みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

      2015/07/29

子供部屋

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。
しかし親にとっては、部屋で何をしているのかわからない、部屋がいつも散らかっているという2つの心配事が同時に付いてくるものです。

だからと言って与えずにいると、3年生くらいには「自分の部屋が欲しい!」と言い出し、高学年になると「家族にもプライバシーがある!」ということから、結局は与えることになるご家庭が多い子供部屋・・・本当に小さいうちから必要なのでしょうか?

物を管理する習慣を付けるため

子供部屋を持つことには心配事もありますが、メリットもあります。
そのひとつが、自分の“物”の管理。部屋がない子供は、どこに何があるかを親が把握している事が多いでしょう。

しかし、子供が自分の部屋を持つことで、子供自身が管理しなければならないという状況を必然的に作ることになります。低学年のうちは親が片付け方を教える事も必要ですが、成長とともに「自分の物は自分で片付ける」ことを学び、片づける習慣を身に付けさせる方法として子供部屋の管理が良いのです。

自分の時間、空間を持つことの意味

いくら家族であっても、一定の年齢になると顔を合わせたくない時や1人になりたい時があります。
叱られた後に1人で自分の部屋にいることで自分と向き合い「考える」時間を作ることができます。

学校に通うようになれば友達関係や勉強のことで1人で静かに考えたいことも出てくるでしょう。
常に一緒にいる親子こそが強い絆でつながっているとは言い切れません。一緒に過ごす時間を大切にし、その中で自分の時間も持って行く、そのメリハリがあってこそ子供の心も成長して行くのではないでしょうか。

プライバシーの確保

子供にもプライバシーが必要だと考える親は多いようです。
たしかに、子供は成長するにつれて親に言いたくない、見られたくない、という物事が増えて行きます。これは成長の証ですから、否定すべき事ではありません。親は自分の子供だからと言って何でも踏み込んで良いわけではありません。

子供部屋は子供自身のプライバシーを確保する場所として、あると有益に働く場合はあるでしょう。

注意点

メリットがある事ですから、デメリットも存在するのは当然です。子供部屋を与える際に、親としてこれだけは気を付けなければ!という注意点もいくつかあります。

①子供が何をしているかわからない。
②子供が何を考えているかわからない。

この2つのデメリットに陥らないよう、注意しなければなりません。
つまり子供に部屋を与えてしまうと親には“見えない部分”が出てくるのです。
そこを放っておかず、きちんと把握することを忘れてはいけません。

時々は覗いてみることも必要です。リビングでの家族・親子の会話も大切にしなければなりません。見えない部分があるからこそ、子供の様子をしっかり見ていかなければならないのです。

また、子供部屋は自立心を促すと言いますが、その点も注意が必要です。子供を部屋にこもりっぱなしにして放っておけば勝手に自立していくわけではありません。子供は甘えさせて、安心感を覚えてこそ心が自立して行くのです。その点を勘違いしないように気を付けましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …