みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

      2015/07/29

子供には“お小遣い”をあげていますか?
また、それはいつからですか?

我が家では、長女が小学校4年生・次女が小学校2年生の時をスタートに、毎月のお小遣いを渡すようになりました。

そのお小遣いを与えることのメリットと、与え方をいくつかご提案します。

管理する力・我慢する力を養う

学校で使う文房具など必要な物を親が買ってあげるのは当然ですが、玩具や不用な文具、あるのに欲しがるお菓子など、必要ない物を欲しがるようになる小学生。
「お小遣い」を与えることは、子供が自分の気持ちを管理するためにとても有効な手段です。

まず欲しいと思ったものを自分で買うべきか、親に買ってもらうことができるかを考えます。自分で買うと決めたら手持ちのお金で買うことができるか、今は我慢してもう少し貯めるかを考えます。
そして、いざ買う時には手にあるお金で買うことの出来る物を選ばなければなりません。

親に買ってもらう子供は「欲しい」と思ったらすぐ手に入るか、または我慢するかのどちらかです。

自分のお小遣いを管理する子供は「欲しい」と思ってから実際に手に入れるまでに様々な事を考え、学びます。

与え方その1 毎月渡す

毎月のお小遣いとして渡す場合、お小遣い帳を書かせましょう。
1回の金額がそれほど高くならないはずですので、最初のうちは教えながら、次第に自分で計算をして書くことができるようになるはずです。

お小遣い帳を書くことにより、自分がいくら持っているかを把握でき、使って減ってしまった時の気持ちと、溜まって嬉しい気持ちを経験することが出来ます。
そして、欲しい物がある時には目標に向けて貯めよう!という意欲に繋がります。

使ったら必ず書くという習慣を身に付けることも、自己管理能力の向上に繋がります。

与え方その2 イベントごとに高額を渡す

例えば、お出かけや旅行・誕生日などのイベントに、運動会・発表会などに頑張ったご褒美として、おじいちゃん・おばあちゃんから・・・様々な場面で子供がお小遣いをもらうことがあるでしょう。それを自分で管理するお小遣いとして親が預からず、また月々のお小遣いは渡さない代わりに自分で管理させるという方法もひとつです。

大きなお金になると高額なゲームソフトを買ってしまって、あっという間になくなるかもしれません。その経験を通して、次からはすぐに使わず、本当に欲しいかどう
かをよく考えることを学びます。

与え方その3 仕事の代償

家のお手伝いをするたびにお小遣いを渡すという考えのご家庭もありますね。
しかし、「お小遣いをくれないなら、やらない!」という考えに繋がらないよう注意しなければなりません。

お手伝いはお金稼ぎではなく、あくまでも「家族のため」であり、「やってくれて助かるわ」という気持ちから少々のお小遣いを渡すことは決して悪いことではありません。渡す時には、お互いに「ありがとう」の言葉を添えるようにすることが大切です。

お手伝いや勉強の報酬にお小遣いをあげる方法の効果に関しては下記の記事が参考になると思います。
小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。
邪道な教育法で頭のいい子が育つ

各ご家庭の育児方針には様々な違いがあります。どれが正しい、何が駄目だと決めることができないのが育児です。お小遣い制度を導入する際には、子供の成長に繋がる方法をしっかり考えることが大切です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …