みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供にオススメのおやつ会社は?森永製菓、明治製菓、江崎グリコ三社を比較してみた

      2015/07/28

子供のおやつオススメ
 『おやつ』と聞くと思わず、にっこり。大人も大好き、子供はもっと好きですよね。
 『おやつ』という言葉の語源を知っていますか?『おやつ』の『やつ』は午後2時から4時までをさし、江戸時代の言葉で『八つ刻(やつどき)』のこと。江戸時代中期までは一日二食だったため、『八つ刻に小昼(こびる)』といって間食をしていたそうです。

このことからこの時期を『おやつどき=おやつ』と言ったそうです。でも現在は一日三食なのでちょっと意味合いが変わってきていますね。一日三食でもお腹が空くのに昔の人は小食ですね。私は無理です。

 食事と食事の間に「ママ〜、なんかちょうだい!」「お菓子食べたい!」「お腹空いた〜!」の声が上がり、ママは「さっき、食べたでしょう。」「ごはんが食べられなくなるから我慢して!」なんて返事をしているのではないでしょうか?

 お子さんに用意するおやつ。購入する際は店頭にたくさん並んでいて迷うのではないでしょうか?
 作っているそれぞれのお菓子会社も子供達の口に入るお菓子をどのように考えて作っているのか少し気になりました。そこで3社のHPをのぞいて見ることにしました。

 まず驚いたのは商品の宣伝のみかと思ったらそれぞれの会社がお菓子を様々な観点から研究し、消費者に分かりやすく情報提供していることです。

 1つ目は『森永製菓』

『森永製菓』の特長は『菓子育』。お菓子には栄養を補うだけではなく、もっと大切な価値があります。

○栄養補給
○人の心を和やかにする
○親子のスキンシップ、友達同士賑やかな雰囲気などコミュニケーションの演出家

としています。
これはいいなと思ったのは最近増えているアレルギーの問題に対して注目し、アレルギー情報を提供しています。その他に子育てでママ達が気にしているおやつと虫歯の関係、おやつと肥満、おやつの適量と時間などの質問コーナーも載せています。

 2つ目は『明治製菓』
『明治製菓』はよく使われている『食育』の言葉を全面に出して『カラダのため、心の豊かさのため、健康づくりの源となる食について知って学んで深めてください。』と食について関心をもってもらうために分かりやすく、細かに載せています。面白かったのが『食の栄養バランスチェック』でコンテンツが分かれ、『小学生・中学生』『高校生・学生』『おとな』『教育関係者』とそれぞれ分かりやすく、楽しめる内容で情報を提供しています。赤ちゃんを育てているママには『赤ちゃん相談室』があります。日頃悩んでいることの解決策になるかもしれませんよ。

 3つ目は『江崎グリコ』
 グリコのHPを見て(さすが料理関連の商品が多い会社!)と思いました。お菓子情報ももちろんありますが、カレールウ・シチュールウなどを扱っているグリコならではのお料理レシピが豊富です。それからお菓子に対しての質問コーナーでは「ビスコは何歳から食べさせていいのですか?」「お菓子を食べると虫歯になりますか?」などの素朴な質問もありました。

その他、『工場見学』『子供の楽しめる講習会』などイベント情報も載っています。

初めてお菓子会社のHPを見ましたが各社共通に感じたのは人間に必要な食を考え、研究していきながらお菓子の位置・品質など大切にし、消費者に提供しているように思いました。
各社共、頑張って子供達のおやつを考えていますよ。もちろん、ママ達の癒したタイムのお供のおやつもです。その他、『工場見学』情報など楽しい情報も載っていますので時間のある時、のぞいてみてください。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先 …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早く …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …