みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

      2015/07/29

フィンランドの教育
フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか?
先進国の中では長年に渡ってトップレベルなんだそうです。個性的な色使いのテキスタイルや建築など、その豊かな発想も北欧のものって多いですよね。

そうした感性や高い学力はどうやって養われているのでしょうか?北欧の子育てには「のびのび」というキーワードが隠れていました。

フィンランドには「ライバル」という言葉はないのです

日本は競争社会で、小さな頃から何でも競い合う社会の中で育ってきましたよね。「どうしてあの子は出来るのにあなたは出来ないの?」など、つい言ってしまうこともあれば、周りから言われることも多いのではないでしょうか?

しかし、フィンランドではこうした考えはほとんどないんだそうです。子供を他の誰かと比べることはなく、子供自身の良い所を見つけて、全力で伸ばしてあげることを重要視しているのです。そのため「ライバル」という言葉もないというから驚きです。その子の個性をしっかりと受け止め、認めてあげるという考え方が広がっているのです。

「のびのびと」「おおらかに」が北欧の教育方針の基本です

教育現場に関しても、フィンランドでは小学校に上がる前に「6歳児学級」という制度があり、学び方の基礎をそこで子供に教えていくのだそうです。
そこでカリキュラムを修了しても、まだ準備が出来ていない子供には、さらに1年間補修学級で学び、小学校へ行く準備を万全にするというシステムになっています。

その年齢に達したら誰でも小学校1年生の日本のシステムとは、随分違いますよね。
フィンランドでは、「出来るまで待ってあげる」「無理な進級はしない」という、とてもおおらかな国なのです。

これが社会全体の考えなのですから、子供も自分のペースで慌てることもなく、ゆっくりと学ぶ準備ができますよね。

フィンランドの子供たちが高い学力を誇る秘密は「手先を使った授業」にあるのかもしれません

これだけのんびりとしているのに、フィンランドの子供たちはどうして高い学力を保つことが出来るのでしょうか?

その秘密は、「手先を使った授業」にあるのかも知れません。

小学校で習うものは、編み物や木工細工などもあり、時には電動のこぎりなども低学年から使用する授業を行います。そうしてイスやテーブルなどを作る技術を養うのです。
日本の小学校では考えられないですよね。
日本では国語や算数といった「5科目」に力を入れていますが、フィンランドではこうした「手仕事」に力を入れ、創造性を養う重要な科目として力を注いでいるのです。

「モノを作る」ことで手先を十分に使いますから、そのことが脳を活性化させ、高い学力へと繋がっているのかも知れませんね。

「子供の成長に合わせてあげる子育て」が基本のフィンランド。その、おおらかさを見習って、のびのびした子育てを心がけましょう。そして子供の個性を尊重し、キラキラしたものを見つけてあげられるといいですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

子供の話ちゃんと聞いてますか?後回しにしてしまうと、言う事を聞かない子供になってしまいます

少し前までは「食べたお皿片付けるの手伝ってね!」「は〜い!」と言う事を聞いてくれ …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …