年生の日本のシステムとは、随分違いますよね。
フィンランドでは、「出来るまで待ってあげる」「無理な進級はしない」という、とてもおおらかな国なのです。

これが社会全体の考えなのですから、子供も自分のペースで慌てることもなく、ゆっくりと学ぶ準備ができますよね。

フィンランドの子供たちが高い学力を誇る秘密は「手先を使った授業」にあるのかもしれません

これだけのんびりとしているのに、フィンランドの子供たちはどうして高い学力を保つことが出来るのでしょうか?

その秘密は、「手先を使った授業」にあるのかも知れません。

小学校で習うものは、編み物や木工細工などもあり、時には電動のこぎりなども低学年から使用する授業を行います。そうしてイスやテーブルなどを作る技術を養うのです。
日本の小学校では考えられないですよね。
日本では国語や算数といった「5科目」に力を入れていますが、フィンランドではこうした「手仕事」に力を入れ、創造性を養う重要な科目として力を注いでいるのです。

「モノを作る」ことで手先を十分に使いますから、そのことが脳を活性化させ、高い学力へと繋がっているのかも知れませんね。

「子供の成長に合わせてあげる子育て」が基本のフィンランド。その、おおらかさを見習って、のびのびした子育てを心がけましょう。そして子供の個性を尊重し、キラキラしたものを見つけてあげられるといいですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。邪道な教育法で頭のいい子が育つ

子供が勉強しない、ゲームばかりやっている、漫画ばかり読む、本を買ってきたのに読ん …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

娘の子育て思春期
友達のような関係の親子に潜む危険性。娘は母親のコピーじゃありません

女の子はママにとっても「同性」なので、とにかく仲良しで、まるでお友達みたいな感覚 …

ピアノ教室選び方
ピアノ教室の選び方。先生のレベルや月謝、子供の音楽レベルで選ぼう

子供の習い事の人気上位にランキングするピアノ。 習わせようと決めたらまずは教室選 …

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自 …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …