みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

      2015/07/29

フィンランドの教育
フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか?
先進国の中では長年に渡ってトップレベルなんだそうです。個性的な色使いのテキスタイルや建築など、その豊かな発想も北欧のものって多いですよね。

そうした感性や高い学力はどうやって養われているのでしょうか?北欧の子育てには「のびのび」というキーワードが隠れていました。

フィンランドには「ライバル」という言葉はないのです

日本は競争社会で、小さな頃から何でも競い合う社会の中で育ってきましたよね。「どうしてあの子は出来るのにあなたは出来ないの?」など、つい言ってしまうこともあれば、周りから言われることも多いのではないでしょうか?

しかし、フィンランドではこうした考えはほとんどないんだそうです。子供を他の誰かと比べることはなく、子供自身の良い所を見つけて、全力で伸ばしてあげることを重要視しているのです。そのため「ライバル」という言葉もないというから驚きです。その子の個性をしっかりと受け止め、認めてあげるという考え方が広がっているのです。

「のびのびと」「おおらかに」が北欧の教育方針の基本です

教育現場に関しても、フィンランドでは小学校に上がる前に「6歳児学級」という制度があり、学び方の基礎をそこで子供に教えていくのだそうです。
そこでカリキュラムを修了しても、まだ準備が出来ていない子供には、さらに1年間補修学級で学び、小学校へ行く準備を万全にするというシステムになっています。

その年齢に達したら誰でも小学校1年生の日本のシステムとは、随分違いますよね。
フィンランドでは、「出来るまで待ってあげる」「無理な進級はしない」という、とてもおおらかな国なのです。

これが社会全体の考えなのですから、子供も自分のペースで慌てることもなく、ゆっくりと学ぶ準備ができますよね。

フィンランドの子供たちが高い学力を誇る秘密は「手先を使った授業」にあるのかもしれません

これだけのんびりとしているのに、フィンランドの子供たちはどうして高い学力を保つことが出来るのでしょうか?

その秘密は、「手先を使った授業」にあるのかも知れません。

小学校で習うものは、編み物や木工細工などもあり、時には電動のこぎりなども低学年から使用する授業を行います。そうしてイスやテーブルなどを作る技術を養うのです。
日本の小学校では考えられないですよね。
日本では国語や算数といった「5科目」に力を入れていますが、フィンランドではこうした「手仕事」に力を入れ、創造性を養う重要な科目として力を注いでいるのです。

「モノを作る」ことで手先を十分に使いますから、そのことが脳を活性化させ、高い学力へと繋がっているのかも知れませんね。

「子供の成長に合わせてあげる子育て」が基本のフィンランド。その、おおらかさを見習って、のびのびした子育てを心がけましょう。そして子供の個性を尊重し、キラキラしたものを見つけてあげられるといいですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

「あの子と違ってうちの子は…」比べてガッカリは止めましょう!実はスゴい才能かも!?

子育てをしていく中で、我が子の発達や勉強の出来具合といったこと、どうしても気にな …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

「口呼吸」だと風邪やインフルエンザになりやすい!「鼻呼吸」になるようにするには?

寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなど、毎年のように猛威をふるう病原菌 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …